入学式では付けた方が良いと言われているコサージュ

しかし、一口にコサージュとは言っても色々な種類があるようで今回は角度から掘り下げて記事を書いていきます。

入学式のコサージュの色には注意?

引用元:http://img08.shop-pro.jp/PA01199/172/product/126742754.jpg?cmsp_timestamp=20171223223507

コサージュは、ファッションアイテムの一つなので服装との兼ね合いがとても大切になります。

例えば、紫のスーツで白のインナーなのに赤いコサージュでは入学式という式典には合わないというかコサージュだけが目立ってしまいます。

そのためコーディネートセンスが問われてしまいます。

どの様なスーツを購入するのかによってコサージュの色へも考えを巡らせて下さい。

あくまでも購入されたスーツとの色合いのバランスで可笑しくない物を選んで下さい。

そもそもコサージュの意味は、貴方をお祝いします。という意味が込められていますので、それを念頭においた場合、どの様なコサージュを付ければ良いかが自ずと見えてくるはずです。

そんなお祝いの気持ちを示しているのに反対に派手なコサージュを付けてしまってはなんだか意味がよく解らなくなってしまいます。

コーディネートセンスも大切ですが、常識もある程度頭に入れておいた方が良いと思います。

個人のファッションセンスだけでコサージュを用意すると、思わぬ恥をかく可能性も否定できません。

お子さんが恥をかいてしまうことにもなりかねませんので注意を払って下さい。

入学式のコサージュの色でダメな色は?

引用元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQXZzX9xRwuig4wUPAFIRufrHphqq9A_UE6Iq9McWUtgRaGIVx4

コサージュで付けてはいけない色は黒で、黒のコサージュには喪に服すつまり、一定期間社交的な活動や外出などを避けるという意味合いを持ち合わせており、入学式という新たな門出には不向きだと考えるのは当たり前の話です。

ファッションに造形が深くない場合には黒に黒で良いコーディネートでは無いかと思われますがこれをやってしまうと常識が無い人と言われてしまいます。

そのため黒のコサージュは避けて下さい。

またこの他にも、ゴールドのコサージュこれも結婚式や夜のお仕事の人には自分を綺麗に見せるアイテムですが入学式には合いません。

この他えんじ色のコサージュも避けておいた方が良い物です。

またコサージュの素材も、コットンや麻やニット素材のコサージュはカジュアルな時に使うコサージュですのでそれは避けた方が良さそうです。

入学式のコサージュの色でいい色は?

引用元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR5JZIcqstfYG2p0uBZC3ilwd8VCUg4dJgS5z-eDZiTLtUPFynu

上の項では、付けてはいけない色のコサージュについて書いてきましたが、ここでは入学式に付けてもいいコサージュの色について書いて行きます。

コサージュは基本的に薄いピンク色のコサージュを付けていけば良いのでは無いかと思います。

それは無難な色のためどんなスーツにも合せやすく、失敗が少ないからです。

この他では、いずれも薄いイエローパープル、ブルー、白、ベージュ等がお薦めです。

また、先ほど黒のコサージュは駄目だと書きましたが、黒にグレー掛かったコサージュはファッションとの兼ね合いで付けてもOKと言うことになっています。

入学式は母親にとっても清廉性があるというアピールの場所でもありますので、さりげないアピールをするアイテムとして使う形が良いと思います。

コサージュにも幾つか種類があり、造花のコサージュ昔からありましたが、最近では造花に見えない物も存在し最近台頭しているのがシルクフラワーです。

繊細な感じがあり、見た目がとても綺麗です。もう一つは生花のコサージュです。

造花に比べて当然日持ちはしないのですが

入学式で使ったあともしばらくは使用する事が可能です。

この他布地やブリザーブドのコサージュもあります。

入学式のコサージュのつけ方にも注意?

引用元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/uploads/2017/12/19093637/eba23b967cef5a25e1d0d2d3fdbc919f_1513676182-320×320.jpg

さて入学式でコサージュを付ける色や駄目な事は理解出来ました。

ではコサージュの付け方はどうなっているのかを書いて行きます。

コサージュの付ける位置は基本的にどちらでも良いと言われている節もありますが、基本的には左側です。

その理由は視線が集まりやすいというのが理由のようです。

鎖骨の上あたりに止めるとベストな位置となります。

その位置より下だと、何となくバランスの問題でしっくりしません。

また、大きさはあまり大きくない方が良いです。

写真でせつめいするとこちらのようになりますね!

入学式コサージュ

概ね10センチぐらいの大きさを超えない程度にしておいた方が見た目ではベストです。

あまりコサージュだけが大きくなるとコサージュだけが目立ち視線がそちらに集中してしまうので全体を見て貰うためにはコサージュもあまり大きくしない方が素敵なママを演出出来るはずです。

これからお子さんと一緒に学校での生活をしていくので何事も最初が肝心と言うことを念頭に置いて入学式に出席して下さい。

結び

今回はコサージュについて書いてきましたが

色々な細かいルールというか常識が存在する事が

解りましたね。

入学式は子供が主役であり、母親はあくまでも

子供の晴れ姿をみるに過ぎませんが、それと

同時に母親のファッションセンスチェック

されていますから、気を抜くことは出来ません。

また、手先が器用な人は自分でコサージュを

作ることも可能ですから、入学式に合せて

コサージュを手作りする事も

良いのでは無いでしょうか

もし可能であればお子さんと一緒に

作るというのも良い思い出作りになりそうで

楽しいかもしれません。

入学式に合せてコサージュをレンタルするのも

一つの手かもしれません。

その時はレンタル業者にどのコサージュが合うか

等のアドバイスを貰うと最良のファッション

コーディネートが出来る可能性が高まります。