そろそろ台風が気になる季節になってきましたね。

台風がやって来ますと、低い土地では床上、床下の浸水もありますし、時として地盤の崩落で大惨事になったりすることもあります。

 

又、仕事で出張の時に台風が襲来して、新幹線が止まって困ったという経験をお持ちの方も多いことでしょう。

 

台風と言いますと、夏から秋にかけてやってくるというイメージですが、実際には何月が一番多いのでしょうか。

 

それに台風は冬には来ないものなのでしょうか。

 

今回はその台風の多いのは何月なのか、冬の台風はあるものなどを、台風豆知識を交えて見ていきましょう。

台風の多い月は何月?

まず、台風とはどんなものなのかを、簡単に説明いたします。

気象庁の定義によりますと、台風とは

西太平洋の熱帯低気圧の内、中心付近の最大風速が17.2m/s 以上になったもの

を言います。

つまり、熱帯低気圧の中心付近の最大風速が17.2m/s以下ならば『熱帯低気圧』、17.2m/s以上ならば『台風』と呼ぶわけですね。

 

日本付近の低気圧には、『温帯低気圧』というものもありますが、これは性質も発生のメカニズムも全く違います。

 

たとえば、台風(熱帯低気圧)には『眼』がありますが、温帯低気圧にはありません。

 

風も熱帯低気圧は中心付近が特に強く、温帯低気圧は風の範囲は広いのですが、最大風速は台風ほどではないなど、色々な違いがあります。

 

台風が発生する地域は、熱帯の海上ですが、海面温度が26~27℃以上の場合に発生するとされています。

 

台風の発生は、熱帯の海上にできた弱い低圧部に、次々と積乱雲ができ、積乱雲ができる時に発生する熱エネルギーによって域内の上空の温度が上がり、空気が流れ出すため強い上昇気流ができます。

 

このため、反時計回り(北半球の場合)の風の回転が起こります。

 

そして、大量の水蒸気を巻き上げながら、大きく発達して行きます。

 

台風は、テレビの天気予報などで良く言われる、高気圧の外側の縁にそった気流に乗って、日本にやって来るのです。

 

この熱帯で発生する大型の低気圧は、ハリケーンやサイクロン、タイフーン(台風の一種です)など、発生地域により様々な名称があります。

台風

太平洋北西部や南シナ海で発生し、最大風速34ノット以上のものを言います。

 

タイフーン

台風と同じ太平洋北西部、南シナ海で発生し、最大風速64ノット以上のものです。

ハリケーン

大西洋北部、大西洋南部、太平洋北東部、太平洋北中部で発生し、最大風速64ノット以上のものを言います。

サイクロン

インド洋北部、インド洋南部、太平洋南部で発生し、最大風速64ノット以上のものを指します。

それでは台風の多いのは何月なのでしょうか。

台風の発生には海面の温度が26~27℃以上あることが条件ですので、やはり夏が多いのです。

気象庁のデータによりますと、一月当たりの発生数は、

8月:5.9 9月:4.8 10月と7月:3.6 

と、暑い時期が大半を占めています。

又、接近数は

8月:3.4 9月:2.9 7月:2.1 10月:1.5

と、これまた暑い盛りが多いのですね。

上陸数は、

8月:0.9 9月:0.8 7月:0.5 10月と6月:0.2

と、これも同様の結果になっています。

台風と言いますと、9月というイメージがありますが、実は8月が、発生数、接近数、上陸数の全てで、ナンバーワンだったのですね。

 

台風は冬に来ることはないの?

前項で、冬には台風はあまりやってこないと書きましたが、実際にはどうなのでしょうか?

又、気象庁のデータからですが、発生数は

2月:0.1 1月と3月:0.3 4月:0.6 

と、1月から4月迄が最小となっています。

又、接近数は

1月から3月迄:0 12月:0.1 4月:0.2

と、これまた寒い時期には台風の接近も少ないのです。

上陸数になりますと、

11月から翌年5月迄は全て:0

と、上陸する台風は全く無いのです。

 

少なくとも、被害を及ぼすような台風の接近や上陸は、冬にはないと言ってもよいでしょう。

 

その理由ですが、まず冬期には南方の海域の海面温度も低くなり、台風発生の条件である26~27℃以上となる海域があまり多くない、ということが挙げられます。

 

海面の温度が低いと、台風にエネルギーを与える水蒸気も少ないため、台風は発達しにくく、日本に来る前に消滅することも多いようです。

 

しかし、台風とは別に、

爆弾低気圧

という、名前からして恐ろしげな低気圧があります。

 

爆弾低気圧とは、短期間の間に急速に発達し、熱帯低気圧並みの風雨をもたらす温帯低気圧のことを言います。

 

『爆弾』という言葉に抵抗があることから、日本の気象庁では「急速に発達する低気圧」と、日本得意の言い換えをし、これを気象用語として使っています。

 

この爆弾低気圧の場合は、雨よりも大雪の被害が大きく、岡山県の黒尾トンネル始め各所でその被害が起きています。

 

北海道大学と海洋研究開発機構の研究グループが、スーパーコンピューターを使用してで解析した所、日本の南岸を西から東に流れる黒潮が、この低気圧を日本付近に呼び寄せていることが判明しました。

爆弾低気圧が暖流である黒潮の上を通過する時、黒潮から蒸発する水蒸気を取り込んで、エネルギー源として使い、そのため急速に発達するということがわかったのです。

台風の豆知識を紹介

それでは、台風に関するおもしろ話をいくつか紹介しましょう。

長寿の台風

まず最も長寿の台風はどれでしょうか。

長生き台風のベストスリーは、この台風です。

長生き台風のベストスリー
順位発生消滅寿命(日)
11986年8月18日15時1986年9月6日21時19.25
22017年7月20日21時2017年8月8日21時2017年8月8日21時19.00

発生から消滅まで20日足らずというのは、セミの成虫より短命なのですね。

強い台風

この場合、強いというのは中心気圧が低い台風という意味です。

中心気圧が低ければ、それだけ風が強くなるので、『強い台風』と言えると思います。

尚、気圧の単位はhPa、ヘクトパスカルです。

強い台風ベストスリー
順位上陸時気圧(hPa)上陸日時上陸場所上陸場所
19251961年9月16日09時過ぎ高知県室戸岬の西
29291959年9月26日18時頃和歌山県潮岬の西
39301993年9月3日16時前鹿児島県薩摩半島南部

これは少しばかり意外でしたね。

過去には890ヘクトパスカルとかの台風もあったので、最大は880ヘクトパスカルあたりではないかと考えていたのです。

これは上陸時までに衰退していたのかもしれません。

尚、上記の数値は気象庁の観測データからのものですが、正規記録開始以前の台風では、こんな強力台風もありました。

室戸台風 911.6hPa 1934年9月21日(室戸岬における観測値)

枕崎台風 916.1hPa 1945年9月17日(枕崎における観測値)

室戸台風は、日本の台風の歴史上最も有名な台風の一つですが、さすがに強力だったのですね。

発生数が多い年

台風の発生数が多い年はこのようになっています。

順位  年  発生数

1   1967 39

2   1994 36

2   1971 36

こうして見ると、2000年以降はベストスリーには一つも入っていませんね。

これまた意外でした。

発生数が少ない年

こちらは台風の発生数が少ない年です。

順位 年  発生数

1  2010 14

2  1998 16

3  1969 19

発生数の少ない年には、2000年以降が入っています。

ということは、最近は台風の発生数は少なくなっているということなのでしょうか。

感覚としては、逆に多くなっているように感じるのですが、データは逆なのですね。

台風の名前

現在、気象庁での台風の名称は、番号となっています。

台風の番号は、まず西暦の下2桁、それに続いてその年に発生した順番をつけます。

2018年に3番目に発生した台風ならば、

1803

となるわけです。

又、特に被害が大きかった台風などは、『洞爺丸台風』、『狩野川台風』、『伊勢湾台風』など、固有の名称がつけられる場合があります。

これは、気象庁長官が『顕著異常現象』に対して、命名を行うという制度によるものです。

戦後の一時期ですが、台風には『ジェーン台風』などの、女性名をつけていた時がありました。

これは当時、台風の観測には、米海軍や米空軍が観測機器を投下して観測していたため、ヤンキー気質から台風に奥さんやカノの名前をつけていたことから来ているのです。

「うちのジェーンみたいに暴れているな」とか言っていたのかも知れませんね。

台風の特異日

気象には『特異日』というものがあることは、よく知られていますよね。

特異日とは、ある特定の日に特定の気象現象が起こることが多い、という日ですが、晴れの特異日とか雨の特異日など、いろいろとあります。

台風にもその特異日があるのです。

雑節の二百十日や二百二十日は、昔の特異日のようなもので、いずれも有名ですね。

これらは立春から数えて210日目、220日目の日で、それぞれ毎年9月1日頃と9月10日頃に当たります。

しかし、台風の特異日として、大型台風が来襲することの多い特異日は、

9月17日頃と9月26日頃

なのです。

9月17日頃の台風としては、1947年(昭和22年)のカスリーン台風、1948年(昭和23年)のアイオン台風、1961年(昭和36年)の第2室戸台風などがあります。

又、9月26日頃には、1954年(昭和29年)の洞爺丸台風、1958年(昭和33年)の狩野川台風、1959年(昭和34年)の伊勢湾台風などがあります。

これらの台風は、いずれも日本の台風災害史上でも指折りの大惨事を引き起こしました。

その他、大惨事には至らないまでも、この特異日には大型の台風がいくつも接近、あるいは上陸しています。

この特異日については、なぜ特定の日に特定の気象現象が起こるのかは、今でも謎に包まれたまま、解明されていません。

 

結び

台風の数の多い月は、一般には9月と思っている人が多いようですが、数から言うと実は8月が一番多いのです。

ただ、日本で起きた台風の被害で甚大なものは9月に多く、そのため台風=9月というイメージが定着したのでしょうね。

日本は台風以外にも、地震や津波、火山の爆発など、自然災害の多い国として世界的に知られています。

いずれも何時襲って来るのかわからない上、有効な対策もなく、防ぎようもありません。

その点、台風については何時くるのかはおおよその所はわかります。

従って、対策さえしっかりやっていれば、『ある程度』は防ぎようがあるのです。

これからの台風シーズンにそなえて、対策と心の準備はしっかりやっておきましょう!