そろそろ台風が気になる

季節になってきましたね。

 

台風と言いますと

夏から秋にかけてやってくるという

イメージですが、実際には何月が一番多いのでしょうか。

 

それに台風は冬には来ないものなのでしょうか。

 

今回はその台風の多いのは何月なのか

冬の台風はあるものなどを

台風豆知識を交えて見ていきましょう。

台風の多い月は何月?

 

それでは台風の多いのは何月なのでしょうか。

 

台風の発生には海面の温度が

26~27℃以上あることが条件ですので

やはり夏が多いのです。

 

気象庁のデータによりますと

一月当たりの発生数は、

8月:5.9 9月:4.8 10月と7月:3.6 

と、暑い時期が大半を占めています。

 

又、接近数は

8月:3.4 9月:2.9 7月:2.1 10月:1.5

と、これまた暑い盛りが多いのですね。

 

上陸数は、

8月:0.9 9月:0.8 7月:0.5 10月と6月:0.2

と、これも同様の結果になっています。

 

 

台風と言いますと

9月というイメージがありますが

実は8月が、

  • 発生数
  • 接近数
  • 上陸数

全てで、ナンバーワンだったのですね。

 

台風は冬に来ることはないの?

前項で、冬には台風は

あまりやってこないと書きましたが

実際にはどうなのでしょうか?

 

又、気象庁のデータからですが

発生数は

2月:0.1 1月と3月:0.3 4月:0.6 

と、1月から4月迄が最小となっています。

 

 

又、接近数は

1月から3月迄:0 12月:0.1 4月:0.2

と、これまた寒い時期には

台風の接近も少ないのです。

 

 

上陸数になりますと、

11月から翌年5月迄は全て:0

と、上陸する台風は全く無いのです。

 

少なくとも、被害を及ぼすような

台風の接近や上陸は

冬にはないと言ってもよいでしょう。

 

 

その理由ですが

まず冬期には南方の海域の海面温度も低くなり

台風発生の条件である26~27℃以上

となる海域があまり多くない

ということが挙げられます。

 

 

海面の温度が低いと

台風にエネルギーを与える水蒸気も少ないため

台風は発達しにくく

日本に来る前に消滅することも多いようです。

 

しかし、台風とは別に、

爆弾低気圧

という、名前からして恐ろしげな低気圧があります。

 

 

爆弾低気圧とは

短期間の間に急速に発達し

熱帯低気圧並みの風雨をもたらす

温帯低気圧のことを言います。

 

 

『爆弾』という言葉に抵抗があることから

日本の気象庁では

「急速に発達する低気圧」

日本得意の言い換えをし

これを気象用語として使っています。

 

この爆弾低気圧の場合は

雨よりも大雪の被害が大きく

岡山県の黒尾トンネル始め

各所でその被害が起きています。

 

台風の豆知識を紹介

それでは、台風に関する

おもしろ話をいくつか紹介しましょう。

長寿の台風

まず最も長寿の台風はどれでしょうか。

長生き台風のベストスリーは

この台風です。

長生き台風のベストスリー
順位発生消滅寿命(日)
11986年8月18日15時1986年9月6日21時19.25
22017年7月20日21時2017年8月8日21時2017年8月8日21時19.00

発生から消滅まで20日足らずというのは

セミの成虫より短命なのですね。

強い台風

この場合、強いというのは

中心気圧が低い台風という意味です。

 

中心気圧が低ければ、それだけ

風が強くなるので

『強い台風』と言えると思います。

 

尚、気圧の単位はhPa、ヘクトパスカルです。

強い台風ベストスリー
順位上陸時気圧(hPa)上陸日時上陸場所上陸場所
19251961年9月16日09時過ぎ高知県室戸岬の西
29291959年9月26日18時頃和歌山県潮岬の西
39301993年9月3日16時前鹿児島県薩摩半島南部

これは少しばかり意外でしたね。

 

過去には890ヘクトパスカルとかの

台風もあったので

最大は880ヘクトパスカルあたりでは

ないかと考えていたのです。

 

これは上陸時までに衰退していたのかもしれません。

発生数が多い年

台風の発生数が多い年はこのようになっています。

順位  年  発生数

1   1967 39

2   1994 36

2   1971 36

こうして見ると

2000年以降はベストスリーには

一つも入っていませんね。

 

発生数が少ない年

こちらは台風の発生数が少ない年です。

順位 年  発生数

1  2010 14

2  1998 16

3  1969 19

発生数の少ない年には

2000年以降が入っています。

 

ということは、最近は台風の発生数は

少なくなっているということなのでしょうか。

 

感覚としては、逆に多くなって

いるように感じるのですが

データは逆なのですね。

台風の名前

現在、気象庁での台風の名称は

番号となっています。

 

台風の番号は、まず西暦の下2桁

それに続いてその年に発生した順番をつけます。

 

2018年に3番目に発生した台風ならば、

1803

となるわけです。

台風の特異日

気象には『特異日』というものがあることは

よく知られていますよね。

 

特異日とは、ある特定の日に

特定の気象現象が起こることが多い

という日ですが

晴れの特異日とか雨の特異日など

いろいろとあります。

 

 

台風にもその特異日があるのです。

 

 

結び

台風の数の多い月は、一般には9月と思っている人が多いようですが、数から言うと実は8月が一番多いのです。

対策さえしっかりやっていれば、『ある程度』は防ぎようがあるのです。

これからの台風シーズンにそなえて、対策と心の準備はしっかりやっておきましょう!