父の日
母の日がまだ重きに置いている人が多いと思いますが

父の日も大事にしてあげましょう!!

母の日はカーネーションというあげるものの代表がありますが

父の日はないですよね?

そこで父の日にあげていいものや値段の相場を紹介します。


2017年の父の日とは

実際父の日とはいつなのでしょうか?

感覚的に日にちが違うような気がしてませんか?

それもそのはず毎年決まった日にするのではなくて

6月の第三日曜日に「父の日」というものになります。

実は父の日というのは世界的にあるものなんですが

国によって日にちは違うんですね。

2017年の父の日に現金を送るのはだめ?

母の日はカーネーションという定番がありますが

父の日はまだ定着してないように思います。

一番簡単に済む方法は現金をあげるということを

考えた人が多いと思います。

が、それはモラル的にどうなのかという葛藤の中やめる人が多いと思います。

しかし、最近では現金をあげる人も少なくなくなってきているようですよ。

学生とか小さい子供にお金をもらったら変な感じもするかもしれませんが、

いい大人になった女性なら大丈夫だと思います。

では現金をあげるにしてもいくらくらい出せばいいのでしょうか?

2017年父の日にあげる現金相場は?

少なすぎても変だし、多すぎても変な感じがしますよね。

そこで相場を紹介していきたいと思います。

現金をあげるときの相場は5000円から1万円というのが

相場のようですね。

実際にアンケート結果からここら辺に落ち着くとみたいですね。

父の日に現金をあげるときの袋の選び方

現金をそのままあげるというのはやはり忍びないというか

いやらしい感じがしてしまいますよね?

そこで袋はどのようなものをあげればいいのでしょうか?

と思う人も多いと思います。

父の日

そこでおすすめなのが祝儀袋になります。

袋の表には特に書く必要もないようですが、「感謝」などを

書くのが一般的のようです。

また祝儀袋の中に現金と一緒にメッセージカードに思いの丈を

綴るのも普段言えない感謝などが伝わるかと思います!!

こちらの商品では中にメッセージカードもついていて

まだ祝儀袋を買ってないという方はこちらを買ってもいいかと思います。

通販でもすぐ届きますので急いでる方でも安心です。
こちらの記事も読まれています!

2017年父の日のまとめ

最後に父の日のまとめを書いていきたいと思いおます。

  • 日にちは 6月の18日
  • 現金をあげても失礼ではない
  • 相場は5000~1万円
  • 袋は祝儀袋を用意メッセージカードを入れるのも可

どでしょうか?

普段言えない感謝を父の日に行うのもいいですよ!