リボンの髪型、リボンヘアーは可愛らしい髪型では

あるのですが、簡単にセットできる髪型ではないのが

悩みですよね?

 

ですが、簡単なやり方や作り方があるとおしゃれの

一つとして用いることができるようにもなりますから、

知っておいて損もないでしょう!

 

そこで今回は、リボンの髪型の簡単な編み込みの

やり方や作り方をご紹介させていただきたいと

思います!

Sponsored Link


リボン髪型の簡単なやり方 手順1

参照元:https://mamapress.jp/topic/detail/136

 

まずは、基本的なリボンヘアーのやり方、

手順その1についてですが、画像の様に

耳の横の髪を左右に取り、後ろで輪っか状に

結びます

 

結んだ後はその状態を保つためにゴムで留めておく

いいですね!

 

リボン髪型の簡単なやり方 手順2

参照元:https://mamapress.jp/topic/detail/136

 

次にできた輪っかを左右に分けるようにして、

下から髪の毛を少し引出しゴムの裏側から

指を通して空洞を作り輪っかの真ん中を

くるりと巻いて、作った空洞に入れていきます

 

この時、空洞を作った指で巻いた髪を

受け取るようにするとやりやすいかと思いますね!

 

イメージとしては片方の手で巻いて

もう片方の手で空洞を作り、受け取るような

感じでしょうか。

 

リボン髪型の簡単なやり方 手順3

参照元:https://mamapress.jp/topic/detail/136

 

空洞に髪を入れたら、根元に固定できるように

少し引っ張り、固定できているのを確認後、

余った髪をピンなどで留めるようにしておきます。

 

ピンなどで留めるとピンが見栄えを悪くするようにも

思えますが、実際には他の髪に隠れる形になりますので、

普通のヘアピンで留めて問題ありません!

 

 

リボン髪型の簡単なやり方 手順4

参照元:https://mamapress.jp/topic/detail/136

 

後は画像の様に整えたら完成となります。

 

ただ、ヘアアクセサリーなしでも画像の様に

リボンヘアーにすることはできるのですが、

どうしてもそのままだと浮いて見えてしまい

ますので、リボン部分はピンで留めるのが

お奨めですよ!

 

慣れないうちはどうしても時間がかかって

しまうかと思われますが、慣れてくると

5分もせずにセットできる方法ですから、

何度か試している内に時間も短縮できるかと

思います!

 

また、リボンヘアーの作り方として言葉や

画像だけではわかりにくい部分もあるかと

思いますので、こちらの動画も参考にしてみて

ください!

 

 

とてもわかりやすいので、今一つイメージしにくい

という方はこちらの動画を参考にしてチャレンジして

見てくださいね!

Sponsored Link

用意しておくと便利な物

参照元:https://joshi-riki.jp/archives/10799

 

リボンヘアーをセットするのに必須とまでは

言いませんが、あると便利な物もありますので、

ご紹介させていただくと以下のような物が

該当します。

 

ブラシ

コーム

ゴム

アメリカピン

くるりんぱスティック

Uピン

などですね。

 

ブラシコームは髪をキレイに溶かすのに

使用する物ですし、ゴムはリボンヘアーにする

にあたっては必須とも言える物なので、最低限、

必要数は用意しておく必要があるでしょう!

 

ゴムは百均などでも入手することが可能なので、

手元にない場合には購入しておくといいかと思います。

 

それから、ゴムについては一点だけ注意するべき

部分があり、リボンヘアーではゴムを隠す方法も

存在してはいるものの、完全に隠すことはできないため、

透明な物や目立ちにくい色を選ぶのが基本

見られてもおかしくないような色にするのも

一つの手ですね!

参照元:https://joshi-riki.jp/archives/10799

 

それから、アメリカピンについてですが、

アメリカピンというのは画像のような

物を言うのですが、一般的なスモールピンだと

髪の収まりが悪くなるケースがありますので、

基本、大きいアメリカピンの方がピンの数が

必要以上に多くなることもありませんから、

おすすめに入ってきます。

参照元:https://joshi-riki.jp/archives/10799

 

また、くるりんぱスティックについても

触れておくとこれは文字通り、簡単に

くるりんぱヘアにできるアイテムで実は

百均で取り扱いがある物でもあります。

 

リボンヘアーにする場合、これがあると

ないでは大きな違いがありますので、

これも用意しておくに越したことは

ありません!

 

また、くるりんぱスティックは別の

呼び方でヘアアレンジスティックとも

表記されている場合がありますので、

その点はご注意いただければと思います。

参照元:https://joshi-riki.jp/archives/10799

 

最後にUピンについてですが、Uピンとは

画像のような物を指しており、アメリカピンでは

留められない箇所を留めるのに使用するものになります。

 

これがあると編み込みをした上でのリボンヘアーに

する簡単な方法が実践できるため、これも用意して

おいた方がいいですね!

 

それから、こちらの動画はくるりんぱスティックを

利用した場合のセット法についてになりますから、

くるりんぱスティックを利用する際には参考にするのも

いいでしょう!


出典元URL https://www.youtube.com/watch?v=U-BjZAFByno

 

簡単な編み込みのやり方と編み込み後リボンヘアーにする方法

参照元:http://getnews.jp/archives/1226156

 

リボンヘアーの作り方用意する道具については

ご紹介した通りで、それを踏まえた上で簡単な編み込みの

やり方についても触れさせていただくと基本的には以下の

動画が参考になりますね!


出典元URL https://www.youtube.com/watch?v=SPSZjrlja5Q

 

編み込みができたら、次にそれを基にしたリボンヘアーの

やり方に移るのですが、参考にしたい方法としては

以下の動画がわかりやすくていいかと思います。


出典元URL https://www.youtube.com/watch?v=IC5N_sFyG7w

 

この動画ではリボンヘアーの作り方にUピンを

使用していますので、予め、Uピンの準備も

しておいてくださいね!

 

結び

以上、リボンの髪型の簡単な編み込みの

やり方や作り方についてでした。

 

リボンヘアーは一見するととても難しいように

思えますし、リボンのようなヘアアクセサリーを

使えばいいのでは?と思われる方も多いのでは

ないでしょうか?

 

しかし、リボンヘアーはとても目立つ上、

可愛さも演出することができますから、

ショートヘアの方にとっては難しいかも

しれませんが、長めの髪の人は是非、

試してみていただければと思います。

 

今は個性を出していく時代ですから、

服装以外にもこだわっていきたいところ

ですし、服装以外での部分となると後は

髪型ぐらいしか残っていないことを踏まえれば、

リボンヘアーというのも選択肢に入ってくる

でしょう!

 

加えて、編み込みをした上でのリボンヘアーは

可愛さもアップしますので、その意味でも

おすすめになります。

 

ちょっとしたコツは必要になる髪型ですが、

ご紹介した方法を使うことで、慣れるまでの

期間を大幅に短縮することは可能ですので、

是非、チャレンジしてみてくださいね!

Sponsored Link