夏の風物詩といえば何をおいても一番は「花火大会!」ですよね?

しかしそれは晴れていればこそ。雨が降れば残念ながら花火大会は中止になってしまいます。。

見に行く僕たちは残念だったな。。。と思うものですがもっと深刻なのは花火大会の運営側ですよね??

ではその花火大会が中止になった時の運営の対応や打ち上げられることがなかった花火というのはどうなるのでしょうか?

本日はそこに注目して紹介していこうと思います!


花火大会が中止になった時の花火はどうなる??

やはり一番気になるのは花火の行方ですよね??

先に結論を話してしまうと、、

全て破棄!

ということになります。。

 

なんともったいない。と思うかもしれませんが、花火は一年間持ちません。

 

湿気たりしてしまうと打ち上げることもできなくなりますし、花火というのは置いておくにはとても危険なものです。

 

それならば近くの花火大会にあげれば?と思うかもしれませんが花火大会というのは一年間かけて打ち上げる量や順番。なども決めています。

 

ですので中止になったから花火をあげる!なんていわれると正直ありがた迷惑になってしまうので受け取ってもらえません。。

 

では作った花火は全て無駄になってそれを作るために使ったお金は全部無駄になるの?!

と思うかもしれませんがこんなものがあるんです!!

花火大会が中止になった時のために保険がある??

花火をせっかく作ったのにそれを無駄になってなにも保証がないとなると花火大会は運営できなくなってしまいます。。。

花火がどのくらいの値段がするか知っていますか??

  • 3号玉(開花時の直径100m)が5,000円程度、
  • 5号玉(直径150m)15,000円程度、
  • 7号玉(直径200m)が30,000円程度
  • 尺玉と呼ばれる10号玉(直径280m)が100,000円程度

なんですよね。。

これがそれぞれの大きさの一発の値段ですからどんなけ小さくても1000発以上、大阪のPL花火は2万発、日本一多い花火大会ですと4万発なんてものもありますからその総額はそりゃどぎついものになりますよね??

 

これが雨のせいで中止になるとすべて無駄になると考えると花火大会が1年中止になるだけでその損害被害が甚大になりますので二度と花火大会が開催できなくなります。。

それを防ぐ為に花火を作る際には「興行中止保険」というのをかけるんです。

読んで字のごとく何か祭りやイベントが中止になった時のための保険になります。

コンサート、演劇、スポーツ大会、お祭り、花火大会等の興行(イベント)が、悪天候、出演者の傷害や疾病による出演不能、交通機関の事故等の不測かつ突発的な事由により中止や延期を余儀なくされた場合に、興行の準備のために既に支出していた費用や、中止や延期に伴い臨時に支出が必要となった費用に対して保険金をお支払いします。 出典元 三井住友海上

という事ですがいったいどのくらい保険で降りるのでしょうか??

保険ですのでかける値段などによりますが費用の

最高90%

が保険で降りるようです!

1000万費用で掛かるとして中止になると900万かえってくるという事ですね!

こちらの保険は花火玉にかかる費用だけではなくて、

  • 会場使用料
  • 選手招待費
  • スタッフ交通費
  • 人件費
  • 広告宣伝費
  • 警備費用等

まで保険の内容に入るようですね!!

確かにこれらも考えると保険に入っていないと考えるとぞっとしますよね。。。

しかし花火職人さんは観客たちに花火を見てもらうために花火を作っています。

花火大会の運営者も同じように僕たちを安全に花火を見れるようにしてくれています。

保険会社もおそらくは保険は-になりますので何事もなく大会が開催されてほしいと思っているはずです。

花火大会は花火を見るためだけでなくいろんなところが絡み合って花火大会というのは開催されていると痛感してみれて少しだけ見方や価値観も変わってきますよね?

最後に

今回は花火大会が中止になった時の花火などについて紹介してきました!

出来れば今年の花火大会はどこも中止にならないことを祈っています!