皆さんは、嵯峨京子さんをご存知でしょうか。

1960年代にご活躍された女優さんです。

今回は嵯峨京子さんの代表作や

ご家族について調べてみました。


嵯峨京子のプロフィールをご紹介!

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2140814687465317101

名前     嵯峨京子

本名     新村範子

生年月日   1941年1月13日

没年月日   2014年8月11日(73歳没)

出生地    京都府

職業     女優

ジャンル   テレビドラマ、映画、舞台

娘      井上和香

出典:Wikipedia

嵯峨京子さんは19歳の時に

大映ニューフェースとしてデビューしています。

大映ニューフェースとは、映画会社の

新人発掘のためのオーディションのことで、

主に時代劇で活躍していたそうです。

舞台での活躍を経て、35歳で結婚したため引退しています。

その後、板前をしていた旦那さんと共に営む

割烹料理店「笹よし」の女将さんをしていたみたいです。

しかし、2014年8月11日、すい臓癌のため

73歳でお亡くなりになっています。

 

 

嵯峨京子の若い頃が美しい!

上での画像もそうですが、

本当にお綺麗な方だったみたいですね。

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2140814687465317101

娘さんの井上和香さんもとても

お綺麗な方なので、容易に想像が付きますね!

しかし、若い頃に引退しているので

画像があまり残っていないのが残念です。

 

嵯峨京子の娘はあの井上和香!

私も調べて驚きましたが、

なんと娘さんは、あの井上和香さんでした!

井上和香さんも、二世タレントという

イメージがなかったので、二重で驚きですね。

出典元:http://www.incent.jp/incent/talent/inoue/index.html

井上和香さんについても

少し触れておきたいと思います。

女優、タレント、元グラビアアイドルとして

テレビや映画、CMにも出演していました。

2012年5月13日に、映画監督をなさっている

飯塚健さんとご結婚なさっています。

そして2015年7月18日には第一子女児を出産されています。

 嵯峨京子の代表作品は?

嵯峨京子さんの代表作品は、

1967年に放送されたNHKの大河ドラマ「三姉妹」。

幕末から明治維新までを舞台に、幕臣旗本の三姉妹と

純粋で一途に倒幕運動に身を投じていく青年浪人を中心に、

激動の時代を生き抜いた人々にスポットを当てたお話です。

嵯峨京子さんは小武蔵の中居の役。

そして、こちは1970年に

東京12チャンネルで放送された、

日本怪談劇場四谷怪談‐稲妻の巻・水草の巻」のものです。

お岩の役としてブレークしたそうです。

夫が自分の不貞を隠すため、自分の妻・岩を毒殺。

そんな夫を呪い殺す…というあらすじです。

毒で苦しみながら死に、夫を呪う

お岩さんを演じた嵯峨京子さんの

鬼気迫る姿が話題になったそうです。

嵯峨京子の女優引退のその後

嵯峨京子さんは女優引退後、

割烹料理店「笹よし」で女将をしていたそうです。

出典元:http://xn--nckyfvbwb2040adraa685atyf331fevwazi5asyevo6a.com/202.html

 

この画像も割烹料理店でのお写真です。

名物女将として知られ、

お店で女優時代のお話をすることもあったそうです。

笹よし」の情報を調べてみると、

口コミやブログで美味しいと評判のお店でした。

その後、嵯峨京子さんは亡くなる1ヶ月前に

癌が見つかり入院し、家族全員に見守られる中

2014年8月11日、息を引き取ったそうです。

嵯峨京子さんが亡くなってからの「笹よし」は

井上和香さんのお姉さんが引き継ぎ、

ランチ営業を始め、連日満席の大人気店に

なっているそうですよ。

まとめ

最後に簡単にまとめておきます。

・19歳で映画デビュー

・時代劇や舞台で活躍していた女優さん

・35歳で結婚し、女優業引退

・娘は井上和香さん

・引退後、割烹料理店の女将さんを務める

・すい臓癌のため、73歳で亡くなる

今回この記事で、少しでも興味を持っていただければと思います。