「暑い!」

 

2018年は4月にすでに夏日が7回も観測されるほど、気温の上がる日が多くなってきています。

 

最近まで寒かったのに、なんでもうこんな暑いの!?とみなさん思ってみえませんか。

 

羽毛布団も、こたつも、もういらない!次は扇風機と冷房の出番です。

 

でもまだ、夏とはいえないし、早すぎないかな?というあなた。

 

冷房解禁の目安にしてはいかがでしょう。

Sponsored Link

冷房はいつからつけるのがいい?

出典元:https://azukichi.net/season/summer.html

多くのご家庭での、冷房をつける・つけないの基準は「扇風機で補えなくなっていたら」というのが体感的には多いようです。

 

ただ、それだとご家族個人の体感温度によっては、大きく差が出てきてしまいます。

 

ですので、外気温で決める、もしくは、日付を決める、というのをとっている人が多いです。

 

例年、ゴールデンウィークあたりに、一度気温が下がり、急激に冷えることがあります。

 

外気温でいうと5~10度も気温が下がることもあるので、冬用の暖房器具は、ゴールデンウィークまで残しておく、という人も多いです。

 

また、全部残しておくのは邪魔だし、という方は「こたつだけ残す」という手を取られているかたもみえるそうです。

 

そのため、冷房についてもゴールデンウィークまでは必ずつけない、という人も見えます。

 

ですが、ゴールデンウィークを過ぎると、今度は梅雨がきて、肌寒い日もまだまだあります。

 

そのため、多くのご家庭では「7月に入ったら」という制限を設けているご家庭が多いようです。

 

ただこれは、住んでいる地域によっても大きく異なります。

 

最近は東北でも暑い日が例年ありますが、冷房を必ずかけなければいけない、なんてことも少ないんじゃないでしょうか。

 

冷房を付けるのに外の気温は何度以上?

出典元:https://www.irasutoya.com/2017/08/blog-post_741.html

日にちを決める、では7月に入ったら、というご家庭がありましたが、気温で決めているご家庭は、何℃を基準にしているのでしょう。

 

それは、人間が暑いと感じる気温に関係しています。

 

人間は8~14℃寒いと感じ、15~22℃肌寒いと感じ、23~27℃ちょうどいいと感じ、28~37℃暑いと感じるようになっています。

 

そのため「28℃を超えたら冷房OK」と設定しているご家庭もあります。

 

特に、主婦の方なんかは、外気温関係なく、火を使い料理をするので、外が28℃もあった時点で、料理意中は暑いですよね。

 

稀に冷房を23℃に設定している人もいますが、多くの人はそれを肌寒く感じるようになっているので、ご自身だけでなく、ご家族の体調を見ながら判断しましょう。

 

冷房をかけると電気代が…という方も見えますが、暑い空気のなかにいると熱中症になってしまいます。

 

体調が悪くなったり、酷いと死に至る熱中症のことを思うと、体調には変えられません。

 

あなたが「暑い」「寒い」と感じるのと同じで、体感温度は人によって違い、それに耐えれるかどうかも人によって違います。

 

多くのご家庭で、しっかりつける気温や、設定温度については確認しあってくださいね。

Sponsored Link

冷房を付けるのに外の湿度は関係ある?

出典元:https://www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_9774.html

例えば、梅雨の時期に、気温は低いけど、じめじめしているので蒸し暑く感じる、ということはありませんか。

 

そういう時に、エアコンの冷房の機能を使う方は多く見えます。

 

ですが、外の気温が例えば27℃で、設定温度が26℃ですと、温度を下げる幅が少ないので、冷房機能がいったんストップしてしまい、湿度が上昇してしまうのです。

 

そうすると、エアコンをつけたけれど、蒸し暑さは変わらない、もしくは今まで以上になってしまうのです。

 

そういう時はどうすればいいか。

 

答えは簡単で、「除湿機能」を使えばいいのです。

 

除湿機能はその名の通り、湿度を抑えてくれる機能です。

 

外の気温が低いときに冷房の設定温度を下げるより、除湿機能を使ったほうが、じめじめするのは収まります。

 

特にお子さんがいるご家庭なんかは、湿度を気にしながら生活してみえると思うので、御参考にしてみてくださいね。

 

冷房を付ける前に気を付けることは?

出典元:https://smaclub.jp/archives/78315

まず1番気をつけてほしいのは、エアコンの掃除です。

 

昨年使ったっきりつけていないというご家庭はもちろんですが、冬場使ったご家庭もしっかりチェックをしてください。

 

エアコンのフィルター掃除はもちろん、エアコンガスがなくなっていないか、羽部分が汚れていないか、などしっかり掃除をしてからでないと、ハウスダストの原因にもなります。

 

簡単な洗浄スプレーなども多く発売されています。

 

また、家事代行を行っている会社でも、代理で掃除をしてくれるのもあります。

 

夏が始まり、エアコンをつける季節になると、思い立ったようにみなさんご予約が入りますので、お早めにご検討してみてください。

 

その際は、リビングだけでなく、寝室や子供部屋などもエアコンも忘れないように。

Sponsored Link

まとめ

各ご家庭によって様々な違いがあるかと思います。

ちなみに私は東海圏に住んでおり、ゴールデンウィーク前にヒーター類を片づけて、代わりに扇風機を出し、ゴールデンウィークには、こたつを片づけます。

ゴールデンウィークが過ぎて、3日連続「暑いな」と思ったら、次はカーペットを片づけます。

そして、7月までは扇風機+フローリングで過ごし、7月に入ったら解禁というようにしています。

カーペットと同時期ぐらいに、布団もタオルケットへ変更するようにしていますよ。

良かったら、御参考にしてみてくださいね。