アデノウイルス
早速ですがみなさん「アデノウイルス」という病気を知っていますか?
子供がいる人にはなじみのある病気ですし
もしかしたら今実際かかってるかも?なんて
思っている人が記事を読んでくれているかもしれません。

そんなあなたに「アデノウイルス」とはどんな病気なのか?
またこの「アデノウイルス」の対策や治療法なんかも
紹介していこうと思います!!


アデノウイルスとは?

アデノウイルス

アデノウイルスとは風邪を引き起こす原因になる
比較的多くみられるウイルスになります。

アデノウイルスにかかってしまうと

  • 結膜炎→目の充血や目の痛み
  • 高熱 →38度以上の高熱
  • 咽頭炎→のどの痛みやのどの腫れ

になってしまいます。

アデノウイルスは子供の病気?

アデノウイルス

なぜアデノウイルスは子供の病気といわれているのでしょうか?

その原因はこの「アデノウイルス」がプール熱といわれているからです。

プール熱にかかっている子がそのプールに入り自分の子供が
そのプールに入っていたとすると感染したりしてる可能性が出てきます。

学校とかでも特に流行りやすいといわれていて、
夏のインフルエンザといわれています。

夏に学級閉鎖が起きる大体の理由は
大体「アデノウイルス」が原因のプール熱といわれています。

特にアデノウイルスは感染力が強いウイルスですので
学校は必ず休むようにしないといけないですし
出席停止ですので学校に届けるようにしましょう

プール熱は 症状が消えた後、二日間は休まないといけない
と正確に明記されていますので守るようにしましょうね。

こちらに子供がアデノウイルスにかかった場合の

対処法を書いていますのでよかったらどうぞ!

アデノウイルスかかった子供の症状は?保育園や出席停止期間は?

アデノウイルス大人でもかかる

さて「アデノウイルス」は子供がかかりやすいウイルスと
紹介をしましたが、大人でもかかってしまうことは
もちろんあります。

そのようなときはどのような症状になるのでしょうか?

  • 胃腸炎
  • 出血性膀胱炎
  • 流行性角膜炎
  • 急性呼吸器感染症

という症状になります。
これらの病気が出ているときは
アデノウイルスの感染を疑うようにしましょう。

またアデノウイルスは潜伏期間が長く
感染してからなんと一週間ちかくの潜伏があり
その期間は自覚症状も発覚することもないので
知らず知らずに自分が感染源になっている
場合が多くありますので気を付けるようにしましょう

また子供の場合は出席停止ということで
法律で決められていますが社会ではその法律はないんです。

ですが感染力は非常にたかいので
ちゃんと医師の証明書をもらって
会社に提出するようにしましょう。

アデノウイルスの治療法は?

 

アデノウイルス
もちろん一番は医者に行って相談して
適切な治療法を受けるのが一番正しいです。

アデノウイルスの判断方法はインフルエンザに
似たような検査方法で鼻に綿棒を突っ込まされる
あの痛いやつです。。

しかし15分程度で判断できますので
自分で簡単に病状を決めないでくださいね

しかしアデノウイルスに確実に効く薬
というのは開発されていないようですよ

アデノウイルスには効く薬はないと
言いましたがアデノウイルスは
いろいろな症状が違いますので
それに合わせて治療法も変わってきます。

高熱の場合

→自宅で安静。酷い場合は1週間ほど続く

脱水症状

→汗がよく出たりするのでこまめな水分補給が必要。
酷くなっている場合は点滴の治療も行われる

結膜炎

→目が充血している状態や目やになど
目に関する症状ですので眼科で治療
2週間ほど治療が必要

咽頭炎

→喉の炎症が起きる病気。
炎症を抑える抗炎症剤を使用。

と症状によって書きましたが
間違っても自己判断で治療しないように
お願いします!!

まとめ

さて最後に簡潔にまとめておきます。

  • アデノウイルスは風邪などを引き起こすウイルス
  • アデノウイルスはプール熱の原因
  • 子供がかかりやすいとされているが大人もかかる
  • 医者に行って適切な処置を受けましょう

とこのような感じです!
軽い病気だなんて思わずに他人にも
迷惑をかけてしまうので気を付けましょうね。