夏も終わり、これから

涼しい時期になってきますね。

 

身体を温めてくれるお風呂ですが

気をつけないと

湯冷めをして風邪を引いてしまうこともあります。

 

今回は、

湯冷めをしない方法

冬場でも出来る対策

について解説していきます!

湯冷めをしないための方法は?

方法その① 浴室で身体を拭く

入浴が終わって脱衣所に出た瞬間

「寒い!」と思ったことはありませんか?

 

濡れた状態で寒い部屋にいると

体温が奪われて風邪の原因になります。

 

なので、浴室にタオルを持ち込んで

お風呂から出たらすぐ

身体を拭いておけるようにしたら確実ですよ。

 

身体をしっかりと乾かした後に

脱衣所に出ても浴室と気温のギャップが

少なく身体が冷えにくくなります。

方法その② すぐ髪を乾かす

髪についた水分は外気に触れると

すぐ冷たくなりますよね。

 

特に

髪の毛に近い首元は冷えを感じやすい部分

です。

 

放置しておくと身体全体も

冷えてしまいますので、

浴室から上がったらすぐドライヤーで乾かしてあげてください。

 

 

方法その③ 風呂上がりにしっかり保温する

特に冷えやすいのは末端にある足先です。

 

末端が冷えると寝苦しくなるなど

辛いですよね。

 

対策としては、

・日頃からスリッパを履く

・保湿クリームを塗ったあとに靴下を履く

これをしてあげるだけで、冷えもだいぶ解消されます。

 

 

方法その④ 入浴後に温かい飲み物を飲む

お風呂上がりには冷たい牛乳を

飲みたくなる気もしますが、そもそも

冷たい飲み物は身体の冷えの元です!

 

ここでオススメするのは

白湯や温かいお茶。

 

喉が乾いている時は

常温のお水でも大丈夫です。

 

身体の外から冷えを防ぐだけでなく

腸内からも冷えの対策をしてあげてくださいね。

 

特に白湯には身体を温める以外にも

たくさんの効果があります!

詳しくはこちらの動画をチェック!

 

 

冬場でも出来る対策は?

特に冷えが心配なのは冬場ですよね。

 

お風呂が一番頼みになる

季節であると同時に、

室内外との気温差が激しいから

余計に湯冷めしやすい季節と言えます。

 

これからは、そんな冬場でも

簡単に出来る湯冷め対策をご紹介します!

方法その① 脱衣所を温めておく

湯冷めの主な原因の一つに

急な気温変化があります。

 

せっかくお風呂に入って

身体が温まっても、脱衣所が寒かったら

一気に体温が下がってしまいますよね。

 

・浴室に入る前に暖房をつけておく

・バスローブを用意してすぐ身体を温めてあげられるようにしておく

 

このようなちょっとした一工夫で湯冷めから解放されますよ。

 

 

方法その② 温浴効果のある入浴剤を使う

冬場になると、ドラッグストアなどでは

夏場よりも様々は入浴剤が店頭に並びますよね。

 

もともと入浴剤には温浴効果があるのですが、

最近では炭酸ガスタイプの入浴剤が大人気。

 

というのも、お湯で溶けた炭酸ガスは血管を広げてくれて

身体を芯から温めてくれるんです。

 

 

方法その③ 入浴はぬるめのお湯で10~15分

外は寒いので熱めのお風呂に入りたい

という方もいらっしゃると思います。

 

それだとお風呂から出た後に

温度差が激しく、湯冷めしやすい

身体になってしまいます。

 

血液の流れを改善し身体を

温めるためににも、重視すべきは

お湯の温度の高さよりも

少しでも長く入れるかどうか

 

お風呂にスマホや本を持ち込むなど

ゆっくり出来る状況を整えて

ゆるめのお風呂にじっくり入って

身体を癒してあげてくださいね。

 

 

方法その⑤ みかん湯や塩湯に入る

みかんの香りや皮に含まれている成分は

血行を促進してくれるだけでなく、

みかんの油が皮膚の表面を覆ってくれて

身体の体温を閉じ込めてくれます。

 

また、塩にも

身体を温めてくれる機能があります。

 

このようにみかんにも塩にも、

急激な熱の発散を予防してくれる

働きがあります。

 

肌もツルツルになるので

一石二鳥ですよ。

 

 

方法その⑤ ボディクリームを塗る

入浴直後にボディクリームを

塗ることで乾燥肌対策になるだけでなく

身体の内側の熱を閉じ込めることができます!

 

塗る時にふくらはぎなどをリンパマッサージ

してあげることでむくみも取れて

血液の循環も改善され身体がポカポカしますよ。

 

乾燥肌・むくみ対策になるだけでなく

湯冷め対策にもなるので、女性の皆さんは

ボディクリームを使わない手はないと思います!

 

 

最後に

いかがでしたか?

湯冷めしない方法と

冬場でも出来る簡単な対策を

いくつか紹介させていただきましたが。

 

気をつけるべきはたった3つです!

・浴室と脱衣所の気温差をなくす

・身体の水分をすぐ拭き取る

・入浴中も入浴剤を入れたり工夫する

 

皆さんも、お風呂と上手に向き合って

身も心もポカポカになってくださいね!