胴上げというとめでたいことがあったとき、

例えば、スポーツなどの大会で優勝した時や

結婚式の際に行われることが多いですよね?

 

基本的には喜びを表現するものですから、

悪いことではないのですが、人間を空中に放り投げる

という性質上、危険が生じるのも確かです。

 

過去には下半身不随になるような事故が起こった

こともあり、現在では結婚式のようなイベントでも

禁止されることが多くなりました。

 

そこで今回は、胴上げの事故について

ご紹介させていただきたいと思います!


胴上げの事故が起きてしまう理由は?

参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%B4%E4%B8%8A%E3%81%92

 

胴上げの事故が起きてしまう理由にはいくつかの

要因があるのですが、挙げていくと放り投げた

人がしっかり支えていないという点が一つ、他にも

結婚式の場であったため、放り投げる人が酒に

酔っており、しっかりと支えることができないという

ケースや質が悪いものになると悪ふざけでわざと

落としたりということも理由として挙げられますね!

 

まず、基本的なこととして放り投げる人がしっかりと

支えていないと落下の危険があることは言うまでも

ないでしょうし、放り投げる人が酒に酔っている場合も

手に力が入らないような状態である可能性が高いので、

同じく、落下の危険性が高いことになります。

 

加えて、わざと落とすというのも悪ふざけには

違いないものの、悪気があるわけではなく、

ちょっとしたからかいの一環ですので、悪質な

ものではない場合が大半ではないでしょうか?

 

しかし、高さによっては危険な行為と言えますから、

少なくても一度空中に放り投げてから落とすのは

常識的に考えてリスクを伴う行為になるかと

思いますね!

 

このように原因となるのは支える側に問題が

ある場合が大半となりますので、見方を

変えると、放り投げる人達が注意しさえすれば、

防げる問題ではあるものの、飲酒の機会がある

場や楽しいイベントの最中はどうしても

舞い上がってしまうため、注意しながら行うのは

困難であるとも言えますし、近年、禁止される

場所が増えているのもそうした現状ありきと

言えるのではないでしょうか?

実際起きた胴上げの事故1

参照元:http://www.bluethun.com/news/2014/10/25/315/

 

では、実際に起きた胴上げの事故をいくつか

ご紹介させていただきたいのですが、一つ目は

2007年の11月に滋賀県で起こった事故で、

会社員が同僚らに胴上げされたが不注意から

畳の上に落とされ、首や背中の骨を損傷、呼吸不全や

寝たきりとなり、最終的には敗血症で死亡するという

悲惨な結果となっています。

 

この事故は後に遺族に告訴されたものの、「常軌を逸した

落とし方はされていない」として、罰金10万円の支払いを

命じられる形で終りを迎えたのですが、この結果は

胴上げの危険性もさることながら、責任の所在の追求の

難しさといった部分でも問題になった事故だと思いますね。

 

人が実際に死んでいるのにも関わらず、罰金10万円で

済んでいるのは遺族としてはやりきれない思いである

でしょうし、胴上げする側も喜びを表現する意図はあっても

悪意があってやったわけではありませんから、裁判官と

しても判断に困る事例だったのは間違いありません。

 

その意味で判断に困る事件であったことは確かですが、

それ以上に落とされた人が呼吸不全や寝たきり、果ては

敗血症による死亡に至ってしまったという結果を踏まえる

と単なる不幸な事故だったでは済まされない面を多分に

含んでいると言えるのではないでしょうか?

 

実際に起きた胴上げの事故2

参照元:http://www.vortis.jp/blog-academy/index.php?d=20130716

 

もう一つ、実際に起きた胴上げの事故

ご紹介させていただく1999年に島根県の

会社社長がアルバイト学生5人に胴上げされ、

落下、その後、死亡したという事件もありました。

 

この日は忘年会でもあったため、胴上げした

アルバイト学生たちは酒に酔っていたこともあり、

誤って落下させてしまったものと思われるのですが、

先程、ご紹介させていただいたように胴上げ事故

要因の一つはお酒が入っていることも含まれますので

ある意味では典型的な事件と言えるかもしれません!

 

忘年会というお酒を飲むことが前提となるイベントで

あったこともそうですが、わざとではないとしても

飲酒状態で胴上げするのは当然、高いリスクを伴いますし

何よりもこの事故は胴上げの危険性を軽んじていた節も

見られますので、胴上げのリスクというのを考えた時には

認識の甘さがあった事故と言えるのではないかと思います!

 

胴上げ禁止のところは?

参照元:http://tanshin201205.at.webry.info/201208/article_2.html

 

こうした事件や事故が多発している状況を踏まえて

胴上げ禁止のところも増えてきているのですが、

一例として新幹線のホーム結婚式を行う式場でも

原則、禁止されていますね。

 

他にも東大が今年、掲示板での合格者発表を

行いましたが、過去には許されていた胴上げを

禁止するようになりました。

 

これは喜びに水を差すように思えるかも

しれませんが、あくまで事故防止ということ

ですから、その意味では納得できる処置と

言えるのではないでしょうか?

 

苦難の末での合格なので、喜びを表現したい

気持ちは理解できるものの、事故が起こってからでは

遅いですし、結婚式もそうですが、喜びを表現する

つもりが却って水を差す形になる可能性も出てくる上、

何よりも大怪我、ひいては死亡事故に繋がる恐れがある

ことは頭に入れておいていただければと思います!

 

結び

以上、胴上げの事故についてでした。

 

プロスポーツ、例えば、野球などでは

優勝した際、喜びを表現するために胴上げ等を

行う習慣があるため、つい真似したくなる気持ちも

理解できなくはないのですが、プロスポーツ選手の

様に胴上げする上で支える力に問題がない場合を除けば、

一般的には危険な行為に該当しますので、基本的には

止めておくのが無難でしょう!

 

どうしてもやりたいという方は安全面に細心の注意を

払ってから、行うようにしてくださいね!