旅行の時の荷物は出来るだけ少なくと、良く言われていますね。

大きな荷物は持つのに重いし、それに新幹線のように限られたスペースに持ち込む場合には、小さいに越したことはありません。

とはいえ、いくら少なくと言われても、特にビジネスの旅では歯ブラシ1本というわけにはいきません。

どうしてもある程度の量になってしまうのです。

新幹線では、荷物は網棚か足元に置く場合が多いのですが、では足元に置けるスーツケースの大きさは、どの位のものなのでしょうか。

今回は、そのスーツケースの大きさや、スーツケースを何処に置いたらよいのか、通路に置くのは迷惑になるかなど、新幹線と荷物の問題を調べてみました。

新幹線で足元に置けるスーツケースの大きさは?

まず、足元に置くか別の場所に置くかはともかくとして、新幹線に持ち込める荷物の大きさは、JRの旅客営業規則 第308条によると、『無料手回り品』となるのは、

 

縦・横・高さの合計が250センチ以下で、長さは最大2メートル迄、重さは30キロの荷物を2個迄

となっています。

尚、ブリーフケースや傘などの手回り品は、この個数には含まれません。

3辺の合計が250センチですと、100×100×50センチのサイズですから、スーツケースでは非常に大きなものになります。

しかもこれを2つまでOKですから、容量的にはこれ以上の必要はまずないでしょうね。

それに大きさの制限は別にしても、100×100×50センチのスーツケースを足元に置いたら、文字通り足の踏み場もありません。

勿論隣の人も大迷惑でしょう。

特に通路側の席ですと、隣の人は通路に出ることすら出来なくなってしまいます。

なので、スーツケースを足下に置きたい場合には、大きさにかかわらず、窓側の席を予約すべきでしょう。

足元に置けるスーツケースの、

現実的なサイズは、60×50×30センチあたりがぎりぎり

ではないかと思います。

それでも相当窮屈な思いをしなければならないのは、間違いありません。

航空機の機内持ち込み可能なサイズは、大半の航空会社で、

縦+横+幅の合計が115センチ以内で、各辺の制限が55センチ・40センチ・25センチ以内

となっています。

従って、新幹線の場合は、航空機よりも制限はかなり緩いのですが、足元に置けるサイズとなりますと、現実としては航空機と同じ程度と見てよいでしょう。

新幹線でスーツケースを足元に置けないときはどうする?

新幹線でスーツケースを足元に置けない場合は、どこに置いたらよいのでしょうか?

置き場候補としては、以下のような場所があります。

  1. 荷物置場に置く
  2. 荷物棚(網棚)に置く
  3. 最後部座席の後ろに置く
  4. デッキに置く
  5. 車椅子対応座席のスペースを利用する
  6. グリーン車を利用する

それでは、各候補のメリットデメリットを見てみましょう。

荷物置場に置く

これがベストです。

最初から荷物の置き場として考えられているので、スペースも十分ありますし、誰からも文句が出る恐れもありません。

又、この荷物置き場には、盗難防止用のチェーンも設置されていますので、荷物から離れていても安心です。

但し、その列車に荷物置き場があればですが・・・

残念ながら新幹線で、この荷物置き場があるのは、一部の列車のみなのです。

JR東日本のE1系、E2系、E3系、JR西日本の700系レールスターなどには、荷物置き場がありますが、その他の系の列車にはまずありません。

荷物置き場がある列車としては以下があります。

  • E2系: 東北新幹線 はやて号
  • E2系: 上越新幹線 とき号・たにがわ号
  • E3系: 山形新幹線 つばさ号
  • E3系: 秋田新幹線 こまち号
  • 700系レールスター仕様: 山陽新幹線ひかりレーススター号など

尚、東海道新幹線の列車には、この荷物置き場はありません。

もう一つ、荷物置き場がある列車でも、誰もがそこに置きたいので早いもの勝ちとなります。

なので、荷物置き場はあっても満杯というケースも多いようですね。

荷物棚(網棚)に置く

これも本来荷物を置く場所として考えられているので、スーツケースの置き場所としては最適ですね。

但し、この荷物棚の幅は、およそ40センチ程度です。

尚、東海道新幹線の700系、N700系、N700A系は、荷物棚の奥行きがやや深く、45センチ程度あります。

このサイズに納まる程度の大きさのスーツケースであれば、ここに置くのが便利でもあります。

しかし、この荷物棚に置く場合は、『落下』に十分気をつけるべきでしょう。

重くて角の尖った荷物が、もし他の乗客の頭に落ちてきたら・・・

と考えると、非常に怖いですね。

荷物棚からはみ出すようなサイズのスーツケースの場合は、ここは断念した方が良さそうです。

置けるサイズの目安としては、航空機の制限サイズである、

縦+横+幅の合計が115センチ以内で、各辺の制限が55センチ・40センチ・25センチ以内

あたりでしょう。

これが『旅の荷物は出来るだけ少なく、小さく』という鉄則の理由です。

最後部座席の後ろに置く

新幹線の車両の最後部座席の後ろには、僅かですがスペースがあります。

ここにはかなり大きいスーツケースも置くことができるのです。

ですので、大型のスーツケースの置き場としては最適なのですが、このスペースは

最後部座席に座っている人の、リクライニングのためのスペース

でもあります。

ですから、もしどうしてもこのスペースに荷物を置きたい場合には、

「ここに荷物を置いてもよろしいでしょうか?」

などと一声かけてから置くべきでしょう。

最も良いのは、その最後部座席を

自分で予約しておく

ことですね。

デッキに置く

これはあまりお勧めできません。

デッキに荷物を置くと、乗降時の邪魔にもなりますし、車掌さんに注意されることも多いようです。

又、盗難の危険性も高いので、止めておいた方が無難です。

但し、デッキの一部に荷物置き場が設置されている列車の場合は別です。

車椅子対応座席のスペースを利用する

新幹線には車椅子対応座席という席があり、一部の車両の3列シートの1列分が空きスペースとなっていて、車椅子を置くことができます。

そのスペースはかなり広いので、大型のスーツケースでも十分置けるのです。

東海道・山陽新幹線16両編成の場合は、11号車の12番C席と13番C席がその車椅子対応座席となっていますが、その隣の席を予約しておけば、空きスペースの隣となり、大型の荷物も置くことができます。

勿論、これは車いす利用の人がいない場合のみです。

又、他の路線でも車椅子対応座席は設置されていますが、車両や席番号などは異なります。

グリーン車を利用する

これも一つの手ですね。

グリーン車は足元のスペースがかなり広いので、かなり大型のスーツケースでも置くことが可能です。

更に、最後部座席を取れれば、まず完璧でしょう。

 

新幹線でスーツケースを通路に置くのは迷惑?

新幹線でスーツケースを通路に置くのは迷惑か、と聞かれれば、大抵の人は「それは迷惑だ」と答えるでしょうね。

通路は文字通り、通るための路であり、荷物の置き場ではありません。

乗客の通行の邪魔になりますし、車内販売や検札の車掌さんにとっても迷惑です。

通路やデッキのような、通行するための場所に荷物を置くのはやめましょう。

 

結び

旅行のための荷物は出来るだけ少なく、というのは旅の鉄則です。

スーツケースの置き場所も、足下に置くとか、荷物棚に置くなどが普通です。

しかし、荷物が大きすぎて置けない場合は、荷物置き場がある場合はそこに、ない場合は最後部座席の後や、車椅子対応座席のスペースなどを利用する手もあります。

デッキや通路に置くと、他の人の迷惑になりますし、車掌さんから注意されることもあるので、これはやめましょう。

最良の方法は、荷物置き場がある列車の場合はそこに置き、ない場合は最後部座席を予約、又はグリーン車に乗る、というところでしょうね。