海というのはとてつもなく広いです。。。

こんなけ技術が発達しているのに海の神秘というのは本当に解明できていないんですよね。。

そんな海には陸地に普通に生きている人間には考えられないような怖い巨大生物がたくさんいます!

今回は実際に存在する巨大生物を紹介していこうと思います!!

スポンサーリンク


ダイオウイカ

 

見るだけでぞわっとしてしまうようなダイオウイカ。

 

世界の海ではなくて日本の海でもこんな生物がいると思うとぞっとしますよね。。

 

ダイオウイカは食べてもあまりおいしくないようですから発生しても迷惑というか怖いだけの生物ですね。。

キタユウレイクラゲ

 

キタユウレイクラゲといってクラゲの中で最大級に大きいクラゲになります!

確認されている最大の大きさは直径3メートル。

触手は何と45Mにも及ぶそうですね。。

毒もあるという事で怖いクラゲです。。

ジンベイザメ

沖縄の美ら海水族館の名物キャラのジンベイザメ

僕も沖縄に行ったときに見てものすごく感動をしたのですがこれが普通に海で泳いでいるときに出会うと思うとぞっとしますね。。

しかし人間を襲うという事はなくプランクトンを食べるので動きはゆっくりなんですよね。

マンボウ

少し変な形のマンボウ!

とても大きく出会うと怖いのですが生きているマンボウに出会えたらラッキーと思いましょう!

その理由は何とも生存率が低いから。。。

  • 泳いでて岩にぶつかって死ぬ
  • 海面にジャンプして海に入ると死ぬ
  • 寄生虫に寄生されている。
  • 泳ぐ速度がとにかく遅い。

などなどの驚くべき理由で死んじゃう魚なんです。。

 

ダイオウグソクムシ

え、怖い。。笑

見た目と同じようにカニと同じ仲間の甲殻類です!

体長は1Mまで大きくなり重さは8kgまでなるというから驚きです。

スポンサーリンク

こちらは深海に住んでいるので普通に見ることは出来ないのですが海というのは本当に神秘ですよね。。

スポンサーリンク

ミズダコ

ダイオウイカとは少し違ったフォルムで怖い水だこ。

深海にいるのですがこのミズダコはあの空想上の生物クラーケンのモデルといわれています。

平均の大きさで9m、重さは300kg近くなるとても大きなタコです。

ちなみにおいしくはないようです。。笑

ミナミゾウアザラシ

こっち見ないでほしい。笑

アザラシの中で一番大きい種類なんだそうです。

体重は何と4トンにも及びます。。

気性が荒いわけではなくのほほんとしている性格のようです。

オニイトマキエイ

エイの中で最大級の大きさのエイです。

横の幅は8m、体重はなんと3tという破格の大きさ。。

こちらは大阪の海遊館でも見れるようですね!

リュウグウノツカイ

名前だけを見るととてもなんというか神秘的な名前なのですがなんせ長い。

 

画像を見ても長いというのはなんとなくわかりますが長さは何と11m以上にもなるものもいるようです!

オヒョウ

怖いお魚ですが種類は「カレイ」の一種です。

大きさは3mくらいなのですが一番の驚きは長寿です。

なんと150年も生きたというお話もあるくらいです。

シャチ

水族館でも基本目玉となっているものですがシャチというのは実はとても獰猛な魚なんです。

なんと世界最強の動物とも言われています。。

イリエワニ

海にもいると言われているワニですがなんと最大7m。

出会ったら逃げるしかないんですよね。。

 

もし襲われた時は頑張って後ろに回って上から口を押さえつけましょう!

 

ワニというのは実は口の噛む力は強いのですが口を開ける力は弱いんですよね。笑

最後に

今回は海で出会うと怖い生物を紹介してきました。

しかし海というのはまだまだ神秘が多くて面白いですね!!

スポンサーリンク