今回の記事では、梅と桜の違いを見分けるにはどうした良いのか?

ポイントを様々な角度から、掘り下げて行きます。

この記事を読むと見るだけで梅と桜の違いを見分ける事が

出来るようになるかも知れません。


梅と桜は間違えやすい?

(出典元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQsnKdWoKRzbROyTf8bw2r49Rw-6S9TdV15Or3HKXWDKat7wT5q)

梅と桜は花の色も似ている事から、一般的に間違えやすいと言われ

花を見る事になれていない人には、初めから見極めるのは難しい

言われています。

色味も似ている事と、咲く季節もどちらかというと、バッティング

しているため、間違いやすいどころか一般的には見極める事が

でない可能性も高いです。

では梅と桜はいつ頃咲くのでしょうか?調べてみると梅は

1月から3月、桜は3月から4月で梅の見頃と桜の開花時期が

重なり合っている事も間違いやすいポイントかも知れません。

桜が開花すると季節のニュースとして放送されますが、梅は

ニュースになったかどうかは、個人的な記憶にありません。

桜と梅であれば、花では桜が有名で、食べ物として梅干し

そんな感じで住み分けが出来ており、花になったときは

頭の中に、桜の方が出てくるのかも知れません。

そのため、梅だと思って見ていると、実際は桜で

桜だと思ってみていたら実際は梅であるという

事はありそうです。

梅と桜を見分けるポイント1

(出典先:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR62D3_YGIiSZQoGcRlvXgSNlfT1P1Pj1MDzPC4ZkNJwd_SNpuUFQ)

ではここからは、どうやれば桜と梅を見分ける事が出来るか?

それを考えながら書いて行きます。

まずは、花の付け方で桜は、木から少し離れたところに花を付け

梅は木に、花を付けそのまま咲きます。

ですから、花を見るときには最低そこだけを意識して花を見る事

そして、何よりも数多く見る事らしいのです。

それが出来れば、自然と見方が身につくようで年配者が家にいる

場合などは、散歩などに付き合うと花の見方を教えてくれるかも

知れません。

上の項にも書きましたが、開花の時期は梅が1月から3月、桜が

3月から4月で見に行くには少し肌寒いそんな季節ですし外出も

意外と出来ない季節かも知れません。

またインターネットで検索すると、全国各地で梅まつり

行われています。

因みに去年は、世田谷の羽根木公園650種類の梅を見る事が出来

ペットを連れて公園に入る事も出来ますので、散歩のついでに

立ち寄る事も可能です。

関西では大阪城公園では1270種類の梅を見る事が出来ますので

ペットもリードさえ付けていれば入る事は入る事が出来ます。

関西のビジネス街にある公園だけに、近代的な建物と過去の

建造物のマッチングは関西だけの、特典と言えます。

人気スポットがだったようで、沢山の人が梅を愛でるために

訪れた事でしょう。

が咲くと花見を行う事は一般的ですが、梅はその風習が無い

変りに梅まつりがあるのかもしれません

そして季節の移り変わりを感じて欲しいと思いますが、気候と

相談しながら、散歩を楽しんでください。

また、覚えるコツとしては植物図鑑アプリで検索したり、ポケット型の

植物図鑑を持ち歩いていると、花を見たときに調べる事が出来ますし

調べて覚えた事は、年を取っても覚えているのかも知れませんね。

梅と桜を見分けるポイント2

出典元:https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c6/c6da95a149d35e9ce47315fcf5e7935f_t.jpeg)

梅と桜を見極めるポイントは、咲いてる期間で見極める事

梅は開花から3週間ぐらいは咲いていますが、桜は早ければ3.4日

で散ってしまいます。

風が吹かなければ、桜も上の行で書いたよりも長い期間咲いている

事もありますので、桜と梅の咲いている事が見極められないという

人は、時期を捉えて覚えておくのも桜と梅を見極めるポイントの

一つだと思われます。

人から桜と梅の違いを問われた際は、そう答えておけばこの人は

花に詳しい人だと言われるかも知れませんし、徐々に見極め方を

覚えていけば良いのでは無いかと思います。

桜と梅では圧倒的に桜の方が知名度が高く卒業ソングの題材と

なるケースも多いので、桜と梅ではどうしても梅のイメージは

作りにくいかも知れません。

梅と桜を見分けるポイント3

(出典元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTWPuuDbrGMzpuoyNi2h628jXYVynunHOI_FoUj4Rf3WA8mhBhh_A)

最後の見分け方としては、花びらの形で見分けます。

桜は花びらの先が割れている事が特徴で、花びらの色は

ピンクを基調として、白との鮮やかなコントラストが自然に

出るため日本人だけでは無く外国人の観光客にも花見が定着

してしまいました。

かたや梅は桜ほどの派手さはありませんが、花びらが丸い

と言うのが見分け方のポイントで、桜の花の方が大きく

梅の花の方が小さいと言う事が言えます。

梅の綺麗さは世間にあまり知られていませんので、桜ほど

ポピュラーではありませんが、満開時には桜も梅も甲乙付けがたい

綺麗さを見せてくれると思います。

では桜と梅はどんな種類があるのか気になったので調べて見ました

桜の種類は、ソメイヨシノ、シナミザクラ、エドヒガンザクラ、

ヒカンサクラ、チョウジザクラ、マメザクラ、ミヤマザクラ、

ヤマザクラ

梅の種類はベニチドリ、リョウガク、トウジ、ヤエカンコウ

オモイノママ、カゴシマベニ、シラタキシダレ、ヨウキヒ

比べてみると、桜の方が種類が多いそんなイメージがあります。

一般的には桜の種類と行ってもソメイヨシノぐらいがポピュラー

であり、梅の種類についてはあまり認知されていないというケース

もあるかもしれません。

結び

今回は梅と桜の違いについて書いてきました。

見極め方はあまり簡単ではなくて、沢山の花を見る事で

桜か梅かを見極める事が出来るようになるようです。

そのためにはより沢山の桜と梅を見る事で、経験を

積む事で見る事が出来ます。

簡単に見極められるようになると、博学だと思われる

ようになるので研鑽を積んでいきたいところです。