時々蛾の大量発生というニュースを見ますね。

 

大量発生の立役者はマイマイガやメイガですが、他の蛾も大量発生することがあるそうです。

 

樹木や家の壁に蛾がびっしりという画像を見ると、特に虫が苦手という人でなくてもゾッとしてしまうでしょう。

 

しかも、蛾は幼虫の時には毒針があるものが多く、成虫になってもその毒針が残っている種類もあります。

 

見た目がキモイだけでなく、植物や食物を食い荒らされたり、毒針に刺されたりする実害もあるのです。

 

そこで今回は、蛾の大量発生の原因や駆除の方法、大量発生させないための対策などを調べてみました。

蛾の大量発生の原因は?

蛾の大量発生の根本的原因は、マイマイガにしてもメイガにしてもわかっていません。

 

そのために、抜本的な対策も取れず、発生現場での駆除や餌になるものを片付けるといった、当座の対策しか行えないのが、現状です。

 

マイマイガは約10年周期で大量発生し、2~3年継続する傾向があるとされています。

 

しかも、大量発生が納まるのは、なんと

ゾンビウイルス

の活躍?によるのです。

 

ゾンビウイルスは、正式にはバキュロウイルス科のウイルスですが、これがマイマイガの天敵です。

 

その名前の通り、実におっかないウイルスで、これに感染したマイマイガは限界まで餌を食べまくり、蛾のマツコ・デラックスになります。

 

その間、ゾンビウイルスは宿主のマイマイガの幼虫を堪能するわけですが、最後には幼虫は体液をまき散らして溶けてしまいます。

こわ~っ!

 

マイマイガの大量発生も怖いですが、このゾンビウイルスはそれ以上に怖いですね。

 

これがもし人間に取り憑いたら・・・

 

ラーメン、サンドイッチ、餃子、釜飯、たぬきソバ、その他なんでも食いまくり、マツコ・ウルトラ・スーパー・デラックスになると、身体が溶けて死んでしまう・・・

 

これは究極の悪夢でしょう。

しかし、ご安心!

 

ゾンビウイルスことバキュロウイルス科のウイルスは、

昆虫(節足動物)にしか感染しないのです。

よかったなあ・・・

 

マイマイガ大発生の終息期にだけ、このゾンビウイルスの感染が見られる事が知られています。

 

このウイルスは直射日光下では死滅するのですが、マイマイガの幼虫がいる樹皮の裏や枝の下部など、直射日光が当たらない場所では、感染力は10年ほど持続するとも言われています。

 

これがマイマイガの大量発生は、永遠には続かないという原因だったのですね。

 

だったらこのゾンビウイルスを養殖して、マイマイガが大発生したら感染させれば、マイマイガの大量発生は防げるのではないでしょうか。

 

もっとも、ゾンビウイルスの遺伝子操作の途中で、人間にも感染するような突然変異が起きたりすると、これは悪夢が正夢になってしまいます。

マイマイガでは人間は死にませんが、対人用!ゾンビウイルスでは身体が溶けてしまいます。

マイマイガの方がまだましのようですね。

キムよ、廃棄予定の核弾頭の代用に使おうなんてアイデアはなしね。

蛾についてはこちらの記事にも書いています。

蛾の幼虫の駆除の仕方や方法は?死骸にも注意が必要?

蛾を気持ち悪いと思う心理は?蝶とはなぜ好感度が違う?

 

蛾の大量発生したときの駆除の方法は?

マイマイガはおよそ10年の周期で大発生し、その大発生は2~3年続くとされています。

つまり、もし今年大発生すれば、その後2~3年は又大発生するわけです。

しかも、発生を予防或いは抑制する根本的な対策はないのです。

となれば、マイマイガに限らず、大発生の都度、こちらで当面の駆除をするしかありませんね。

駆除方法には大別して以下のようなものがあります。

尚、成虫の場合は、殺虫剤などの薬剤は幼虫に比べて効きにくくなっていますので、できるだけ幼虫か卵の時に駆除するようにしましょう。

卵の駆除方法

必ず長袖シャツにマスクや手袋を着用します。

底部を角型に切り取った角型ペットボトルや、硬いヘラなどで、卵を削ぎおとします。

高い所など手が届かない所は、エアゾール殺虫剤などを十分に吹き付けて卵を殺します。

そぎ取った卵にはエアゾール殺虫剤などで殺してから、処分します。

幼虫の駆除方法

幼虫(毛虫)を駆除する時には、毒針などある場合が多いので、必ず長袖シャツにマスク、ゴムやポリの手袋を着用します。

Sponsored Link

コメントを残す