「宝くじが当たりますように」

 

誰もが1度は願ったことがあるお願いですよね。

 

毎年やってくる7月7日の七夕を、皆さんは何をお願いしますか。

 

毎回同じ願いを書いている、という人が多いのではないでしょうか。

 

幼いころは「サッカー選手になりたい」「警察官になりたい」「消防士になりたい」と夢は変わるのに、大人になると同じ願いばかりが浮かんでしまう。

 

今年は、いつもと違う願い事を書いてみるのはいかがでしょうか。


七夕の短冊に書く願い事の書き方の注意点は?

出典元:http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2008-07-06

七夕というと、織姫と彦星が年に1回だけ会える日として知られています。

 

二人を引き裂くのは、天の川、と呼ばれ、流れるように光る星たちが有名です。

 

もともと、七夕は「字を書いて、書道や勉学の上達を図る」というのが目的で、短冊を書くようになりました。

 

ですので「健康」や「恋愛」については書かれておりません。

 

現代ではそういった歴史は問題にされておらず、様々な願いが記されています。

 

では、「七夕の短冊は誰に祈るために書いているのだろう」と疑問に思ったことはないでしょうか。

 

上記のように、短冊へのお願い事はもともと、「短冊にでも何でも書いて、努力をする」というのがベースです。

 

あらゆる紙に書くほど、そうなりたい!という強い気持ちを持つことが表れています。

 

ですので、短冊にお願いを書くというのは、誰かにお願いをする、というより、「未来の自分に目標を立てる」というのが目的です。

 

「誰に祈るのか」と言われると、「未来の自分のために、いまの自分が決意表明をする」というのが正しいのです。

 

とはいいつつも、みなさん、私利私欲のために「○○が欲しい」「○○になりたい」と「努力することなく、手にいれたい願い」を書いているのではないでしょうか。

 

これでは七夕の由来に基づいておりませんし、叶うわけないですよね。

七夕の短冊に書いてはいけないことは?

 

出典元:http://illustmansion.com/summer/Tanabata/tanzaku

「いまの自分に決意表明をする」ために書く短冊ですので「~になりますように」「~したい」というお願いはできません。

 

あくまで自分が出来ることを前提に書きましょう。

 

例えば「お金持ちになれますように」という願いがある場合は、「お金持ちになれるよう、転職をする」「お金持ちになれるよう、○○と○○という資格を○月までに取る」というように、自分が具体的に動けるよう書くのがベストです。

 

上記で短冊を書く理由については書きましたが、みなさん「織姫と彦星」のお話を覚えていますか?

 

なぜ2人は1年に1回しか会えなくなってしまったのでしょう。

 

天の神の娘であった織姫は、機織りが得意な女の子でした。

 

そして天の川の対岸に住む、彦星は牛追いをしており、一生懸命働く男の子です。

 

織姫が年頃になったとき、結婚相手として彦星を選ぶのですが、2人はとても仲がよく、一緒に暮らしていると、機織りも牛追いもサボってしまうようになりました。

 

それを見かねた、天の神が「このままではいけない」と1年に1回会うのを約束として、天の川を隔てた別々に住まわせたのです。

 

ですので、2人が短冊に書くのであれば「織姫と七夕に会うために、七夕以外の日は牛追いを必ず頑張る」「彦星と七夕に会うために、七夕以外の日は織物を頑張る」になります。

何かを成し遂げるために、努力をする。

 

これが七夕に短冊を書く原点です。

私たちが短冊を書く七夕には、織姫と彦星は、2人のことで精一杯で、私たちのお願いは聞いていないので、自分の心でお願いしましょうね。

七夕の短冊の願い事の例を大量に紹介!

出典元:http://hosiya.at.webry.info/200805/article_6.html

 

キャリアップ系

・キャリアアップのために、○○(資格名)をとる

・資格をとるために、毎日○時間練習、勉強する

・将来の自分を見据えて、待遇のいい会社へ転職する

・○年以内に昇格する

 

健康系

・今年こそは親知らずを抜く

・数値を改善させるために、食生活を見直す

・風邪をひかないように、基礎代謝を上げるため週1でジムへ通う

・痩せるために、ランニングを毎日30分する

・栄養を採るために、バランスよく3食食べる

・栄養をバランスよくとるために、サプリメントを必ず飲む

・代謝をよくするために、毎日水を2リットル飲む

・代謝をよくするために、ストレッチを30分する

 

勉強・スポーツ系

・偏差値を上げるため、志望校へ受かるため、1日○時間勉強する

・苦手な教科を克服するため、最初からテキストを見直す

・サッカー選手になるために、毎日ボールに触る

・早く走るために、毎日50メートルを5本は走る

・怠けた体を元に戻すために、毎週フットサルへ参加する

 

恋愛系

・同棲、結婚するために1カ月○万円貯金する

・結婚するために、○月にプロポーズする

・結婚するために、○月に告白する

・結婚するために、○月までに連絡先を聞く

・結婚するために、○月までにデートに誘う

・相手を大切にするために、家事を毎日手伝う

・幸せにするために、毎日3回は、笑顔にさせる

 

まとめ

七夕の歴史や、短冊の意味を知ってしまうと「宝くじに当たりますように」と書いた自分が、なんだか欲深い人に思えてきてしまいます。

人間ですから、当たり前のことですが、自分で努力をする、ということを怠らないように、未来の自分に宣言してみましょう。