もうすぐ、秋の楽しみの1つ、

”紅葉”の見頃を迎えますね♪

 

 

自宅にいながら、紅葉が楽しめる!

なんて、夢みたいなこと叶うって知っていましたか?

 

 

お庭がある方はもちろん、

鉢植えでも楽しむことができます。

 

紅葉の育て方の注意点や、

お庭や鉢植えで育てる方法をご紹介します!

 

 

自分で育てて眺める紅葉は、

さらに何倍もの風情を感じられるはずですよ♪

紅葉の育て方の注意点は?

参考元:https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0207e154470/

紅葉は一見、育てるのが難しそうな植物ですが、

比較的簡単に育てられる植物なんです♪

 

 

では、どんなところに注意して育てたらいいのか、

お教えします!

どんな環境で育てたらいいのか?

もともと紅葉は山の奥の木漏れ日がそそぐような、

谷あいの川の近くに自生する植物です。

 

 

どちらかというと、じめじめした場所を好むのです。

 

 

日が照りすぎる場所に植えるのは避けましょう

 

 

特に、真夏の強い日差しや高温は、

葉がしおれたり、焼けたりする原因になります。

 

 

土が乾いていたら、お水をあげてくださいね

 

 

葉っぱが乾燥して縮れて茶色くなってしまったら、

もう元には戻りません。

 

 

これをそのままにしていると紅葉しなくなってしまいます!

 

 

そこで、茶色になった葉っぱは、

8月中にむしってしまいましょう

 

 

そうすれば9月以降に新しい葉っぱが生えてきて、

10月11月の紅葉に間に合うはずです。

 

 

耐寒性はあるので、冬は問題ありません!

 

 

空中湿度が高く

昼と夜の寒暖差が激しいところで、

紅葉はよく色づくのです。

 

 

剪定しなきゃいけない?

 

剪定は、邪魔な枝を落とす程度で大丈夫です

 

 

剪定の時期は11月~12月下旬の落葉以降

BESTです。

 

 

刃物を嫌う植物なので、

出来る限り手で行ってください。

 

 

絡むようにクロスしてしまっている枝や、

枯れ枝を剪定して、

自然な樹形に仕立てます。

 

 

手で折れない枝は、

剪定ばさみなどの刃物を使い、

切口に保護液を塗っておくと良いでしょう。

 

 

樹液の流出と、菌の侵入を防げます。

 

 

剪定作業は、必ず!!というわけではないので、

不安な人は枯れ枝を取るくらいでも十分です。

 

 

剪定作業とは別に行いたいのが、

茶色くなって枯れてしまった葉の処理です。

 

 

この葉は、放置していても回復しないので、

人の手で摘まみましょう。

 

 

紅葉を庭で育てるときは?

参考元:http://www.washoku-tomiya.com/fcblog/2016/11/13/お庭の紅葉が始まりました。/

お庭に植える場合は、最初から半日陰に植えましょう。

 

 

一日のうちで、数時間しか日が差さない場所でも

生息します。

 

 

葉っぱにお水をかけましょう。

育て方

紅葉は水はけのよい、肥沃な土を好みます。

 

 

植穴をできるだけ大きく掘り、

堆肥や鶏糞を庭の土にすきこんでください。

 

 

これらは、ホームセンターや園芸用品コーナー

買う事ができますよ!

 

 

苗を中央に固定して、緑を埋めます。

 

 

やや高めに植え付けることで、

水はけがよくなります。

 

 

最後にたっぷりとお水をやりましょう

 

 

苗の根が植え付けた場所に定着し、

順調に育ち始めたら、

人の手での水やりは特に必要ありません

 

 

元肥には、油かすを使うとよいでしょう♪

 

 

こまめにお世話をする自信がない人や、

水やりが面倒な人は、

鉢植えよりも庭植えを選ぶといいですよ!

 

 

しかし、最初の場所選びが肝心です。

 

 

簡単に場所移動ができる鉢植えと違って、

1度植えてしまうと、

その後簡単に鉢植えができません。

 

 

まずは日当たりを確認して、

肥沃な土壌作りを行ってから、

植え付けしましょう。

 

 

紅葉を鉢植えで育てる方法は?

参考元:http://muramon-bonsai.blog.jp/archives/14224177.html

鉢植えの場合は、夏は半日陰に移動させましょう。

 

 

土が乾ききる前にお水をやりましょう。

 

 

非常に水切れしれやすいです。

 

 

水切れすると、葉っぱがチリチリになるので、

すぐわかります!

 

 

育て方

普通の園芸培養土、または赤玉土(小粒)を

ベースにした肥沃な土で育てます。

 

 

鉢底の穴はネットでふさぎ、

鉢底石を敷いてください。

 

 

量は鉢の底が見えなくなるくらいです。

 

 

その上から土を注いだら、

中央に紅葉の苗を固定しましょう。

 

 

緑を土で埋めて、

緩効性肥料を置き肥として与えておきます。

 

 

最後に、鉢底から水が流れ出るくらい

たっぷりと水やりをして、完了です。

紅葉を育てるのにおすすめな商品は?

紅葉はうどんこ病にかかったり、

カイガラムシ、アブラムシが発生することがあります。

 

 

うどんこ病にはダイセン1000倍液

カイガラムシ・アブラムシにはスミチオン1000倍液

散布しましょう♪

 

 

 

結び

紅葉を自宅で育てるノウハウをお伝えしました!

 

 

庭植えがいいか、鉢植えがいいかは、

それぞれの育て方を比べて、

ご自宅にあった環境で選んでみてくださいね♪