蝶 「あっ! 蝶々だ! きれいだなぁ・・・」

蛾 「おぇっ! 蛾だ! キモイなぁ・・・」

 

と、これが蝶と蛾に対しての一般的反応でしょうね。

 

実は、蛾も蝶もほとんど違いはないに等しいのです。

 

見た目でも、蝶はきれいで蛾はきたないとは限りません。

 

蝶でもきれいでない蝶は幾らでもいますし、蛾でも蝶以上に美しい蛾は沢山います。

なのにあからさまなこの差別・・・

蛾にしてみれば、

「蛾もチョウ目(鱗翅目)だ。 蛾にも蝶権を! いわれのない差別には断固反対する!」

と、プロ市民を雇ってデモ行進をしたいところでしょう。

しかし、現実は厳しく、ほとんどの人間は蛾は気持ち悪いと感じてしまうのです。

そこで今回は、蛾を気持ち悪いと思うのはなぜなのか、なぜ蝶とは人間の好感度が違うのか、そのあたりを考察してみました。

Sponsored Link

蛾をなぜ気持ち悪いと思ってしまうのか?

蝶は美しいと愛でるのに、蛾はなぜ気持ち悪いと思ってしまうのでしょうか?

蝶も蛾も分類学上は、節足動物門・昆虫綱・チョウ目(鱗翅目)で違いはなく、目の下の分類の『科』で、

セセリチョウ科、アゲハチョウ科、シロチョウ科、シジミチョウ科、シジミタテハ科、タテハチョウ科に属するものだけを『蝶』と呼び、その他は全て蛾

になります。

つまり、生物学的に見ると、

蛾も蝶もほとんど同じ

なのですね。

日本にはチョウ目の昆虫が3,500種類いますが、蝶と呼ばれるものはたった250種類で、残りは全て蛾とされています。

世界全体で見ると、蛾の種類はチョウの20から30倍もあるそうなのです。

となると、蛾が嫌われるのはなぜなのでしょうか?

やはり見た目の気持ち悪さのためとしか考えられません。

しかし、冒頭で書いたように、蛾にも蝶以上に美しい蛾も沢山いるのに、なぜそれが人の気持ちに反映しないのでしょうか。

これまた不思議なところですね。

ひとつには、人間側の思い込みのためだと思います。

蛾=キモイ

という先入観があるため、蝶以上にきれいな蛾もいることに気がつかず、一般的な蛾のイメージでしか、蛾を見ないのです。

上の画像は蝶ではありません。

立派な蛾なのです。

次項にある画像も蝶ではなく、蛾です。

これらの蛾をキモイと思う人は、まずいないでしょう。

現在では同性の愛も市民権を得つつあり、性同一性障害という言葉も広く知られるようになってきました。

それでも同性の愛に対する一般的な印象は、

キモイ!

が大半でしょう。

実は私もその一人です。

悪いこととは思わないが、気持ちよくはない、というのが実感なのです。

性同一性障害或いは同性の愛の人々は、ものを盗んだり、人を傷つけたり殺めたりするわけではありません。

単に、普通の人とは少しばかり性に対する感覚が違うと言うだけのことなのです。

それでも、悪いこととは思わないが、気持ちよくはない、という感覚は変わりません。

蛾に対する第一印象も、これに近いものかも知れませんね。

蛾も特に人間に害を与えることは、ほとんどないでしょう。

でも、悪くはないが気持ちはよくない、という感覚は、そう簡単には捨てられないのだろうと思いますよ。

Sponsored Link

蝶と似ているのになぜ好感度が違う?

蛾は小さな違いは別にして、外見も生態も蝶とほとんど変わりません。

なのになぜか、人間の持つ好意度はまるで違いますね。

では、蛾と蝶の違いとは、どんなものがあるのでしょうか。

蛾と蝶の一般的な相違点をリストにすると、こんな具合になります。

Sponsored Link

蛾と蝶の一般的な相違点
条件
外見地味美麗
活動する時間帯主として夜昼間
とまる時の羽広げるたたむ
触角の先櫛状又はとがっている棍棒状
腹部の太さ太めスリム

但し、これはあくまでも『一般的』な例で、蛾にせよ蝶にせよ、例外も多数あります。

たとえば触角については、熱帯にいるカストニアという蛾は、蝶と同じ棍棒状の触角をしています。

又、タテハチョウの多くは蛾と同じように、羽を広げてとまります。

外見にしても、蛾はブス、蝶はキューティとは限りません。

前項で書いたように、蝶より美人の蛾は幾らでもいますし、蝶にも不美人は多数います。

腹部の太さについても、蛾の中には蝶と同様のスリムな体型の蛾も多数います。

活動時間帯にしても、日中に活動する蛾もいれば、薄暗い時間帯に飛ぶ蝶もいます。

こうして見ますと、上記のリストを適用しても、蛾と蝶はそう簡単には見分けがつきませんよね。

結局の所、蛾と蝶は同じ鱗翅目ですし、区分けするのは困難なのです。

そのため、フランス、ドイツ、インドネシア、ネパールなどでは、蛾と蝶を区別せず、同じ言葉を使っているのです。

となると、人間の蛾と蝶に対する好意度の違いとは、

単に、人間側の思い込み、先入観によるものにすぎない

ということになります。

つまりは、人間社会での同性の愛、性同一性障害と全く同じことなんですね。

好感度などというものは、そんなもんです。

So It Goes・・・

Sponsored Link

蛾への好感度を上げるためには?

そもそも、なぜ蛾への好感度を上げる必要があるのでしょうか?

ある人が蛾への好感度が低くても、特に重大な支障があるとも思えませんし、好感度を上げる必要性を感じないのです。

ならば、蛾への好感度が低いままでもよいのではありませんか?

世間にはこんな人もいます。

蛾売りおじさん

という人です。

蛾売りおじさんのモットーは、

「蛾売りおじさんは、蛾の刺繍ブローチや絵画作品を制作しています。蛾の印象向上に努めて参ります」

というものです。

? これだけではなんのことやらさっぱりわかりませんよね。

どういうことなんでしょうか?

まずご本人ですが、自称『おじさん』ではありますが、

20代後半の女性です!

残念ながらご本人の画像はありません。

なぜ蛾売り『おじさん』を名乗るかについては、数年前に、ヒゲにハマっていた時期があったそうです。

その時期に、『世界ヒゲ選手権』という大会があり、世界各国のヒゲにとんでもなく深いこだわりを持った人たちの姿を見たのがきっかけだそうですよ。

その影響でイベント参加時につけヒゲをしたいと思い、そのため『おじさん』を名乗ることにしたとのことです。

ではなぜ『蛾』なのかについては、元々虫好きで芋虫が大好きだったそうで、その後運命の出会いが・・・

ある時、大きな蛾に出会って、そのモフモフとした胴体、黒くてクリクリとした瞳、うさ耳のような櫛形触覚、高級絨毯のような美しい翅……! そのすべてに、一目惚れのごとくぞっこんに惚れ込んでしまいました。

とのことです。

蛾売りおじさんは、蛾のことを『愛らしい方』と呼ぶのだかとか。

愛らしい方・・・

黒くてクリクリとした瞳・・・

そのモフモフとした胴体・・・

はぁ・・・

としか言い様がありませんね。

でも、どうしても、なにがなんでも、なんとしても、どんなことをしてでも、蛾に対する好意度を上げたければ、この蛾売りおじさんにあやかってみるのも良いかも知れませんよ。

蛾売りおじさんのTwitter

蛾売りおじさんのガブログ

 

結び

これまで書いたように、蛾と蝶はほとんど違いがありません。

まるで同じものと言ってもよいでしょう。

なのに人間側の好意度には大差があるのです。

蛾にしたら、「これは差別だ!」と叫びたくなるでしょうね。

そこで今回は、なぜ蛾を気持ち悪いと思うのか、どうして人間の好感度が蝶と違うのはなぜなのか、そのあたりを書いてみました。