皆さん,セミを食べたことはありますか?

おそらく,ほとんどいないと思います。

昔は,日本でもよく食べられていたそうですが,今ではほとんど食べることはないですね。

実は,現在日本では,ひそかに「昆虫食」というブームが来ているみたいです。

セミは東南アジアや中国ではよく食べられており,調理すると美味しいのかもしれません。

 

しかし,だからと言って「中国では食べられてるんか,じゃあ食べてみようかな」という発想は危険です

 

外国ではよく食べられているセミですが,実はセミには「寄生虫」がいるんです!

 

今回は,セミについている寄生虫についてご紹介し,食べるときの注意点について解説していきます!

Sponsored Link

そもそもセミって食べれるの?

出典元:http://wakuwaku-days.com/wp-content/uploads/2016/07/kinosemi.jpg

まずこの記事を読んだ際に,「そもそもセミって食べれるの?」という疑問が沸いた人が多くいるかと思います。

 

単刀直入に言うと,セミは食べれます。

 

先ほども述べましたが,セミは中国や東南アジアなどで主に食されています。

 

中国や東南アジアはもともと昆虫食文化があるので,セミを食べることはさほど珍しいことではないようです。

 

中国では数年前からセミ食ブームが起きており,一時は1日で数トンものセミが消費されていたみたいです。

 

さらに,アメリカでもセミを食べることがあるようです。

アメリカには,「素数ゼミ」という種類が生息しており,13年・17年周期でセミが爆発的に大量発生するのです。

 

その際には,セミを使用したアイスクリームが売られていたんだとか。

かなり売れたみたいです。

 

セミの栄養素は,高たんぱく・低脂肪であるようで,体に良いと評判だったそうです。

 

セミには寄生虫がいる?

出典元:http://file.mushikurotowa.cooklog.net/P8090677.JPG

セミには「セミヤドリガ」というがの幼虫が寄生することが多いようです。

チョウモ目・セミヤドリガ科に分類されるガの一種で,名前の通りセミに外部寄生する特異なガです。

 

セミのお腹に寄生し,白い色しています。目で見ることができますが,かなりグロテスクです。

セミの体液を主に吸っているようですが,体液を吸うための特別な構造をしているわけではなく,どのように吸っているかはいまだ謎のようです。

 

寄主はセミの中でもヒグラシに寄生することが多いようです。

さらに,オスよりメスへの寄生が多いことが分かっています。

 

また,セミには「冬虫夏草」という寄生虫もよくいるそうです。

冬虫夏草とは,セミやクモなどの昆虫に寄生したキノコの総称です。

寄生虫というよりかは菌というイメージが強いですね。

 

セミが孵化し幼虫となって土に潜って木の根っこの樹液を吸って成長するころ,冬虫夏草の筋がセミにつくと,菌はセミの体内に侵入し豊富な栄養分をぐんぐん吸収し,育っていきます。

 

冬虫夏草がセミに寄生すると,セミの幼虫が必死に地上にで湯としても,地上につく前に菌のせいで死んでしまうことがあるようです。

 

そうして,長い冬の間にセミの中で成長した菌は「冬虫」と呼ばれ,そのうち発芽し,草になります。

これを「夏草」というのです。

 

様々な虫に寄生する冬虫夏草ですが,セミにしか寄生しない,「セミタケ」などが存在するように,菌の種類によって植物の種類も決まっているようです。

Sponsored Link

セミを食べるときには寄生虫は大丈夫?

 

出典元:http://livedoor.blogimg.jp/d_v_osorezan/imgs/a/f/afff2489-s.jpg

セミ食文化のある中国では,セミを食べる際に素揚げにしたり,煮付けたり,ゆでたりして食べるみたいですね。

 

一般的な調理方法としては,油で揚げたり,ゆでたりするといったように火を通すことが多いです。

 

この火を通すという調理方法は,ただ美味しいからという理由だけではないんです。

そうです。セミに寄生している寄生虫を退治するために火を通すのです。

 

セミに限らず,魚や肉にも寄生虫が存在するように,昆虫を食べる際には寄生虫を退治することが非常に重要なんですね。

 

寄生虫の中には,食べてしまうと人間の体に害を及ぼす寄生虫もあります。

セミを含む昆虫を食べる際に起こりうる危険性としては,

 

・サルモネラ菌,ボツリヌス菌,ノロウィルス等の微生物による食中毒

・自然毒や化学物質による食中毒

 

などがあります。

 

食中毒や寄生虫の害を防ぐためには,

 

・調理前の手洗いの徹底

⇒セミを触った手に寄生虫がついているかもしれないから

・調理器具の洗浄・殺菌

⇒寄生虫や菌は熱湯消毒をしないとなかなか死滅しないから

 

・調理後すぐ食べる

 

というものが注意点になりますね。

Sponsored Link

もし人間の体内に寄生虫が入った時の対処法は?

出典元:https://pff.jp/jp/award/works/1988_gakuzen.jpg

もし,セミを食べた後に体調が悪い,急な腹痛などの異変が起きたら,寄生虫が体内に入り込んだ可能性があります。

 

その場合は,一刻も早く病院にいき,検査を受けましょう。

腹痛等の異変を我慢していたり,自己治療しようとするとかえって悪化させる危険性があります。

 

病院に行けば,薬等を処方してもらえます。

最悪の場合,体内に入り込んだ寄生虫を取り除くために,小腸内視鏡などを用いる特殊な検査をすることもあります。

 

何かあってからでは遅いので,異変を感じたら,すぐに近くの病院で受診をしましょう。

 

先ほども述べましたが,寄生虫が体内に入り込むことを予防するために,しっかりと加熱処理をしましょう。

加熱処理がしっかりできていれば,寄生虫が体内に入り込むことを未然に防ぐことができます。

 

最後に

いかがでしたか?

セミは食べ方に気を付ければ,おいしく食べることができます。

先人の知恵によって,食べれるということが証明されてきたわけですから,ある意味信頼性のある食べ物ともいえます。

 

しかし,先に述べたように寄生虫などの危険性もあるので注意が必要です。

 

寄生虫の話に関しては,セミに限ったことではありません。

生肉や生野菜など,不用意に食べることはとても危険です。

 

自分の身を守るために,対処方法をきちんと調べ,未然に危険を予防することが大切です!

 

皆さん今後セミを食べる機会があれば,気を付けて食べるようにしましょう!

 

それでは!