もうすぐ梅雨の時期がやってきますね。

ジメジメとして嫌な季節です。

ですが、ある生き物にとっては、

パラダイスのような季節でもあります。

その生き物とは、アマガエルです。

みなさん、一度は見かけたことがありますよね。アジサイに乗っている姿は可愛いです。

梅雨の時期と言えば、アジサイとカエル。

見た目は確かに、愛嬌があって可愛らしいかもしれませんが、実は、そのカエルの中でもを持つものがいるってご存知でしたか?

可愛いからと言って、うかつに触ると最悪の場合、失明してしまうかも…!?


アマガエルの毒の成分は?

出典元:https://pepy.jp/4171

アマガエルは、どんな毒を持っているのでしょうか?

アマガエルに限らず、イモリなどを含めた両生類は、

抗菌性を持った物質を持っています。

自分の身をバイ菌から守るための手段として、分泌されている物質がどうして毒と言われるのでしょうか?

実は、この抗菌剤としても使われている物質は、天敵から刺激を与えられると、体外に分泌します。

すると、その物質に触れた生物の細胞を溶かしてしまうのです。

この細胞を溶かす性質が、毒と言われる所以なんです。

人間がアマガエルの毒をくらうと失明するの?

出典元:https://pixta.jp/tags/

では、この毒を人間が誤って触ってしまい、

その毒のついた手で目をこすると、

失明してしまうのでしょうか?

実際のところ、アマガエルの毒は人体にとっては

そこまで強い毒ではないようです。実際に失明した人がいるという報告も耳にしません。

ですが、確実に、アマガエルの皮膚から分泌されている物質は、細胞を溶かす作用を持っています。

もし、目に入ってしまったら、刺激痛がします。

万が一、目の中に、その毒が入ってしまったら、どうしたらいいんでしょうか。

人間がアマガエルの毒を食らった時の対処法は?

もしも、アマガエルを触った後に、目をこすり、

目が痛いと感じた時には、

すぐに大量の水で目を洗ってください

出典元:https://www.irasutoya.com/2014/06/blog-post_397.html

それでも痛みが強いようなら、迷わず

眼科に行って医者の治療を受けてください

出典元:http://www.uehara-hata-eyeclinic.jp/first

 

アマガエルの毒は比較的弱いということが

知られていますが、その情報だけを信じて

「弱い毒だから大丈夫でしょ!」

安心しきるのはやめましょう

大事になって、万が一失明してしまったら、

もう元には戻れません

アマガエルの毒を食らわないようにする予防法は?

では、アマガエルの毒の影響を受けないようにするには、

どういったことに注意する必要があるのでしょうか。

まずは、大原則。

アマガエルを素手で触らない

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2141290300896391201

アマガエルを見かけても、素手で触るのはやめましょう。

小さいお子さんがいらっしゃるときは、

好奇心からアマガエルを触ってしまう可能性は大です。

その場合は、すぐに手を洗わせるようにしましょう。

お子さんは、ただでさえ体を守る力が

大人に比べ弱いため、しっかりと目を離さず

アマガエルの毒から守ってあげないといけません。

 

アマガエルは、湿った環境を好みます。

そのため、田んぼや水路に生息している場合が多いです。

梅雨の時期になると、どこでも見かける可能性はあるので、

なかなか対処しづらいですが、

基本的に、そういった湿った場所に行って

むやみに手を突っ込んだりしない

ことも予防策の一つです。

出典元:https://www.pakutaso.com/20120425111post-1405.html

犬は、散歩中にアマガエルを食べてしまうことも

よくあります。

その食べてしまった口に、毒がついていて、

その舌で顔とか手を舐められると、

間接的に毒が皮膚に付着します。

梅雨の時期には、なるべく、丈の高い草むらや、

水路の中など、湿気の多く、

アマガエルが生息していそうな場所には

犬の散歩に行かないようにしましょう。

大切なワンちゃんの健康を守るためにも、

散歩中は細心の注意を払うようにしてください。

出典元:https://pepy.jp/6624

最後に

最後に、アマガエルよりも強い毒を持つ、

本当に気を付けなければならないカエルを紹介します。

その名も、ヒキガエル

あれ、よく聞く名前じゃん!!

と思った、そこのあなた!

その通りです。

緑色のアマガエルじゃなくて、

土色の愛嬌はあまり無い、あのヒキガエルは、

実は、かなり強い毒を持っていることが

知られています。

この毒は、神経系・ステロイド系の毒のため、

もし誤って口の中に入ってしまった場合には、

嘔吐下痢、最悪の場合には心臓発作

引き起こす可能性もあります。

犬や猫が誤って食べてしまって、その毒のせいで

命を落としてしまったケースもあるんです。

こちらの方でヒキガエルの毒性も書いていますので合わせてお読みください!

ヒキガエルの毒性の成分は何?犬や人間がくらった時の対処法は?

カエルの形をした可愛いキャラクターの影響が

強いのか、カエルというとなんだか

可愛らしいイメージがありますよね。

 

ですが、実際は、毒を持っている生き物なんです。

むやみやたらに触って、健康被害を出さないように、

カエルに対する正しい知識を持っておくことは必須です。

 

体の弱い小さなお子さんや、大事にしている

家族同然のペット達、それに自分自身を

毒から守るためには、

近づかない

触ってしまったら手を洗う

痛みが強いようなら迷わず病院に行って

治療を受ける

これらのことを、徹底してください。