大人になってクルミのおいしさを実感

している人も多いはず。

 

でも、クルミって健康にいいといわれているけれど、

いつから食べられるんだろう?

子供にクルミ入りのパンを食べさせても大丈夫かな?

赤ちゃんに食べさせても大丈夫かな?

そんな疑問にお答えします。

クルミは子供はいつから食べられる?

https://cotree.jp/img/column2/column971.png

 

クルミはいつごろから

食べられるのでしょうか?

 

 

ふと、そんな疑問が浮かびます。

 

 

健康にはいいけれど、

ごつごつしてるし、なんだか不安

 

 

そんな声も聞こえてきそうです。

 

 

でも、意外と、

お菓子やパンにクルミが入っていて、

うっかり食べてしまうことも

あるかもしれません。

 

 

子供は、クルミを何歳から食べても

大丈夫なのでしょうか?

 

 

国の消費者庁のHPでは、

3歳まではクルミなどのナッツ類を

与えないことを推奨しています。

 

 

その理由の一つとして、

窒息による事故を未然に防ぐためだと

しています。

 

 

事例としても3歳の子供がナッツ類を

のどに詰まらせ救急車を呼ぶ事故にまで

発展してしまうというケースを

紹介しています。

 

 

3歳を過ぎても、

子供に与えるときは食べる大きさと量や

硬さを十分に配慮し、

一度に口の中に大量に入れないなど

十分な配慮が必要です。

 

 

窒息は一度に食べる量だけが

問題ではありません。

 

 

というのも、

少量のクルミであっても、

口の中に含まれる、唾液や水分で、

膨らみのどに詰まるという

ケースもあるということです。

 

 

まだ噛む力も十分でない、

3歳未満の子供に、クルミを与え、

窒息する恐れがないように、

クルミは3歳未満の子供に与えない

また、3歳以上であっても、

十分な配慮が必要なのです。

クルミは赤ちゃんの離乳食にいい?

https://item.rakuten.co.jp/plus-i/ofukuro-babyfood08/

 

クルミは赤ちゃんの離乳食に

いいのでしょうか?

 

 

答えは、いいえ

 

 

消費者庁では、

3歳まではクルミを与えない方が

いいことはすでに書きましたが、

それ以外にも

クルミには危険な要因があるのです。

 

 

それが、クルミアレルギーです。

 

 

これについては後ほど触れるとして、

クルミアレルギーを持った赤ちゃんは、

たとえ少量の砕いたクルミであっても、

反応してしまう可能性があります。

 

 

命の危険さえ出てしまうので、

よくよく考えて与える必要があります。

 

 

もし与えるとするなら、

少量の砕いたクルミを食べさせてみて、

アレルギー反応が出ないかを十分に

確認したうえで、

食べさせるようにしましょう。

 

クルミは子供に悪影響はあるの?

https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/2f57074c1d375f1d18a215c141b5d6a15479c810.78.2.3.2.jpg?thum=58

 

クルミには、

クルミアレルギーという危険が潜んでいます。

 

 

子供にその症状が出やすいのは、

まだ体が未発達で、

十分に消化できるだけの器官が

備わっていないため。

 

 

アレルゲンを十分に消化しきれない

ことが原因なのです。

 

 

では、

クルミアレルギーとはどういった

症状が出るのでしょうか?

  1. 、体に蕁麻疹やかゆみなどの斑点が出る
  2. 、口腔内やクルミの触れた部分に反応が出
  3. 、下痢、嘔吐
  4. 、喘息、呼吸音
  5. 、アナフィラキシー反応

 

この中でも、最も重い、

命にかかわるのが、

5のアナフィラキシー反応です。

 

 

1~4の反応に加えて、

血圧の低下や、倒れる、失禁する

といった症状が出ることがあります。

 

 

すぐに救急車を呼びましょう。

 

 

すべての子供にこれらの症状が

出るわけではありませんが、

クルミを含めたナッツ類は

アレルゲンの一つと言われています。

 

 

初めにクルミを食べさせるときは

少量から食べさせ

これらの症状が出ないことを、

十分に熟知したうえで、

お菓子や料理を与えるようにしましょう。

 

 

子供にクルミアレルギーがないことが

わかれば、与えても問題ありません。

 

 

ただし、

窒息の恐れがあることだけは注意して、

年齢などに適した大きさで与えます。

 

 

また、

子供にアレルギーが出たから

一生食べれないかというと、

実はそうとも限らないのです。

 

 

アレルギーの子供を持つ親は、

つい過敏になりがちですよね。

 

 

もちろん命に係わる大切なことです。

 

 

その一方で、

大人になったら食べられるようになった!

という話もよく聞きます。

 

 

これは、未熟な子供の体から、

完成された大人の体になる過程で

耐性を得ることができるためです。

 

 

一度でも、

アレルギーが出たものを口にすることは

恐れがあることです。

 

 

しかし、

何かのタイミングで

食べられるようになることは

十分に考えられます

 

 

クルミアレルギーも同じことです。

https://item.rakuten.co.jp/onizaki-goma/10000027/

 

 

子供のころに食べられなくても、

大人になったら食べられるようになる

可能性はあります。

 

 

そのため、一概に、

子供に悪影響のある食べ物と

断定することはできません。

 

 

事実、

高カロリーですが栄養価が非常に高く

たんぱく質などが豊富な食材としてあげらます。

 

 

油脂が多いイメージですが、

太りやすいといわれる

トランス脂肪酸がありません

 

 

おやつとしてとても優れている

食材でもあるのです!

https://item.rakuten.co.jp/donguri-n/10000279/

結び

おつまみとしても大人が

食べておいしいクルミですが、

うっかり、あなたのそばにきた

赤ちゃんや子供に与えていませんか?

 

 

そうした、うっかり、こそ

大事故につながる危険があるのです。

 

 

大人になって食べて大丈夫なものでも、

体が未発達な子供が食べることは、

危険が潜ん冷ることを、

よく理解しておきましょう。