ヒキガエルは

性格はおっとりタイプでおとなしいのですが

耳腺に強力な毒を持ち

犬などが食べてしまった場合は

最悪死に至るという怖いカエルなのです。

 

 

ヒキガエルの住み家は

森林や農耕地が主ですが

東京都心部にもちゃんと生息しています。

 

 

なので、愛犬との散歩でも

ヒキガエルに遭遇する危険はなきにしもあらず!

スポンサーリンク


ヒキガエルの毒の成分は?

ヒキガエルは寿命は10年ほどもあり

意外に長寿なのです。

 

ヒキガエルは危険にさらされた時などに

耳の後にある耳腺と呼ばれる器官から

白い毒液を分泌します。

 

その毒は、

ブフォトキシン

Bufo(ブフォ)はヒキガエルの学名を

『toxin』トキシンは毒を意味しています。

 

このブフォトキシンは、

  • ブフォタリン
  • ブフォニン
  • ブフォテニン
  • ブファギン
  • シノファギン
  • ガマブフォゲン

などを含む猛毒で

心筋や迷走神経中枢に作用します。

 

 

ヒキガエルの毒の強さは

人間にブホテニンを16ミリグラム以上

静脈内に注射すると

全身の疼痛(いたみ)

顔色の変化(どす黒い)

胸の圧迫感

眼球振盪(眼球のゆれ、瞳孔散大)

知覚力の一時的な変化

 

などが起り、原色の点が見えたりする

幻覚が起こる時もあります。

 

 

犬や猫は少ない量で致死量に達するので

犬の散歩中は特に注意が必要です。

 

散歩中にヒキガエルをくわえた犬が

顔がぱんぱんにふくれあがったりすることもあります。

スポンサーリンク

ヒキガエルの毒を犬や猫がくらった時の対処法は?

このわんちゃん

ゴールデンらしいですが

犬種もわからないほど顔がぱんぱんになっていますね。

スポンサーリンク

 

これがヒキガエルをくわえてしまったわんこなのです。

犬好きの私などは、

「かわいそっ!」

と叫んで抱きしめたくなったりしてしまいます。

 

 

そのヒキガエルを犬などの

小動物がのみこんでしまった場合は、

最悪の場合、2~3時間で死亡

することさえあります。

 

呑み込まないまでも

口にくわえただけで

非常に危険です。

 

ヒキガエルなどいたら

飼い主が良く注意して近寄らないのが

一番ですが

不幸にして口にいれてしまった

場合には、どうしたらよいのでしょうか。

 

犬がヒキガエルを口に入れてしまうと

ヒキガエルは毒を出し

犬はそれを経口摂取してしまいます。

 

そうなると、

  • よだれを垂らしたり、泡を吹いたりするく
  • 痙攣する
  • 吐き気や痺れなどを起こす
  • 顔がはれる
  • 心臓に異常をきたす

などの症状を起こします。

 

 

この対処法は、

  1. まず第一に、直ちにヒキガエルを口から出させる
  2. 次ぎに充分な量の流水で、口の中をあらう(この時は、飼い主はゴム手袋など使った方が安全です)
  3. できるだけ早く動物病院に連れて行く

という順になります。

スポンサーリンク

 

ヒキガエルの毒を人間がくらった時の対処法は?

人間がヒキガエルの毒に

やられた場合の対処法は、

犬の場合と全く同じです。

 

毒がかかった部位を

十分に水で洗い流し

できるだけ早く病院に行くということになります。

 

病院での治療はこのようなものがあります。

  • ソルコーテフなどのステロイドの静脈注射
  • 心電図をモニターしながらプロプラノロールの静脈注射
  • アトロピンによる気道分泌や流涎のコントロール
  • 心調律の不正にはリドカインの投与
  • 痙攣があれば鎮痙剤の筋注
  • 必要があれば酸素吸入
  • 解熱剤の投与

 

結び

ヒキガエルと聞くと

なにやらユーモラスな生き物を想像しますが

これが大変恐ろしいカエルなのです。

 

一番の対処法は、君子危うきに近寄らず

ヒキガエルには近寄らないということのようですね。