最近寒くなり始め風邪をひく人が

多くなり始めてる時期なんでは

ないでしょうか?

 

 

季節の変わり目は風邪をひきやすいので

体調管理がとっても大切です。

 

 

そんな時期重宝するのはマスクですよね

しかし中には眼鏡を曇らせたくないから

鼻を出してマスクをつけている方が多

見られますが、それは間違った使い方です!

 

 

なぜいけないのか?

今回はそんなマスクについてのお話です!

マスクで鼻を出すのはNG?

マスクで鼻を出すのはなぜいけないか?

それは露出した鼻腔から病原体が体内

飛び込んだり逆に病原体を含んだ飛沫が

鼻腔から飛び出したりするので

鼻はマスクに収める必要があります

 

 

たとえそのマスクが優れていて

99%抗菌仕様とかになっていても

鼻が出ていたら意味のない話に

なってしまうということになりますね

 

 

マスクで鼻を出してるとどんな迷惑が?

 

自分自身の迷惑は上記でもご説明しましたが

病原体を体内に入れ込んでしまい

インフルエンザ・風邪などの病気につながる

という事になります。

 

 

社会人の方にはわかると思いますが

良く会社から「体調管理も仕事の内

なんてなことを新人の頃に

上司から口が酸っぱくなるほど言われた経験ありませんか?

 

鼻出しマスクは一見マスクしてるから

「俺万全!」みたいな感覚になる方も

多いのではないでしょうか?

 

しかし、

全然だめですよ!!

 

 

他人から見て鼻出しマスクはなんか

ダサいとか思ったことありませんか?

 

電車内とかで見かける方もいらっしゃる方も

多いのではありませんか?

 

 

見た目もかっこ悪いし、病原体ももらうし

ましてや体内で保菌している病原体を

他人に移してします。

 

 

なんてなことをしてしまいます

迷惑極まりないですよね

 

 

鼻出しマスクをしている人の心理

鼻出しマスクをしている人の心理を考えてみました

 

 

人には菌を移さないが人の菌は貰う

 

「自分は絶対誰にも風邪をうつさないぜ!

だけどみんなの菌はガンガンもらうよ!」

 

めちゃめちゃ環境にいい人ですよね!

自分のから周りに迷惑を

かけないように心がけそして空気中の

病原菌を鼻から入れているのですね!

口が寒いけど、鼻が熱い

 

 

「口が寒い!とにかく寒い!寒くて寒くて

凍えそうだけど、何故か鼻は暑い!」

冷え症なのか暑がりの人なのかわからない人です

 

 

仕方がないのでマスクをして口を温めています。

 

 

でも鼻まで覆ってしまうと

鼻が暑くてたまらないので鼻はださなきゃいけません。

 

 

自分がもし同じ状況なら苦痛ですよね。

 

 

暑いんだが寒いんだかわからないけど

部分によって明確な差が出てしまっているのは苦痛です。

 

 

 

マスクで何とかなるのは口鼻だけです。

 

もしこれが腹と腰だったらもう最悪です

 

 

ファッション

 

「他人と同じなんて考えられない!他人とは

違う付け方をしなきゃいかん!」

周りと同じことを気にしオリジナリティを

出さなきゃ気が済まない人です

 

 

でもマスクの付け方のバリエーションはそこまで増えません

結局鼻を出してつけるというやり方に落ち着くでしょう

 

 

というよりか心理を考えてみましたが

おそらくみなさん

 

 

マスクの付け方を再度確認する必要がありますね!

 

 

マスクの正しいつけ方講座

いらっしゃいませ!

マスクの正しいつけ方講座へようこそ

今回はマスクの正しいつけ方をしっかりと

学んで行きましょう.

 

マスクの正しい付け方
  • ゴムひもで固定し、鼻、口、顎を覆う特に鼻と口の両方は確実に覆う
  • 鼻の部分を押さえてフィットするよう調節をする
  • 隙間が無いように調整する

 

 

以上の三点が正しいつけ方になります

 

 

これは厚生労働省が公表している

「新型インフルエンザの流行時の日常生活

におけるマスク使用の考え方」

という資料によるものです

 

 

厚生労働省つまり日本国が推奨している

つけ方になります

 

 

ここで疑問が出てきます

 

 

では病原体祭りになってしまったマスクは

いつ新しいマスクに取り換えればいいのか?

 

取り換えるタイミングはいつなのか?

その疑問を解くカギがあります↓↓

 

 

マスクを新しくするタイミングは?

市販の不織布マスクは基本的に使い捨てですが

皆さんはどれぐらいの頻度で交換しますか?

 

 

ある調査によれば1日使ったら

交換するという人が全体の約55%を占めるようです。

 

 

上記の厚生労働省の資料によればやはり

マスクは1日1枚程度の使用が良いようです

 

 

しかしマスクにも弱点があります

 

 

マスクの一つの弱点として

濡れたら使用できない

という点があります。

 

 

サージカルマスクは空気が通過するときに

空気に含まれる微粒子の95%

除去することが出来ますが

空気が通過しなければ除去することが出来ません。

 

 

マスクが濡れてしまうと空気が通過

できなくなってしまうので

マスクの周囲から空気が漏れこんでくるのです。

 

 

マスクが唾液や飛沫などで濡れた場合は

新しいマスクに交換しましょう。

 

 

マスクを捨てる時は大量の病原菌が付着

してるので表面を触らないように外し

ビニール袋かでくるんで捨てましょう

 

 

空気感染もあり得るのでしっかりと密閉し

捨てるのが一番安全なのかもしれません

 

 

今回は鼻だしマスクの迷惑性、危険性

そして正しいマスクの付け方をご紹介しました

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました