皆さんはヒスパニック系という言葉を

ご存じでしょうか?

 

あまり聞いたことがないという方も

いらっしゃるかもしれませんが、

ヒスパニック系とは簡単に言うと

中南米やカリブ海地域からアメリカに

移住した人たちのことを指していますね。

 

ヒスパニック系の人には有名人もいるのですが、

私たち日本人からすると耳慣れない言葉だけに

ヒスパニック系と呼ばれる人たちがどのような

特徴を持っているのかなどを知っておくことには

意味があるのではないかと思います。

 

そこで今回は、ヒスパニック系の意味や特徴等について

ご紹介させていただきましょう!


ヒスパニック系の意味

参照元:http://news.livedoor.com/article/detail/5572464/

 

まず、ヒスパニック系の意味についてですが、

ヒスパニック系とは先程も触れたように

中南米やカリブ海地域からアメリカに移住した

人達のことを指して言われる言葉で、以前は

スペイン語を話す人達、もしくはスペイン系の

がそう呼ばれていました。

 

元々、アメリカ合衆国は多くの民族が集まって

いる国ですので、移民も多く、それによって

成り立っている面が少なからずあるのですが、

現在はヒスパニック系の人の数も多くなってきており

地元意識も強いことから、投票率も高く、政治に与える

影響も無視できないレベルにあるため、一部ではアメリカを

脅かす可能性のある民族と評されるケースもあります。

 

ヒスパニック系の特徴

参照元:http://karapaia.com/archives/52160831.html

 

ヒスパニック系の特徴として挙げられるのは

スペインの伝統を重んじる風潮があることで、

アメリカに移住している人達ではあるのですが、

基本、英語を使わず、スペイン語を使うのが

一般的とされていますね

 

そのため、見方によっては英語を話すアメリカ人とは

違う独自の文化を形成しているともいえ、

ヒスパニック系が増加している背景も踏まえると

スペイン語はアメリカ国内で外国語としてよりも

母国語に近い扱いともなっています。

 

その他にもカトリック信者が多いことや

全体的な比率としてメキシコ系が多いことなども

特徴として挙げられるのではないでしょうか?

ヒスパニック系の有名人

参照元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1498328044

 

ヒスパニック系の有名人として名前が挙がるのは

キャメロン・ディアス

ジェニファー・ロペス

エヴァ・メンデス

辺りでしょうか。

 

キャメロン・ディアスは数多くの映画に出演している

大女優ですし、ジェニファー・ロペスも俳優業、

音楽活動共に多大な足跡を残しています。

 

エヴァ・メンデスもドラマからコメディーまで

幅広くこなす女優で、現在はモデルとしても

活躍していますね!

 

このようにアメリカで活躍中の有名人で、

トップクラスの方の中にもヒスパニック系は

多く、その点からもヒスパニック系がアメリカに

欠かせない存在になりつつあるのは確かでは

ないでしょうか?

 

ヒスパニック系の人は差別されている

参照元:http://www.siruzou.jp/kaigai/5749/

 

アメリカで活躍している有名人にもヒスパニック系が

多い現状を踏まえると差別されていないようにも

感じますが、必ずしもそうではなく、実際には

差別されているケースが多く見受けられます。

 

例えば、ヒスパニック系の人は現地の人に比べ、

安価で仕事を引き受けるケースが多く、現地人から

職を奪っているといった偏見もあり、現在の

アメリカ大統領であるトランプ氏がメキシコ国境に

壁を作ろうとしているのもアメリカ人の職の確保の

ためであると言えますから、現地民にとっては

ヒスパニック系の台頭が面白くないという部分は

どうしても出てくるのではないでしょうか?

 

ヒスパニック系を含む移民の扱いについては

以前から様々な意見が出されてきましたが、

他民族を受け入れて発展してきた背景を持つ

アメリカにとってヒスパニック系を始めとした

移民者をどうするのかは今後を見据えた上でも

大きなテーマであると言えますね!

 

ただ、現在の社会が国際化が進んでいることを

思えば、自国の民が職に就けないからといって

移民者を排除する方向に持っていくよりも

国の安定という観点から、共存の道を模索していく

ことが大局的には良い方向に進むのではないかとも

思います。

 

確かにヒスパニック系の人は英語ではなく、

スペイン語を好んで使う風習があるため、

アメリカ人との間に溝ができてしまうのは

仕方がない面もあるのですが、合衆国という

体制を取っている以上、制限すればいいという

問題でもないように思えますね!

 

結び

以上、ヒスパニック系の意味や特徴等に

ついてでした。

 

どの国でも同じことではあるのですが、

自国民が一番重要視されることに違いは

ありませんし、それは世界をリードする

アメリカにも同様のことが言えます。

 

しかし、経済を支えているのが、

ヒスパニック系の人たちであることも

同時に確かなことであり、若年労働者が

アメリカ内で増えているのもヒスパニック系が

影響していると言われていますから、

差別するのは簡単ですが、追い出すことを

考えるより、如何にして受け入れていくのか

考えていった方が結果的に国としての発展にも

繋がっていくのではないでしょうか?

 

日本でも安価で働いてくれる外国人労働者が

重宝されている面も少なからず出てきていますが、

そうした人を排除するよりも自国民が各々に

実力を付け、企業に求められる人材になることが

求められている時代なのではないかと思いますよ!