日射病
最近、ようやくあったかくなってきましたね

これから夏に向けてもっと
熱くなっていきます。

しかしその暑さゆえに日射病
リスクが多くなっていきます。

日射病というのは下手をすると
とても危なくなってしまいますので
ちゃんとならないように
日射病について知ったうえで
予防方法、対処方法を
紹介していきますので
確認してみてくださいね!


日射病(熱射病)とは?

さて日射病とはいったい
どんな病気なのでしょうか?

日射病というのは、
夏などの炎天下の中で
スポーツや仕事をした時は
汗が出てしまいますよね?

その汗が多く出すぎてしまって
体の中の水分が足りなくなってしまって
心臓へ戻ってくる血の量が足りなくなり
心臓が空うちしてしまって脱水症状
同じような状態になってしまうことです。

日射病(熱射病)の症状とは

さて汗が多く出てしまって
脱水症状と同じような状態に
なると書きましたが実際は
どのような症状が出るのでしょうか?

日射病になっている状態では
人間の体温を調節する
体温調節中枢に異常が
起きてしまってるので
体温が異常に高くなってしまってます

日射病の初めの方の症状は
激しく汗をかき始めてきて

口が異常に乾き、そのうえで
頭痛吐き気怠慢感などが
現れてしまいます。

もっと進行すると上記の状態が
酷くなるうえで、体の表面が暑くなり
赤くなってきて最後は意識障害けいれん
引き起こしてしまいます。

そして処置が遅れてしまうと、
最悪の場合になることもありますので
迅速に正しい処置をしてあげるようにしましょう。

日射病(熱射病)になったあとの対処法

日射病

さて日射病になった人がいた場合は必ず迅速に処置をしてあげるようにしましょう。

じゃないと本当に命に関わって
しまいますのでここは真剣に
読んでくださいね!!

まずは倒れている人に
十分な水分を与えてください!

そして倒れてしまっている場合は
日の当たらない陰のある場所
移してあげるようにしてあげてください。
その時に足を少したかくしてあげると
血液の流れがよくなって
心臓に血液が行くのでとても効果的です。
また服をきているのであればボタンなどを
緩めてあげるようにしましょう。
そうすることで呼吸が楽になりますので
苦痛を和らげるのに効果的です。

そのあとは様子を見てあげて最終段階の
けいれんや意識障害を起こしている
場合であれば迅速に病院に
運んであげるようにしてあげてください。

日射病(熱射病)の予防法は?

ここまではなった場合のことを紹介
してきましたがまずは予防してあげる
ことが大切です。

夏などは暑いのでとりあえず水分をとるように
しましょう!
そしてできれば塩分もとりたいところです。

その理由は塩分が少ないと
熱痙攣が起きてしまいますので
お茶や水を飲むときに
塩をなめておくと効果的です。

この塩分が必要なので
おばちゃんなどが持っている
キャンディは塩キャンディだったりします。

日射病(熱射病)の予防グッズ

いろいろ紹介をしてきましたが
最近では多くの日射病グッズが
開発されていますので
おススメの商品を紹介します。

やはり日射病の一番の予防で簡単なのは
帽子をかぶることです。

あんま知られていないことですが
帽子をかぶることで、体感温度が
5度以上低く感じることができます。

そうなれば発汗も抑えることができますし
日射病の予防ができますのでお勧めです。

次におススメするのはこちらです!!

え?梅干し?と思った方も多いかもしれませんが
梅干しというのはとても日射病に
効くんです。

梅干しはほとんど水分ですので
水分補給にもなりますし、
また、必要な塩分もとれますし

塩分、糖分もありますので
予防はもちろんなった対処法としても
効果的なものだったりします。

ものもちもしますので
学校などにももっていけます!

まとめ

最後に簡潔にまとめておきます

  • 日射病(熱射病)の説明
  • 日射病の症状
  • 日射病の対処法
  • 日射病の予防方法
  • 日射病の予防グッズ

となっています。

何回も読み返して知識として
身に着けることによって
自分を守るだけでなく他人を
助けることにもなりますので!