皆さんはイタチの被害に

悩まされてはいませんか?

 

 

イタチはは非常に頭のいい動物です。

 

 

学習能力が高く、警戒心も高いので

捕獲するにも一筋縄ではいきません。

 

 

今回は、そんなイタチの捕獲方法と

イタチがもたらす被害はどのようなものなのか

詳しく解説していきたいと思います。

 

イタチを捕獲する方法は?

イタチを捕獲するには

2つの手段があります。

 

 

業者に頼む場合と、

自分で捕獲する場合です。

 

 

イタチの捕獲は大変!

イタチを捕獲するには

法的な手続きや

専用のカゴなど必要な材料を

用意する必要があります。

 

 

こちらでは

イタチの駆除の大変さについて

次のように解説していきます。

 

 

  • 捕獲許可の申請をする
  • 許可を得てもメスは捕獲や駆除できない
  • 困ったら専門の業者へ

 

 

イタチを捕獲するために必要な準備は?

 

 

 

 

 

 

イタチを捕獲して駆除するには各市町村へ

必ず捕獲許可の手続きを

行わなければなりません。

 

 

なぜなら

「鳥獣保護管理法」という法律で

特定の野生動物を保護することが

定められているからです。

 

 

ですので、許可をもらうために

「地方環境事務所」という行政機関へ

申請手続きをしてくださいね。

 

 

ちなみに、

ただイタチを建物から追い出すだけなら

申請は必要ありません。

 

 

捕獲して駆除する時のみ、

申請をしてくださいね。

 

 

捕獲できるのはオスだけ!

申請を出せは終了という

訳ではありません。

 

 

ここで注意しなければならないのは

申請で許可を得ても

捕獲できるのはオスだけで、

メスの捕獲や駆除は禁止されています。

 

 

イタチはそもそも準絶滅危惧種です。

 

 

生態系を守るために

イタチのメスは「鳥獣保護法」により、

捕獲すら禁じられていますので

間違えて捕まえないように

してくださいね。

 

 

見分け方としては

毛の色はどちらも茶褐色なので、

カラダの大きさで判断してください。

 

 

オス:30〜40センチ

メス:20〜30センチ

 

 

困ったら専門業者へ

体長の違いこそありますが、

メスとオスを見分けるのは難しく、

しかも、

イタチは頭が良いため一度警戒すると

簡単に捕まえられなくなってしまします。

 

 

素人でも捕獲はできますが、

もし申請方法が分からなかったり

一人だと不安だという方は

イタチ駆除の専門業者に相談してみてくださいね。

 

 

駆除する頭数や、

屋根裏の広さにもよりますが、

大体6〜20万円程で解決してくれます。

自分で捕獲する場合

準備するものは以下の通り。

  • 動物忌避剤
  • 捕獲カゴ
  • エサ

 

 

イタチは臭いに敏感な動物です。

 

 

使用方法に注意し、

「バルサン」などの忌避剤を

イタチの巣の近くに巻いて

イタチを外に出させましょう。

 

 

もしくは、

強い光を当てるのも手です。

 

 

夜行性で暗い所に好んで住む習性が

あるため、強い光が苦手です。

 

 

電球装置やアルミホイルなどの

光を発するものをイタチの住処に

仕掛けておくのもオススメです。

 

 

次に、イタチが好みそうなエサを

捕獲カゴの中に仕掛け、

イタチが入るのを待ちます。

 

 

一見簡単そうに見えますが、

1匹退治すれば終わり、

という訳ではありません。

 

 

もしご自身で捕獲し駆除した後も、

他のイタチが侵入する可能性があります。

 

 

イタチは縄張り意識が強いため、

排泄物を残して置くと

自分の巣だと勘違いして

また新たなイタチが侵入して

しまうのです。

 

 

消毒して侵入口を塞ぐまで

安心はできません。

 

また、イタチの巣の後始末も

忘れてはなりません。

 

 

悪臭などの二次災害を防ぐために

フンや巣を撤去したあとは

消毒を徹底し、

侵入口を封鎖してください。

 

 

イタチはどのような被害を及ぼす?

イタチは私たちの生活に

甚大な被害をもたらします。

 

 

この章では、最も大きな被害と

して挙げられる以下の4つについて

解説していきます。

 

  • 騒音
  • 排泄物
  • 動物を襲う
  • 建物の破壊

 

騒音

まずは、騒音です。

 

 

イタチは基本的には

夜行性の動物です。

 

 

住民が寝静まる頃に

彼らは活発化し、

天井裏などでガタガタと音を

立てて走り回るので、

睡眠障害を引き起こしてしまう

可能性があります。

悪臭や排泄物

次に、悪臭とフンなどの排泄物

についてです。

 

 

イタチはとにかく酷く臭う。

 

 

正気が保てないほどの強烈な臭いが

特徴的で、これに困っている人も

多いハズ。

 

 

捕獲する時も要注意ですよ。

 

 

彼らは身の危険を感じ時に

特に強烈な臭いを発するのです。

 

 

また、フンや尿によって仲間と

コミュニケーションを取ります。

 

 

そのイタチの排泄物によって

建物の中が悪臭で充満するだけでなく、

天井裏や壁などが汚染されたり

シミとして残ってしまいます。

 

 

建物が損害を受けるだけでなく、

我々人間の体にも被害をもたらします。

 

 

例えば、排泄物によって

衛生的に環境を悪化させ、

住民が食中毒などの病気

なってしまうなど、

最悪の状況をもたらす可能性があります。

 

 

また、

イタチが運んできたダニやノミのせいで

喘息やアレルギー症状が出る人もいます。

 

 

動物を襲う

また、家畜やペットが襲われる

といった被害も報告されています。

 

 

イタチは凶暴な雑食動物ですので、

飼っていた昆虫や魚、

家畜のニワトリといった

動物を食べることがあります。

 

 

建物の破壊

最後に建物の破壊についてです。

 

 

巣を作るために、彼らは

断熱材を傷つけます。

 

 

他にも家の柱や床など、

先ほど記述したフンなどの排泄物で

シミになったり建材が腐ってしまいます。

 

 

そのために、あなたの家の

資産価値が下がってしまうのです。

 

 

イタチは放置しておくと

あなたの身体にも住居にも

甚大は被害をもたらします。

 

 

我慢せず、一日も早く駆除し

快適な生活を取り戻しましょう。

 

 

慣れていない方は決して独断で

行うのではなく、

なるべくプロの業者に任せるように

してくださいね。