「今日は、寒(かん)の入りです。」

という言葉を耳にしたことはないでしょうか?

 

 

寒に入ったということは、

これから1年でもっとも寒い時期を迎えるということです。

 

 

大寒とは、1年でいうと

いつを指すのでしょうか?

 

また、大寒の卵は縁起がいい!

というのを知っていますか?

 

 

今回は”大寒の卵”について”掘り下げてみようと思います♪

 

 

是非もうすぐ迎える大寒の日に向けて、

この記事を参考に準備してみてくださいね。

大寒のたまご(卵)は縁起がいい!

参考元:https://www.taiyouran.com/update/news/896.html

大寒っていつのこと?

大寒とは、寒さがさらに厳しくなり、

1年中でもっとも寒い時期のことを指します。

 

小寒から立春までの30日間を寒の内といい、

大寒はその真ん中に当たります。

 

Wikipediaによると、大寒とは

「ひ(冷)ゆることのいた(至)りて

はなはだ(甚だ)しきとなればなり(也)」

と載っています。

 

 

「至り」とは「ある物事が最高の状態に達していること」

「甚だしい」とは「普通の度合いをはるかに超えている」

という意味を持ちます。

 

 

直訳すると、”寒さが一番厳しい時期だから、大寒である”という

意味となります。

2019年の大寒はいつ?

大寒の日は、2019年でいうと、

いつにあたるのでしょうか?

 

 

大寒の日は、毎年1月20日ごろ

もしくは大寒から立春までの期間を指します。

 

2019年の1月20日

が大寒の日といえます♪

 

 

大寒を七十二候(しちじゅうにこう)で見ると

七十二候とは、1つの節気を、

初候次候末候(5日ずつ)の3つに分けて、

気象や動植物の変化を表したものです。

 

 

大寒をこの七十二候で紐解いてみましょう♪

 

 

初候 款冬華(ふきのはなさく)

厳しい寒さの中、深い雪の下で、

蕗の薹(ふきのとうのつぼみ)

そっと顔を出す頃を表しています。

 

 

蕗の薹は、雪解けを待たずに顔を出すので、

”春の使者”とも呼ばれています。

 

 

大寒の後に訪れる節気は、立春です。

 

 

遠い昔の人たちは、寒さが厳しい時期でありつつも、

雪の下から頭を出す蕗の薹を見つけては、

春が近いと喜びを感じていたのではないでしょうか?

 

 

★次候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

厳しい寒さで、沢の水も堅く凍ってしまう頃を

表しています。

 

 

沢の水も堅く凍るほど厳しい時期でありながら、

この頃になると、

”福寿草”が花を咲かせます。

 

 

秋に芽を出して冬に花を咲かせる福寿草は、

「元日草(がんじつそう)」などとも呼ばれ、

春を告げる花の1つです。

 

 

末候 鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす)

鶏が春の気配を感じて、

卵を産み始める時期を表しています。

 

 

今の養鶏場では、いつでも卵を手に入れることができますが、

そうではなかった時代もあります。

 

 

昔は、冬の寒さが原因で、鶏の産卵数がすごく少なくなりました

 

 

その寒さのせいで、鶏は水の摂取量が減り、

飼料を多く食べたのです。

 

 

そんな環境で産む卵は、、一年のうちで

最も栄養価が高い卵となりました。

 

 

そのため、

大寒の卵を食べると、1年を健康で過ごすことができる

と言われるようになりました。

 

 

大寒の卵は黄身も濃厚で、

最も美味しい卵と言われています。

大寒の卵のご利益の由来は?

参考元:https://twitter.com/hashtag/大寒卵

風水において大寒の卵は、金運と健康運を呼ぶ

縁起物とされています。

 

 

その理由としては、

〇大寒の寒さのなかで産まれる卵は

最も生気に溢れているから

 

 

〇寒さを耐えた後には春がやってくる

=堪えた後には、幸せがやってくる

 

 

〇卵は金の気を持つ食べ物である

 

 

などがあげられます。

 

 

そんな縁起がいいんだったら、

是非食べたい!!!という方も多いはずです♪

 

 

ではどうやったら大寒の卵は手に入るのでしょうか?

 

 

大寒卵の手に入れ方

①卵農家からネットで、直売で買いましょう

大寒卵を手にいれる方法で確実なのは、

信頼できる卵農家からネット予約や直売で購入することです。

 

 

遠方にお住まいのご両親などに贈り物を

するのもいいかもしれませんね。

 

 

寒い冬、喜んでいただけることでしょう♪

 

 

②デパートで買いましょう

大寒の日になって急に思い立ったり、

近くに養鶏場がなかったら、

スーパーやデパートで買うことになるでしょう。

 

 

デパートなら!

 

 

産卵日が記載された卵が手に入るかもしれません。

 

 

ただし・・

 

 

スーパーの卵には賞味期限が入ったものが多いので、

産卵日が正確にわかりません。

 

 

気を付けてくださいね。

 

 

結び

いよいよ年が明けたらあっという間にやってくる大寒の日。

 

 

大寒の卵は一年で最も栄養価が高い卵とされていて、

縁起がいいとされているようですよ♪

 

 

もし食べたい!と思っている方は、

早めに予約してことをおススメします。