ホタルイカの身投げとは?2019年の時期や時間帯や場所やする理由はなぜ?

青く光る神秘的なイカ「ホタルイカ」はご存知ですか?
美しいだけではなく、酢味噌に付けると最高の
つまみになりますよね。

そんなホタルイカは、春に生まれて1年で生涯を終えます。
普段は水深200~600mの深い所に生息していますが、
産卵の時は海岸まで上がってきます。

名前の「ホタル」の由来となっている青い光
あれは、ルシフェリンという発光物質に、
ルシフェラーゼという発光酵素が反応して起こります。
この仕組みは、元祖ホタルに近いのですが、
詳しい仕組みはまだまだ研究中という、
実は謎多き生物なんです。

そんなホタルイカの身投げという衝撃的な
現象をご存知でしょうか?
神秘の生物ホタルイカの神秘な現象をご紹介します。


ホタルイカの身投げとは?


出典元:https://origami-book.jp/column/wp-content/uploads/2016/03/d1092a1108441f7ca07d0867c56bea50.jpg
身投げ?
物騒な現象でびっくりしますよね。

この現象は、産卵のために海岸近くまで来たり、
産卵が終わったホタルイカが、打ち上げられることを言います。

海岸に沿って、青く光ったホタルイカが
連なっているいる光景は、幻想的です。

ホタルイカの生命としての命の灯が、
美しい光景を作り出すんでしょうか。

この光景はどこでも見られるわけではありません。
日本海側、特に「富山湾」でよく見られる光景なんです。

ホタルイカの身投げ2018年は?


出典元:http://himi-aoyagi.com/himijinkou11111.png
そんな幻想的な、ホタルイカの身投げはいつみられるのでしょうか?
例年、2月下旬から5月の時期に見られます。

でも、この期間のいつでもみられるわけではないんです。
「産卵」という自然現象ですから、
特別な条件を満たしたときに見られるんです。

まず一番重要なのが
「新月」の夜です。

人間は満月の日に出産が多いと聞きますが、
全くの逆なんですね。
真っ暗闇の方が天敵に見つかりにくいからでしょうか?

その他に地元で囁かれている
重要な要素です。
・波が穏やかな夜
・良く晴れて海の中がきれいな夜
・深夜から未明に満潮になる夜
・南寄りの風が吹いている夜

これらの条件で絶対に見られるわけではありません。
めったに見られないからこそ、神秘的なのかもしれません。

では、2018年はいつ見られるのでしょうか?
一番可能性が高い新月の日程を確認しましょう。

・2月16日(金)6:06
・3月17日(土)22:12
・4月16日(月)10:58
・5月15日(火)20:49

新月の夜となると、この2つですね。
・3月17日(土)22:12
・5月15日(火)20:49

新月からの予想だと、この日程の可能性が高いと考えます。
ホタルイカを見るために富山旅行を計画している方は
参考にしてみてはいかがでしょうか?

ホタルイカすくいとは?


出典元:https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/02/f2/83/19/caption.jpg
見るだけではなく、食べたくなるのが人間の性ですよね。
そんなイベントが「ホタルイカ掬い」です。

これは一般の方が、その名の通り、ホタルイカを掬えるんです。
産卵のために、海岸の近くに来ているホタルイカを
たも網で掬います。

なぜ産卵前のホタルイカを掬うかというと・・・
産卵後のホタルイカは美味しくないからです!
人間も出産後は体力を消耗しますよね。
ホタルイカも一緒で、体力を使い果たして
しかも、砂まみれなんです。

産卵の前に、掬ってしまおうというのが、
ホタルイカ掬いです。

掬ったらそのまま生で食べちゃおう・・・
生食は注意が必要です。

ホタルイカには寄生虫がいる場合があります。
厚生省の2000年の発表では、規制している比率は7%です。
この寄生虫は加熱するか、-30℃で4日以上で、死滅します。
現地でも、生ではあまり食べないようです。
ご注意ください。

ホタルイカの調理法とは?


出典元:http://image.rakuten.co.jp/auc-hasegawasengyo/cabinet/03126694/hotaruika/img63417202.jpg
ホタルイカのボイルがやはり一番有名ですよね!
酢味噌に付けるのが一般的です。
ぷりぷりとした身がたまらないですよね。
日本酒と合わせれば、もう天国です。

もう一つ忘れてはならないのが
「ホタルイカの素干し」です。

身がきゅっとなって、一段と小さくなって、
魅力的です。
美味しい食べ方は、ライターで炙るんです!
炙って、日本酒、炙って、日本酒、もうエンドレスです。
お勧めは、内臓が付いている素干しです。
美味しさが段違いです。

富山お土産に、この2品をお忘れなく!

最後に


出典元:http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/659320/image004.jpg
神秘の生物ホタルイカをご紹介しました。
あの神秘の光は、色々な役割があることが分かっています。
まず、敵から身を守るためです。
襲われたときに、相手を威嚇したり、目くらましにして、
逃げるために光ります。

次に、光によって身を隠すためです。
海の上から降り注ぐ光に合わせて、おなかを光らせることで、
下から敵が見上げた時に、見つかりにくくしているんです。

最後に重要なのが、コミュニケーションのためです。
仲間やオスとメスなどで光の出し方を変えたり、組み合わせたり、
そうして、合図を送っていると考えられています。

命の灯に見えたのは、
ホタルイカにとって、その光が、
ホタルイカの人生に欠かせない、
ホタルイカそのものだからかもしれません。

富山に旅行して、
ホタルイカが見たくなってきましたよね!?

青白い神秘的な、ホタルイカの身投げを
運よく見られることを祈っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です