川魚には寄生虫がいるという話をよく聞きますね。

 

イワナやヤマメのように、源流近くの水のきれいな所に住んでいる魚にさえ、屡々寄生虫が発見されるのです。

 

特にマスの類にはよく寄生虫がいるのですが、それではニジマスには寄生虫はいるのでしょうか。

 

ニジマスは養殖魚を放流釣り場などで釣ることができますが、寄生虫は天然ものと比べてどうなのでしょうか。

 

ニジマスの刺身などは安全なのでしょうか。

 

いくつもの疑問が湧いてきますね。

 

今回はそのニジマスには寄生虫はいるのか、いるとしたらどんな寄生虫なのか、感染した場合はどうなるのか、その対策はどんなものなのか?

そんな疑問に答えるために、ニジマスのことを調べてみました。

ニジマスにいる寄生虫は?

まず、ニジマスにいる寄生虫はどんなものがあるのでしょうか?

以下にニジマスにいる可能性のある寄生虫を、列挙してみましたが、ニジマスの場合は、

天然ものと養殖物では、非常に大きな違いがある

という点に注目してください。

これについては、後に説明いたします。

  • アニサキス
  • 横川吸虫(ヨコガワキュウチュウ)
  • 日本海裂頭条虫(サナダムシ)
  • 広節裂頭条虫(コウセツレットウジョウチュウ)
  • 顎口虫(ガッコウチュウ)・有棘顎口虫
  • 肝吸虫(カンキュウチュウ)

これらの内、日本海裂頭条虫(サナダムシ)、広節裂頭条虫(コウセツレットウジョウチュウ)、顎口虫(ガッコウチュウ)、肝吸虫(カンキュウチュウ)などは、ニジマスにはまずいません。

 

裂頭条虫はサナダムシの一種で、最大で10メートル!(センチにあらず)にもなるという、キモイ寄生虫ですが、ニジマスにはほとんどいません。

 

顎口虫や肝吸虫は、感染するとかなりの重症になる場合も有り、魚の寄生虫の中では怖い存在ですが、これらもまずいません。

 

川魚の寄生虫でもっとも多いのが、横川吸虫とアニサキスですが、ニジマスでは横川吸虫は学者さんの報告書を見ても、天然養殖を問わず発見されていません。

 

もっともこの報告書は神奈川限定なので、他の場所ではどうなるかわかりませんが、まずいないのではないかと思われます。

ということで、ニジマスの場合は一番問題になるのは、アニサキスでしょう。

ニジマスにアニサキスはいるのか?

ズバリ書いてしまうと、

天然のニジマスにはかなり多くいるが、養殖のニジマスにはほとんどいない

ということになります。

こちらはニジマスにいるアニサキスの動画ですが、かなりグロなのでその手のものに弱い方は要注意!

但し、養殖ものにはいないと言っても、養殖方法に条件があり、それを満たしていれば、生食でもまず大丈夫でしょう。

養殖ニジマスのエサはドライペレットで、養殖の場所も隔離されている

 

というのがその条件ですが、日本国内に限ればほとんどの養殖場が上の条件に合致すると思われます。

 

各種の報告書でも、養殖ニジマスにアニサキスが発見された例は、ほとんどないのです。

 

というわけで、よく管理された養殖ものに限定すれば、ニジマスには寄生虫の心配はほとんどないと言えるでしょう。

 

只、一つ問題点があります。

 

それは、養殖場から直行でスーパーなどに出荷された場合は良いのですが、渓流のニジマス釣り場などに放流された場合はどうなのか、という点です。

 

養殖場は他の水域とは隔離されているので、そこで寄生虫に感染する可能性はないでしょうが、ニジマス釣り場は隔離されてはいないのです。

 

私も何度もニジマス釣り場には通いましたが、その釣り場で放流された後、寄生虫がいる中間宿主のエサを食べてしまう、という可能性もあるのではないでしょうか。

この点が心配なので、養殖場直行以外のニジマスは、やはり加熱した方が無難かと思いますよ。

人間に入るとどうなる?

それでは、アニサキスとはどんな寄生虫なのでしょうか。

 

アニサキスは海川を問わず、魚の寄生虫でもっとも多いものです。

 

その幼虫(アニサキス幼虫)は、長さ2~3センチで太さは0.5~1ミリ程度、白色の太め糸のような外見です。

 

アニサキスが人間の体内に入ると、食後数時間後から十数時間後に、胃の周辺に痛みと悪心、嘔吐などが起こります。

 

これが急性胃アニサキス症です。

 

その後、食後十数時間後から数日後に、下腹部に痛みと腹膜炎症状がおきます。

 

これは急性腸アニサキス症と言われています。

 

幸い、アニサキスによる症状はあまり重篤な場合は少なく、ほっておいても治る場合もかなりあります。

 

又、大半は胃の症状だけで、腸に症状が起こることは少ないのですが、腸の場合は医師による医療が必要です。

 

アニサキスの特効薬は、今の所ありませんので、天然物の生食は避けた方が無難でしょうね。

 

ここでもの凄い話を紹介しましょう。

 

それはアニサキスを食べた人のお話です。

 

アニサキスに感染した魚を食べたのではありません。

直接、

アニサキスそのものを食べてしまった

のです!

アニサキスを食べた人がいる!

まず、手のひらの上で転がして様子を見たそうですよ。

 

アニちゃんは人の体熱で苦しいのか、にゅるにゅるよたよたと動き回ります。

 

そいつをまず歯で噛みしめると、これは簡単には食いちぎれません。

 

ゴムのような感じで、とても人間の歯でかみ切れるようなものではなかったそうですよ。

 

ということで、次は熱を加えて殺したアニちゃんを食べてみます。

 

食感的にはちょっと固めの小骨みたいだそうです。

味の方は・・・

書いてありませんがな。

あまりおいしくはなかったようですね。

しかしっ!

流石に生きたままのアニサキスの試食はなかったようですが、いくら死んだアニサキスとはいえ、実際に食べてしまうとは・・・

この方の勇気には感服以外のなにものもありません。

私ならアニちゃんを見ただけで、尻に帆をかけて逃げ出しますね。

ニジマスの寄生虫に感染しない対策は?

ニジマスの寄生虫に感染しない対策としては、

天然のニジマスは生食しない

というのがまず第一の対策でしょう。

これまでに養殖もののニジマスで、寄生虫が発見された例は殆ど無く、大半は天然物のニジマスからなのです。

この場合、水がきれいだからとか、釣ってすぐ食べるからなどは全く関係ありません。

どんなにきれいな渓流でも、寄生虫がいる場合もありますし、寄生虫は魚の鮮度とは関係ありません。

どうしても天然物のニジマスを食べたいという場合には、こんな方法もあります。

  • 良く焼く
  • 冷凍する
  • 肉眼で見てアニサキスを取り除く

良く焼けば、寄生虫は全て死に、全く心配はいりません。

 

但し、表面は焼けていても内部迄火が通っていない場合は、感染の恐れは残ります。

 

冷凍する場合は、-20度以下で2日間程度冷凍すれば、大半の寄生虫は死にますが、焼く場合よりは寄生虫が生き残る可能性は高いです。

 

肉眼で見てアニサキスを取り除く方法は、アニサキスを見のがす可能性が高いので、あまりお勧めはできません。

 

それにかなり根気の要る作業になります。

 

つまり、よく焼くのが最も確実で簡単な、ニジマスの寄生虫除去の方法なのです。

尚、イワナや鮎などの川魚の危険性については、こちらにも書いておりますので、ご参考まで。

イワナに寄生虫はいる?どんな虫で危険性や刺身で食べる時の対処法!

鮎にいる寄生虫はどんなの?人間に起きる症状や食べない対策は!

 

結び

魚の寄生虫は、海川に関係なく、大半の魚にいると考えた方がよいようです。

ニジマスも例外ではなく、特に天然ものにはアニキサスなどの寄生虫が見つかっています。

しかし、養殖ものからは、ほとんど寄生虫は発見されていません。

しかし、養殖場からスーパー直行などの場合は心配ないでしょうが、そのニジマスをニジマス釣り場に放流した場合、寄生虫のいる中間宿主のエサを食べる可能性はあると思います。

そのあたりが心配なので、養殖ニジマスでもやはり十分焼いた方が安全でしょうね。