カッパ 雨具

2019年の秋雨前線はいつからいつまで?特徴や仕組みを紹介!

が終わりに差し掛かってきて次の季節は

暑さも控えめになってきて涼しさも感じるのが秋です!

そして秋になると秋雨前線というのが発生します!

さて2018年の秋雨前線はいつから起きると予想されているのでしょうか?

秋雨前線の起きる予想などについて紹介していきます!


秋雨前線とは?

秋雨前線

まず秋雨前線について知らない方もいるかもしれませんので紹介しておきますね!!

秋雨とは8月の下旬から10月前後まで降る長雨のことです!

秋雨前線とはこの長雨を降らす気候のことを秋雨前線といいます!

秋雨前線のできる仕組み!

 

さて秋雨前線ができるのが夏が終わってからだと紹介しましたがその理由は夏には日本全体を猛暑にした太平洋高気圧があったのですが秋になると太平洋高気圧が南下していきます!

それと同時に冷たい高気圧が日本海側に出てきます!

この二つの空気がぶつかる場所が秋雨前線となります!

わかりやすい画像があったので紹介しておきますね!
秋雨前線

二つの空気がぶつかるので、秋雨前線のかかっている地域は気候が荒れやすくなりますので急な雨には気を付けるようにしましょう!

秋雨前線の特徴

さて秋雨前線のかかる地域にはどんな天気の特徴があるのでしょうか?

先ほどから述べているように、雨が長く降り続きやすいのも特徴の一つです!

また秋雨前線は消えるまで時間がかかりますので雲の動きが遅いのが特徴です!

それに加えて秋には台風もきますよね?実は台風の被害がいちばん四季の中で多いのがなんです!

その理由は秋雨前線が停滞しているなかで台風が来ると普段の台風より被害が大きくなると証明されているようですので気を付けてくださいね!

秋雨前線の特徴その2

秋雨前線

 

秋雨前線の大きな特徴としましては北から南にかけて南下していくことと紹介しましたがその特徴として秋雨前線が出来た初期に力があるということです!

このせいで秋の北海道は雨が多いんです!

北海道の秋の長雨は秋雨前線が出来た初期の力のせいなんですね。

2017年の秋雨前線はいつからいつまで?

 

実は六月の梅雨も同じなのですが秋雨前線には明確な入りと抜け定義することができないので例年の予測で大体いつからいつまでと決めているとのことです!

ですので2017年の秋雨前線も大体8月の下旬から10月にかけてまでと予想できます!

また秋雨前線の終わりについてですが秋雨前線が南下していって途切れ途切れになり最終的には消えるのが秋雨前線です!

天気予報などで天気の図がでることが多いと思いますが、少し「秋雨前線」はどうなっているのだろうと気にするだけで簡単に秋雨前線を見つけることも出来ますよ!!

秋雨前線

 

さてこの画像の中で、秋雨前線がどこにあるかわかりますか?真ん中の「停滞前線」と書いているのが秋雨前線です!

これが秋が深くなるにつれて南下していってなくなっていきます!

天気予報では秋雨前線とあまり言わず秋ごろに言っている「停滞前線」=秋雨前線と思ってくれて大丈夫です!

また秋の雨も嫌ですよね?こちらのほうに雨具の紹介をしていますので合わせて読んで見てください!
長靴でもおしゃれに決める!最新のレインブーツや通販のおすすめを紹介!
雨具をおしゃれに!最新のカッパや通販のおすすめ商品を紹介!

まとめ

最後に軽くまとめておきますね!

  • 秋雨前線は8月の終わりから10月まで
  • 秋雨は梅雨と同じくらい長い雨が降る
  • 秋雨前線は二つの空気がぶつかって
    出来るので天気が荒れやすい!

とこのようになっています!

夏が終わったら涼しくなっていいですが
秋も雨や台風など季節の災害が
多くありますので気を付けるように
しましょうね!