黒井敦史さんといえば「黄色いけど黒い」「青いけど黒い」と異名がありコーナリングやマシンコントロールの手際のうまさから、「壁際の魔術師」と異名をとるほどでした。

しかしそんな黒井敦史さんといえば2010年に事故で亡くなってしまいます。

そこで今回は黒井敦史さんの

  • プロフィールを紹介!
  • 事故の詳細
  • 嫁や子供は?

というトピックで紹介していきます!

Sponsored Link


黒井敦史のプロフィールを紹介!

黒井敦史

まずは簡単にプロフィールを紹介!

  • 名前 黒井敦史(くろいあつし)
  • 誕生日 1969年3月30日
  • 出身地 大阪府

となっています!

黒井敦史さんはドライバーのテクニックは冷静で繊細なのですが、黒井敦史さんのすごいところはいろいろあります。

筋肉がすごくて握力が両方とも85kgを超えていて、ゴリラの特技と同じの「リンゴつぶしができる」

また、趣味がとても多くて、釣りやボウリングやビリヤードが趣味ではあるが趣味レベルではなく全ての項目でプロになれるレベルで出来るというのが特技です。一般の大会ではあるがすべて優勝経験があるといわれています!

黒井敦史さんの事故の詳細とは?

黒井敦史の事故詳細

2010年にオートバイで一般の道路を走行しているときになんと対抗の車がハンドルさばきを間違えて、黒井敦史さんと正面衝突をしてしまいました。

Sponsored Link

情報によりますと相手の運転手は80歳を超える高齢者ドライバーだったようで判断を誤ったというか寝ぼけて起きてしまったとのことです。

死因はショック性の出血多量で事故の起きてからすぐに救急車に運ばれたそうですが残念ながら亡くなってしまったということです。

もちろん事故というのは未然に防げるものではありません。単独事故ではなく相手がいる事故でしかも黒井敦史さんの悪いことは一つもないということですが事故は仕方ないのかもしれませんね。

40歳という若さでレーサーとして上位15人の中に入ってた人ですので残念でなりません、

Sponsored Link

黒井敦史の結婚している嫁や子供は?

黒井敦史の事故詳細

黒井敦史さんの事故をブログで書いたのは嫁さんなので気になっている人が多いと思いますが、残念ながらお相手は一般人ということですので情報を得ることはできませんでした。

川畑真人さんは亡くなった時に

おい黒井!そんなことになって奥さんと子供はどうするんや。。かわいそうでしかたない。。

仲のいいライバルでもあるお前の分まで俺は走ってやる。だから天国で笑ってみておいてくれ!

と発言して、みなさんに伝わりましたね。。

この発言を見て悲しくなりましたね。。。

本当に残された奥さんや子供はかわいそうですが強いお人ということで黒井敦史さんは心配な反面安心しているかもしれませんね。

最後に

黒井敦史さんが事故で亡くなってしまって悲しいのは皆さん同じでしょう。

しかし、黒井敦史さんの魂はレーサーが受け継いでいると信じてD1を応援していきましょう!

Sponsored Link