きっと冬、雪の季節を待ちかね

ている人が多いのではないでしょうか。

 

雪、ウィンタースポーツを

楽しむ人にとっては、降雪量が

気になりますね。

 

 

ところで、ウィンタースポーツの中で、

最近ではスキーの人気が低下している

一方で、スノボの人気が高まっている

のはご存知ですよね。

 

 

そこで、今冬に、スノボを始めようと

考えている人もいるのではないでしょうか?

 

もうスノボの用具やウェアを購入

済みという人もいるかと思います。

 

 

いったい、スノボの魅力とは何か?

と思う人もいるのではないでしょうか。

 

 

そこで、スノボの魅力を探ってみましょう。

 

スノボの魅力とは?

 

スマホの魅力を次のようにまとめる

ことができます。

 

 

雪上を滑走する爽快感を味わえる。

 

 

練習で上達するので達成感を味わうことができる。

スノボの備品を、自分で細かく調節

することができる。

 

 

競争相手のいないスポーツである。

 

 

友達と一緒に楽しめるスポーツである。

 

 

確かに、真っ白な雪の上を

思いっきり滑ったりジャンプ

したりと開放感と爽快感が

味わえる楽しいウィンター

スポーツであることは分かりますね。

 

 

ですが、スノボを楽しむには

事前運動やコースの途中で

座り込むことは止めるなどの

マナーを守る必要があります。

 

 

スノボの初心者にやって欲しく

ない事を、詳しく話している

動画があるのでご覧ください。

 

 

危険なスポーツでもあるので、

自分だけではなく周りの人達への

安全を心がけて楽しむ必要があります。

 

 

 

特に、初心者は事故や怪我を避ける

ためにもしっかりとマナーを守る必要があります。

 

 

そして、一番気になるのが

体への負担を和らげる方法

ではないでしょうか。

 

 

折角の楽しみのスノボが、

悲惨な経験になることだけは

避けたいですよね。

 

 

ところで、スノボで最も気になる

のが首の痛みに苦しむ

人が多いということです。

 

 

痛みを感じた際の対処法

知った上でスノボにチャレンジ

した方が、さらに楽しめると思います。

 

そこで対処法について紹介しておきます。

スノボで首が痛いときはどうする?

雪上をスノボで滑走を終えた

後の爽快感は素晴らしものが

あるにちがいありません。

 

 

ところが、次の日の朝から首に

違和感を覚えるという経験を

したことはありませんか。

 

首の痛みはどこからくるのでしょうか。

 

首の痛みの原因とは?

 

首の痛みの多くは、スノボをして

いる際の転倒から来ています。

 

 

お尻から転倒した際には、実は

首にも大きな衝撃がかかっていて

そのため翌日に首が痛むのです。

 

 

さらに、首の筋が衝撃でいたんだ

場合は転倒した当日ではなく翌日

から痛みを覚えるようなります。

 

 

この首の不快な痛みを和らげる

には、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

首の痛みの対処法ですが、

一番良いのは病院で診察を

受けて治療することです。

 

 

治療方法を間違えたり、怠ったり

するとずっと痛みに苦しむことに

なるのでくれぐれも首の痛みを

甘くみないようにしてください。

 

 

翌日もスノボを楽しみたいので、

痛みを我慢する、放置するとか

絶対やめてくださいね!!

 

さらに言えば転倒時に頭を打った、

頭痛がある、吐き気がある、

違和感を覚えるといった症状が

あれば、直ぐに病院に行くようにしてください。

 

 

ここで紹介する対処法は

軽い筋肉痛としての首の

痛みに対す対処法に限定します。

 

対処法

 

痛み、炎症が起こった場所を

冷やしますが、冷やし続ける

と逆効果になるので注意してください。

 

 

冷やすのを止めるタイミング

見極まるのが難しいので注意してください。

 

 

次に、筋肉の緊張は血流と神経を

圧迫するので温めて筋肉の緊張を

解く必要があります。

 

 

痛みを感じる方向に、絶対に

動かさないようにしましょう。

 

無理して動かすと、さらに痛みが

増して直り難くなるので安静を守ってください。

 

 

そして、傷めた筋肉を早く治すには、

タンパク質の摂取

充分な睡眠

を必要としているのが心がけるようにしましょう。

 

 

いずれにせよ、痛みが取れない

症状が改善しないのであれば、

病院に行き治療をしてもらいましょう。

スノボの安全な楽しみ方とは?

 

 

まず、スノボは、転倒や衝突に

よって怪我をしやすいスポーツ

あることを認識しておきましょう。

 

 

スノボはストックを持たずジャンプ

をしたりするスポーツなので、

バランスを崩し易いので上半身

から転倒して怪我をします。

 

 

また、転倒した際にスノボのボード

が外れ難いので、足に骨折をおこしやすいのです

 

 

スノボは大きな怪我に結びつく

スポーツであるという認識を持つ必要があります。

 

 

さらに大切なことは、スノボを

初めて挑戦する際には必ずスクール

に入って適切な指導を受けた上で楽しむようにしましょう。

 

 

自己流でスノボをすることは、

大怪我につながりかねませんし、

他の人を巻き込む事故につながる

可能性があるので危険だという事を

知っておくと良いです。

 

 

スピードの出し過ぎなど、他人に

迷惑を及ぼすような楽しみ方は

やめましょう。

 

 

さらに、転倒に備えてヘルメット

などのプロテクターを必ず着用

するようにしましょう。

 

 

スノボの用具を購入する際には、

スノボに詳しいスポーツ店を

選び、充分なアドバイスを

もらいながら購入するようにしましょう。

 

 

アドバイスに従って、ウェアや

用具をファッションで選ぶのでは

なく、安全性を重視して購入する

ようにします。

 

準備運動をして、事前に

体をほぐしておきます。

 

特に、スノボ初心者の人は体の

あらゆる箇所に力が入ってしまいます。

 

そうなると、転倒した時にも

ダメージを受けやすくなります。

 

 

そのため、体の力を抜くことが大切なのです。

 

 

日頃から、適度な運動をして

おくと筋肉痛にも苦しむことも

なく、楽しいスノボ経験になります。

 

スノボの前後に行うストレッチ

方法の詳しい説明のあるサイト

を紹介しておきます。

 

http://www.xnix.com/special/vol2/

 

 

スノボを始める前だけではなく、

楽しんだ後も適切なストレッチを

することで筋肉痛を緩和できます。

 

 

そして、何よりも事故や怪我を

未然に防ぐことができます。

 

 

スノボでの事故!

スノボではどんな事故が起こる

のかが気になりますね。

 

 

スノボの事故は、20代の男性に

もっとも多く発生する傾向があります。

 

 

その事故では、擦過傷や打撲に

次いで骨折、脱臼や捻挫と続きます。

 

それらの怪我が起こる体の部分

としては、肩や前腕、次に頭部や

大腿や下腿と続きます。

 

 

圧倒的に上半身へのダメージが

集中しているのがスノボの怪我の特徴です。

 

 

また、スノボでの事故で怖いの

は衝突などで他のボーダーや

スキーヤーを巻き添えにすることです。

 

 

特に、スノボでのジャンプを

した際に衝突事故を起こす

ことが多いので、自分の実力

以上のことをしないようにしましょう。

 

自分の技量を見極めることが大切です。

 

頭を打った際には!

 

頭部を打った際には、見た目に

出血がなくても脳内で出血して

いる可能性があるということを

認識したおきましょう。

 

 

安易な自己診断をしないで、

必ず病院に行き診察を受ける

ようにしましょう。

 

 

特に、頭痛、眠気、吐き気、があり、

痙攣や物が二重に見えたり、手足の

脱力感があり首が硬直するなどの

症状がある場合は、頭蓋内出血

起こしている可能性があるます。

 

ですので直ちに病院に行ってください。

 

 

最後に、事故を起こした際に

他の人を巻き込む可能性もある

スポーツです。

 

ですので事前に保険の

加入も考えておくとスノボ

より楽しめるのではないでしょうか。

 

結び

 

ゲレンデでのマナーを守り、

無理をすることなくスノボを

楽しみたいですね。

 

今冬にスノボに挑戦する

つもりの人は、事故や怪我に

気をつけて雪上での爽快感を

楽しんでください。