七五三や、お正月、成人式など、

これからの季節、着物を着けるチャンスも多くなります♪

 

 

着物を着用するとき、

中にどんな下着をつけるかご存知ですか??

 

 

着物を着けたことのない人は、

是非ご一読しておくと、

着物を着けるというイメージを膨らませることができますよ♪

 

 

この記事では、

着物の下に着ける肌着について、

ご紹介いたします!

肌襦袢の着方の手順は?

着物を着用するとき、

下着はどんなものをつけていますか??

 

衿や足から、ちらりと見えることも・・・

 

着物の下に着ける肌着を、

”肌襦袢”裾避け”と呼びます。

 

 

肌に直接ふれる和装の下着のことで、

汗を吸い取る役割をします。

 

 

肌襦袢は、適当につけると、

衿回りから肌襦袢がのぞいてしまうことも多いです。

 

 

そうしてしまと、だらしなく見えてしまいます。

 

 

肌襦袢の衣紋はしっかり抜きましょう。

 

 

それでは、着方を詳しく載せておきますね♪

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

①肌着に手を通します。

 

 

この時、衣紋をしっかり抜きましょう♪

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

②前はゆったり合わせましょう。

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

③タオルを2枚重ねて、中心に腰ひもを置きます。

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

④タオルを半分に折って、

わさ(輪の方)を上にして持ちます。

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

⑤タオルを胸の下に当てましょう。

 

 

タオルの中心をからだの中心に当てて、

後ろに回します。

 

 

紐を交差して、前に持っていき、一回かけます。

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

⑥腰紐を反対にねじって、一本ずつかけます。

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

⑦もう一本もかけ、肌着の始末をします。

 

 

前はタオルの下に折り込みましょう。

 

 

後ろは肌着の裾をひっぱって、

もう一度衣紋をしっかり抜きましょう。

 

 

これで完成です♪

裾避けの巻き方の手順は?

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

①上前(左手)を右腰骨の位置に合わせます。

 

 

残りはすべて下前(右手)にひきます。

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

②上前を開いて、下前を左脇へ持っていき、

5cm上にあげます。

 

 

下前が余れば、左腰から前に折り返します。

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

③上前を合わせ、5cm上にあげます。

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

④両端の紐のついている部分を三角に折り返します。

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

⑤そのまま紐を後ろに回し、前に持ってきて、

蝶々結びをします。

 

 

参考元:https://www.kimonoculture.com/02_Kikata/201_Shitagi/TwoPiece/

⑥裾避けの出来上がりです♪

 

 

下着はどうするべき?

肌着の下に着ける下着は、

和装用のブラジャーをつけることがおススメです♪

 

 

今の洋装用のブラジャーは、寄せて&あげてが主流ですが、

着物の際には、バストが目立ってしまい、

着物にムダなシワがよることがあります。

 

 

和装用のブラジャーは、

胸をつぶして平たくするので、着物がきれいに見えます。

 

 

季節に応じても、素材を変えるとGOODです。

 

 

夏は、通気性のよい素材を。

 

 

冬は、保湿性の高い素材を選びましょう♪

結び

レンタルなどで、着物を着用するときに、

自分で用意することも多い肌着類!

 

どうしようかな、と迷っていた方は、

是非参考にしてみてください♪

 

時期に合わせて選んでみると、

さらにGOODですよ♪