ノンジャンル情報マガジン

日常からマニアックなものまで書いています

結婚

ジューンブライドの由来と歴史。なぜ結婚式は6月に多いのか

投稿日:2017年4月2日 更新日:

6月といえばジューンブライドですよね。

結婚式が多くなるジューンブライド。もちろん日本の風習ではなかったのですが

なぜこんなけ広まるようになったのでしょうか?

その由来などを紹介していこうと思います。

Sponsored Link


・ジューンブライドの由来

6月のジューンブライドの伝説はヨーロッパの幸せのジンクスの一つと言われています。

このジンクスのもとになっているのはローマ神話の女神に期限しているといわれています。

その女神の名前はユノーといわれています。

ヨーロッパで6月はJUNOといいますがこのJUNOはこの女神からきているといわれています。

この女神はギリシア神話で奥さんとしての地位が確立されてますので

幸せの象徴がっこの女神ユノーとされているので

6月は幸せの月からきてジューンブライドの由来といわれています。

・ジューンブライトとは逆の結婚のジンクスがある?

6月は結婚にいいといわれていますが逆に結婚をしてはいけない月はあるのでしょうか?

それが実はありまして6月の前月の5月なんです。

昔のギリシアでは5月には農作の収穫だったそうで、その時期に

結婚するとは何事だということで忌み嫌われていたそうですよ。

・結婚祝いに喜ばれるもの

友達や親友が結婚するとなったらお金以外にもプレゼントしたいですよね?

そこでここではいい商品を紹介したいと思います。

ことらはおしゃれなティファニーのマグカップになります。

あのティファニーがマグカップを出してるだけあってすごく喜ばれる商品なんですね。

Sponsored Link

マグカップというのは結婚祝いには多く出されるものではありますが

ここでブランド商品を出すことで驚かれること間違いなしですね!

Sponsored Link

・喜ばれる結婚祝い

やはり送るのであれば喜ばれたい。それは送る人みんなが思うことではありますので

今回は楽天さんで一番の人気の商品を紹介したいと思います!

自分で選ぶのではなくカタログで選んでもらうというシステムですね。

僕もどちらかというとこっちのほうが嬉しかったりします。

相手に絶対喜んでもらえるもんなんてそうそう見つからないですしそれならいっそのこと

カタログで選んでもらうというほうがいいかもしれませんね。

・結婚式が多い6月

ジューンブライドというのが結婚式を多くしている要因にはなりますが

それだけでは実はないんですよね。

6月の気温や晴れの多さなどいろいろなことが要因となって結婚式をする人も

多いんだそうですよ。

また結婚は「大安」にしたほうが良いというのはよく聞くかもしれませんね。

それだけ日本人はジンクスというのを大切にしています。

このご時世ですらカレンダーの日にちの下には大安など書いているものが多いんです。

小学校の運動会や遠足などもこうゆう大安などが多いんですよね。

なので結婚式が多いのもジューンブライトという大きなジンクスがあるというのも

大きな理由なんですね。

・最後に
ジューンブライドは結婚式が多いのもいろいろな理由があるんですよね。

昔の神話とかジンクスとかもそうですよね。

日本人はこうゆうのが好きですので大切にしていきましょうね。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事はこちらです!

-結婚

執筆者:

関連記事

婚活カフェとは?利点や料金、出会いまでの流れを紹介!!

みなさん結婚したいですか? このページに来てる時点でその願望はある人が多いと思います。 ではいい出会いはありますか? 今世間では合コン、街コン、見合いなどいろんな出会いの 方法はありますが今回はまた新 …