2017年は、多摩川の花火大会が、ゲリラ豪雨となり、暴風雨で悲惨な花火大会になった、と有名になりました。

 

テレビでも多く報道されておりましたが、花火大会が行われる時期は、台風とも重なりやすく、延期や中止になることも少なくありません。

 

そのため、花火大会の日程をずらす、という案も出ているそうです。

 

雨の被害にあう前に、事前に中止になればいいのですが、中止になる条件とは決まっているのでしょうか。

 

これを見て、今年は天候に一喜一憂されることが無いようにしたいですね。

Sponsored Link


花火大会が雨で中止になる条件は?

出典元:https://httsfield.exblog.jp/11797187/

花火大会が中止になる条件としては、「花火を打ち上げることに関する」法律に条件が載っています。

花火は火薬を使うので、火薬の取り扱いについての法律を守る必要があります。

 

詳細については環境局のHPにも記載がありますが、風については、

地上風速7メートル以上ある強風が10分間以上続いた場合は、安全に火薬が消費されない恐れがあるので、煙火の消費を中断もしくは中止する必要がある、とのことです。

雨については、煙火の消費場所を含む地域に、大雨警報若しくは、洪水警報が発令されているとき、または大雨注意報・雷注意報が発令されており、煙火の消費が十分に行われない場合は、中断もしくは中止する必要がある、。

 

どちらにせよ、法律上の条件としては、花火大会開催時の天候によるものが多いので、事前に中止になるものとは言えません。

浴衣などの用意もありますし、早めに分からないのでしょうか。

 

花火大会が中止になる時はいつ決まる?

出典元:https://httsfield.exblog.jp/11797187/

こちらも上記同様、火薬を使用するためには、事前に申請を行う必要がありますので、主催者側が行っています。

提出書類のなかには、「煙火消費の中止判断時刻」という記載があります。

そこには「○月○日○時に責任者が中止と判断する」と書かれており、その日程は主催者が記入しております。

これはだいたい、花火大会の公式ホームページに掲載されていることが多いです。

Sponsored Link

 

例えば、土曜日の夜に花火大会が行われる予定だったが、台風が近づいていた場合、提出する計画書に「金曜日の19時に判断」されていれば、いくら台風が早く過ぎ去ってしまおうと、金曜日の夜の判断が決定となります。

 

一度中止となったものを、「やっぱやーめた。やろう!」は出来ません。

 

花火大会は、花火を打ち上げるだけでなく、トイレの設置や、現場設営、交通整理などの費用がかかっています。

 

事前に報告することで、防げる費用というのもでてきます。

 

ですが、主催者側も中止にしたくないのが本音です。

 

特に、せっかく作った花火は、直前の中止であれば湿気を吸ってしまうため、使い回しがききません。

 

1年間花火師さんたちが、丹精込めて作った花火は、空に打ち上げられることなく、廃棄となってしまうのです。

 

そんな残念なこと、主催者側も、観客も、もちろん花火師さんが一番したくないですよね。

そのため、この計画書に記載されている日時は、前日よりも「花火大会当日の朝」が記載されている場合が多いです。

早ければ早いほど観客としては準備が早く出来るものの、楽しみにしていた分、最後まで粘りたいですよね。

花火大会は、地域住民の夏の風物詩ですし、家族で見たり、恋人と見たり、友人と見たり、思い出が作れる絶好のチャンスです。

Sponsored Link

花火大会が雨以外の天候で中止になる時はある?

出典元:https://woman.excite.co.jp/article/love/rid_Cafegoogirl_17800/

雨の他には、上記にも記載の通り、暴風でも中止になります。

また近年では、雷なども多く見られます。

 

2017年の多摩川花火大会では、暴風雨とともに、落雷によるけが人も発生しており、「たかが雷」では済まされない事態です。

 

少しでも雷雨の可能性がある場合、近年は主催者の責任も問われるので、花火大会を強行するわけにはいきません。

 

花火大会自体に「予備日」が設定されておれば、主催者も延期を決断することが出来ますが、場所の問題や、屋台・アルバイトのスタッフの兼ね合いもあるので、判断が難しいです。

 

もしかしたら、他の場所でのお祭りや花火大会が決まっていた場合、せっかく見に行ったのに、屋台が少なかったり、現場の状態が不十分な場合もあります。

 

延期になった花火大会は、ある程度、持参するのもいいかと思います◎

 

もし、前日が雨であれば、河川敷で行われることが多い花火大会は、ビニールシートなどを持参するようにしましょう。

まとめ

子どもも大人も、夏の1番の思い出になる花火大会。

大人になっても地元の花火大会と聞くと、なんだかウキウキわくわくしてきます。

街全体が盛り上がっているあの日がとても懐かしいですね。

ですから、中止になんてなってほしくないのが本音です。

多くの人が残念な思いをするぐらいなら、雨や台風が少ない時期に行うのも、アリかもしれません。

いつか、花火が夏の思い出じゃなくなってしまう日がくるんでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す