新幹線には、全席指定席で自由席のない列車もあるのですね。

一部の路線の一部の列車のみですが、あることはあるのです。

そんな列車に乗る場合、もし指定席が全て埋まっていると、乗車そのものができないということになってしまいます。

でもそんな新幹線に乗る方法があるのです。

それが『立席特急券』で、早く言えば立ち乗りです。

自由席の場合は、席が指定されていないというだけで、必ず立っていなければならない、ということはないのですが、立席の場合は原則立ち乗りということになります。

そこで今回は、その立席、立ち乗りはどこに乗っていればよいのか、席が空いていても座ってはいけないのかなどを調べてみました。

新幹線の立ち乗りはどこにいるのが正解?

それでは、まず最初に立席があるのは、どんな場合なのか、そこから行きましょう。

但し、この条件は今現在のもので、列車の増発など将来的には変更になる場合もあります。

立席乗車券

立席乗車券は、正しくは『立席特急券』と言い、以下のような条件が満たされるとき『のみ』発売されます。

路線と列車名

東北新幹線 : はやぶさ・はやて (東京駅-新函館北斗駅間)

東北・秋田新幹線 : こまち (東京駅-秋田間)

北陸新幹線 : かがやき (東京駅-金沢間)

その他の制限

いずれも指定席が満席になった場合のみ発売されます。

自由席特急券と違い、特定の指定された列車以外には乗車できません。

上記の列車は、いずれも

全席指定席

の列車なので、そのままでは指定席券が売り切れになれば、乗車そのものが出来なくなります。

又、これらの列車には自由席そのものがないため、

自由席特急券では乗車できないのです。

その代わりとして立席特急券があるわけです。

以上の立席特急券の条件をまとめますと、

立席特急券は、特定の路線の特定の列車にのみある

立席特急券は、指定席が満席になった場合のみ発売

の2点となります。

立席特急券での乗車場所

立席特急券での乗車場所は、

『原則として』デッキのみ

となります。

この『原則』の解釈が複雑なのですが、その点については次項で説明いたします。

立ち乗りの人は席に座ってはいけない?

それでは、もし立席特急券でデッキに立ち乗りで乗車し、『たまたま』どれかの指定席が空いていたとしましょう。

その場合、その空いている席に座ってよいものでしょうか?

これは

『原則として不可』

です。

又々、原則が出て来ましたが、なぜ原則原則と繰り返すのかと言いますと、立席特急券で空いている指定席に座っていても、

検札の際には黙認された

という例が複数あるからです。

あくまで『黙認』なので、立席特急券で指定席に座って良い、ということではありません。

複雑ですねえ・・・

逆に立席特急券でちゃんとデッキに立ち乗りしていても、荷物が邪魔になるなど、車掌さんに注意されたという報告もあります。

ん~~・・・

このあたりになりますと、その時の運としかいいようがありませんね。

それでは、あえて立ち乗りをしてまで、これらの列車に乗る必要はあるのでしょうかむ?

東北新幹線の東京-仙台間には、他にもやまびこなどの特急列車があります。

こちらには自由席もありますので、それを利用すればよいのでは、という声もありそうですね。

しかし、はやぶさ・はやてとやまびこの、東京-仙台間の所用時間はこのようになっています。

  • はやぶさ・はやて 90分
  • やまびこ 120分

つまり30分の違いがあるわけです。

忙しい時には、この30分の差は結構大きいものです。

しかも、この違いは遠くに行くほど大きくなります。

この所用時間の違いが、はやぶさ・はやてなどの速い列車の存在意義なのですね。

ではなぜJRは、はやぶさ・はやてに自由席を作らなかったのでしょうか?

想像に過ぎませんが、やはり『営業上の理由』だろうと思われます。

東北新幹線は比較的後に建設されたので、東海道新幹線などに比べて高速で走行できるよう作られています。

JRはそれをウリにして、言葉は悪いですが、できるだけふんだくろうという魂胆なのではと、邪推しております。

しかし、指定席が売り切れたら乗車がまったくできないとなりますと、JRに対する風当たりも強くなりそうですね。

そこで妥協策として『立席特急券』という手を編み出したのではないでしょうか。

東北新幹線と東海道新幹線などとの違いは、こちらをどうぞ!

台風で新幹線が止まる(運休)時の基準や対処法や対策を紹介!

新幹線の立ち乗りはしんどい?

新幹線の立ち乗りはしんどいか?

これは乗っている時間と混み具合にもよるでしょうね。

お盆や正月では、自由席の乗車率が200%とかいう凄い時もあります。

そんな状態ですと、身動きもままならないことになり、非常にしんどいです。

立席特急券の場合は、自由席とは違い、発売枚数の制限があって、1列車の発売枚数は決まっています。

ですから乗車率200%ということは、まずありません。

その代わり、指定席券と立席特急券の両方が売り切れた場合は、その列車には乗ることができません。

もっとも、実際に立席特急券が売り切れることは滅多になく、あったにしてもお盆と正月位です。

立席特急券では、『原則』(又出ました)として、デッキに乗車することになりますが、10分や20分ならともかく、数時間となるとやはり相当しんどいようですね。

そこでデッキに小型の折りたたみ椅子や荷物を置いて、それに腰掛けるということはできるのでしょうか?

これも『原則』として禁止なのですが、状況によっては黙認されることも多いようです。

又、デッキではなく通路に立ち乗りは、車掌さんに注意される場合が大半ですので、これはやめた方が無難です。

立ち乗りで疲れてしまってどうしようもないという場合には、禁じ手ではありますがマル秘作戦もあります。

疲れてどうしようもない場合のマル秘作戦

立席特急券の場合は自由席と違い、通路を移動することもできないほど混むことはまずありません。

そこで、通路で乗客を観察し、次の停車駅で降りそうな人を捜します。

次の駅で降りそうな人は?

  • 切符を確認している
  • 荷物をまとめている
  • 同行者と次の駅で降りることを話し合っている
  • 倒していた背もたれを元に戻している
  • ネクタイを締め直すなどの身繕いをしている

このような場合には、次の駅で降りる可能性は高いです。

但し、席に座るのは、あくまで疲れてどうしようもない場合の、

緊急避難

と考えてください。

車掌さんに見つかれば、即つまみ出されますし、一時の骨休めと思えばよいでしょう。

 

結び

東北・秋田新幹線の、はやぶさ・はやて・こまちや、北陸新幹線のかがやきには、立席特急券というシステムがあります。

これは上の列車は全席指定席なのですが、指定席券が完売になった場合に発売される、立ち乗りの乗車券です。

新幹線での立ち乗り(立席特急券)は、原則としてデッキで立つことになります。

指定席が空いている場合でも、座席に座ることはできません。

1.2時間ならともかく、北海道や秋田まで狭いデッキで立ちっぱなしというのは、かなりしんどいことです。

できれば事前に指定席券を予約しておくべきでしょうね。