保育園や小学校、中学校くらいまで
徒競走というのは続いていくものです!

そこで今回は徒競走の勝ち方
速く走れるコツまた、カーブの
曲がり方、スタートの切り方などの
コツをいろいろと紹介していこうと
思います!!


徒競走で勝つには

徒競走 コツ
もちろん走力足の速さというのは
生まれ持ってのものになりはしますが
正直小学生の高学年までは
他の人と違うコツを見つけて
攻略さえできればとても有利
動くことができます!

ですので親御さんは子供と一緒に
練習してそのコツを教えてあげる
ようにしましょう!!

徒競走で勝つコツ スタート編

さて徒競走というのはまずはスタート
差がつくといっても過言ではありません。

プロの世界などでは0.01の世界ですが
子供の幼稚園や小学生のスタートを
他人と差を0.5は変えることが
できます!
0.5秒というのは6mくらいの
走れますからどれだけ
差がつくかわかりやすいと思います!

ではまずはどのように練習するのか。

まずはスタートのタイミングに体を
合わせるようにすることが大切です!

ですので「よーい、スタート!」という
タイミングを是非お子さんに
教え込むということをしましょう!
スタートと聞いたときに動き出しを
早くできるようになれば
有利に動くことができます!

スタートの構え方

スタートの構えは本当の
陸上選手みたいにクラウチングスタート
するのでは浮いてしまいます。
ですので立ったままクラウチングスタートと
同じ効果をできるだけ持たすことが
大切になります。

ではクラウチングスタートとは
どのような役割を果たすかを
知っていますか?

クラウチングスタートは前傾に
体重をかけるのを腕で支えることで
スタートとなった瞬間に自然に
前にいけるように考えられた
構え方になります。

徒競走 コツ

さて問題ですがこの四人のうち
一番きれいなスタート
切れそうなのは誰だと思いますか?
足の速さの問題ではなくて
あくまでスタートを早く
きれそうなのはってことだけで
言ってしまうと
右から二番目の子がきれいな
スタートを切れると考えられます。

そう決めた理由は子供たちの
注目してみてください!

体重を前にかけるというのは
最低でも前に出ているほうの膝が
曲がっていないと体重はかかりません。

ですので端の二人の膝は
伸びきっていますので
確実にスタートを切るのは
遅くなってしまいます。

左から二番目の子は右の子よりも
身長が低いわりに頭の位置が
右の子よりも高いところ
注目してください。

いいスタートを切るには
出来るだけ水平にするほうが
いいので腰が高いということに
なってしまうんですね。

との理由で右から二番目の
子がスタートを切れるのでは
ないかと思います。

子供にありがちなスタートの構えの間違い

先ほどの写真をもう一度見てみて
ください!
徒競走 コツ

四人が四人とも間違っているのですが
それは構えの時の出している腕です。

右足を前に出しているのに
腕はみんな右腕を出していますよね?

足を出しているほうの腕を出して
しまったままでスタートを切って
しまうと一歩目がなんと
同じ方向の足と手を出してしまう
ことになります。

これではどこかでちゃんと走れる
ように調整してしまう分
ロスしてしまうんですね。

これは差は微々たるものかもしれませんが
教えてあげるときについでに
教えてあげるようにしましょう!

徒競走のコツ カーブ編

さてこれは走る距離にもよりますが
カーブがあるところはカーブを
攻略するほうが勝率は
格段にあがります!

カーブでの心の持ちようは
抜こうとしないということです!

保育園や小学生のグラウンドの
カーブは基本急になりますし
カーブで抜こうとすれば確実に
外から抜かないといけないという
ことになりますので、走る距離は
長くなってしまうしとても
エネルギーを使ってしまいますので
カーブの時はできるだけ、
内側を走って最短距離を走り
エネルギーの消費を抑えるように
してあげましょう!

また徒競走の特性としましては
カーブの途中やカーブが終わって
すぐにゴールというのはないことが
当たり前ですので抜くときは
確実に直線の所
力を入れるようにしましょう!

徒競走のコツ 走るフォーム編

いいスタート、カーブを曲がった所で
フォームがきれいでないと走力が
上がりにくいんですよね。

そこでこの動画がわかりやすいです!

出典元URL https://www.youtube.com/watch?v=WqjCIy_JlFE

まずは自分の子供にあったフォーム
見つけてあげましょう!
壁を背につけた状態を見てあげて
そこから走りにつなげていく
ということになります!

今走りのフォームを決めておくと
後にどんなスポーツにも
つながりますので是非今のうちに
固めてあげましょうね!

徒競走のコツ 速く走る練習編

いろいろな練習方法はあるのですが
子供に対して一つ盲点
なりやすいというところがあります。

それは徒競走を走る距離を
全力で走り切れないというところです。

徒競走で走る距離は基本短いとは
思いますが、その短い距離でさえも
全力を出してしまうと
体力が持たないのです。

ですので特別な練習をするのではなく
まずは子供と一緒に走ってあげる
ということをしてあげましょう!

距離や時間は好きな距離や時間で
大丈夫です!

まずは子供の体力をつけてあげる
ようにしてあげましょう!

一緒に走ってあげることで
思い出も残りますし是非
一緒に練習してあげましょう!
こちらの記事も読まれています!!

最後に

徒競走のコツは何よりも
走るというのに慣れるということが
一番大事です!
適正な知識や体力をもって是非
お子さんに一位の喜びを与えて
あげましょう!!