高校生活で最も思い出に残るイベントの1つに文化祭があります。

学校によっては食べ物を出すお店があったり、作品を発表したりと、様々な出し物があります。

その文化祭で、あのコーヒーカップが出展されてるみたいなんです!!!

そう!あの遊園地などで、1度は乗ったことのあるだろう、クルクルと回るコーヒーカップです!

「今年の文化祭の出展で何を出そうか?」と迷っているあなたたち!!

是非参考にしてみてください♪

文化祭でコーヒーカップに必要な材料は?

参考元:https://www.facebook.com/coffeecup2012tsukuba/

全国の文化祭でコーヒーカップを広めたのは、筑波大学付属高校でした。

その時の動画をYou Tubeにあげたことで、反響がすごく、「うちもやりたい!」という高校から問い合わせが殺到したようです。

さすがに電動ではなく、人力でコーヒーカップを回していたようですが、

製作期間が4か月とかなり完成まで時間がかかったようです。

 

筑波大学付属高等学校から、作り方などは公表されていないようですが、

大体軸になるポールに土台をつけ、滑車をつけて、その上にカップ部分を乗せて回すようにしているようです。

各校それぞれに考えたコーヒーカップが作られているようです。

 

費用は筑波大学付属高校の場合だと、約12万円かかったようです。

文化祭の費用では足りなくて、クラス費から捻出したようですよ。

作りたいけど細かいところがわからない!!!というときは、文化祭でコーヒーカップを作った学校に連絡すると、こっそり教えてくれます♪

その他、YouTubeなどにも、ご丁寧に説明してくれているので、参考にしてみてくださいね!

 

この記事に書き表せるほどの作り方ではなさそうなので、1つYouTubeを参考にさせてもらい、

何となく作り方を提示します♪

もっと詳しくきちんと知りたい方は、是非YouTubeをご覧ください♪

 

必要な材料

(跳び箱や、新体操から借りたものなど、あるものを利用していました)

キャスター

パイプ

ネジ

 

などなどなど・・・

コーヒーカップの作り方は?

こちらを参考にさせてもらいました♪

①椅子を利用し、板とキャスターをつけたパイプを組み合わせていきます。

参考元:http://www.seijogakko.ed.jp/blog/school-event/12811

 

②ネジの貫通を防ぐため、直交クランプがパイプより突き出してしまうのを防ぐため、

パイプと土台版との間に板と段ボールを挟みます。

 

③カップを作り、装飾をします。

参考元:https://matome.naver.jp/odai/2147335011547301701

 

④底の板の弱い部分は色を塗って、お客さんが踏まないように注意を促します。

 

⑤ハンドルを作ります。

 

⑥カップは角材や三角の板でしっかり補強します。

 

⑦カップの中の椅子は、合板をひたすら加工して作ります。

脚は利用者の重心を意識してとりつけます。

 

⑧出入口の部分は、L字の支えに板をセットします。

 

 

参考元:http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/393

みなさんたくさんの設計図を書き、計画を練って、作り上げているようです♪

コーヒーカップのお客さんの回し方の注意点は?

文化祭の手作りコーヒーカップの回し方にはコツがあるようです♪

4人でカップの下の方を押しながら、上も回します。

外側にいる人が上の回転を補助すると、良い感じに回るようです!!!

また、お客さんの安全の確保のため、ヘルメットをかぶってもらうとGOODです♪

 

 

結び

文化祭で出展すれば、列ができること間違いなしのコーヒーカップ!

多くの高校で作られてきたものの、どこも大変な苦労をして、作り上げたようですね。

きちんとした作り方が提示されていないので、他の高校に教えてもらったり、自分たちで計画を立てて、

数か月かけて作り上げているようです。

しかしその努力と引き換えに、仲間との友情が深まることでしょう♪