寒い冬も終わり、桜も散ってしまった今日この頃。

 

とても過ごしやすい気候になってきましたね♪

 

ただ、暖かくなるにつれて、蚊に刺されやすい人にとっては特に憂鬱な時期になります。

 

耳元で「ブーン」と蚊が飛んでいると思って撃退しようと構えても探すけど、

 

なかなか見つけ出せないことも・・

 

こんな時に蚊を効率的におびき寄せたら!いいですよね。

 

蚊の習性を知ると意外と簡単にできますよ。

Sponsored Link


蚊をおびき寄せる方法は?

参考元:https://hacklady.info/2017/07/01/蚊の音で寝れない時の対処法%EF%BC%81扇風機・薬剤・聞/

最初に、蚊の習性を知っておくことです!

蚊の好きなものといえば、

  • 二酸化炭素
  • 体温

などがあります。

運動直後や飲酒後、肥満体質により汗をよくかく人、赤ちゃんなどの体温が高い人に集まりやすいと言えます。

その他にも、

・明るい場所を好む

・黒い色を好む

という特性を持っています。

蚊が黒い服を着ている人に集まりやすいなど、知っている方もきっと多いはずです。

 

これらの蚊の特性を踏まえて、考えられるおびき寄せる方法は♪

 

①温度の高い場所を意識し、ケーブル周りやコンセントなど温度が高めの場所を探してみましょう。

②テレビをつけて蚊が画面につくのを待ちましょう。

③壁や天井で休んでいることも多いので、部屋を明るくしてよく見てみましょう。

是非試してみてください。

蚊をおびき寄せたところで退治しよう!

参考元:http://toshisuzuki.com/2015/08/04/ka/

蚊は止まっているとき、後ろ足を上げた状態でいるそうです。

その上げた後ろ足には「感覚毛」と呼ばれる高感度センサーがあり、

それが空気の流れを感じます。

 

人間が蚊をつぶそうとして近づいてきた際、後ろ足で空気の流れを察知するので、

蚊に手が届く前に蚊に逃げられてしまうのです。

 

「いかに蚊に空気の流れを感じさせないか」

 

が決め手になってくるのですが・・

その方法が実は存在するんです!!

「透明のコップ」を持って、静かに近づき、できるだけ蚊の下の方からコップを持って行って蚊にかぶせると、蚊を捕獲できるようです。

その理由は、

透明・・・色付きのものより蚊に気づかれにくい

蚊の下の方・・・止まっている蚊は上の方を見る習性があるから

コップ・・・手に比べると空気が乱れにくい

からです。

透明の紙コップなどを使って、簡単に試せると思うので、挑戦してみてくださいね♪

 

その他にもいろいろな蚊を退治するグッズが存在します。

その中でもおススメのものを載せておきます♪

 

蚊取り線香

ピレスロイドという成分が殺虫効果をもちます。

効く範囲は6畳くらい。

効果範囲はおよそ半径2~3メートル程度なので、庭の作業やキャンプなどに向いています。

いろんな香りバージョンが出ているようですよ。

 

スプレー

電気も電池も火も使わない。

1日1プッシュするだけの簡単蚊取りスプレーです。

蚊を駆除する効果が約12時間持続し、お部屋から蚊がいなくなります。

 

殺虫ラケット

スーパーなどでも、数百円で売られていて、手軽に購入できます。

蚊が金網に触れると、「バチ!」や「パーン」という大音響とともに、

高圧放電の白い火花が飛び、一瞬で蚊は感電し、死んでしまいます。

無臭なので、環境にも優しく、健康的に安心して使えます。

Sponsored Link

見えない蚊をおびき寄せる効率的な商品は?

どこでもベープ

火の心配や、熱の心配などありません。

いつでもさっと使うことができます。

詰め替えに90日用や120日用などもあり、一度セットすれば、長期間交換しなくていいので、大変便利です。

 

吸引式蚊取り器

誘虫効果のあるブルーライトが点灯時には、よりオシャレな照明になります。

二酸化炭素で蚊をおびきだすので、逃がさず捕まえられる上、嫌な臭いもしません!

小さいお子様やペットのいる家庭でも安心して使うことができる、優れものです♪

結び

蚊には、二酸化炭素や、汗、明るい場所などいくつか好むものが存在します。

その特性を利用した、テレビをつけて蚊が集まるのを待つなどの方法で、蚊をおびき寄せましょう!

おびき寄せたところで、画期的なグッズの力を借りて、蚊を退治しましょう!!

蚊をやっつけるグッズは、臭いや、お値段など様々なものがあります。

あなたがどの程度蚊に悩まされるかによって、どのグッズにするか決めてみてください。

きっとこれで、この夏、快適な生活を送れること間違いなし♪

Sponsored Link

コメントを残す