鉄道の料金には、通常大人料金以外に子供料金が設定されています。

 

子供料金は、一般的には大人料金の半額の場合が多いのです。

 

新幹線も例外ではないのですが、新幹線の場合は料金体系がかなり複雑で、必ずしも半額ではなかったり、大人料金と同一だったり、無料だったりとさまざまです。

 

更には、子供ではないのに子供料金で乗ろうという人もいますね。

そこで今回は、新幹線の子供料金は何歳まで利用可能なのか、又もし子供ではないのに子供料金で乗車した場合、それがバレたらどうなるか、などを調べてみました。

新幹線の子供料金は何歳まで?

新幹線の子供料金は、小学生は大人の半額、未就学児(幼児・乳児)は無料、というのが原則となっています。

只、未就学児については料金設定はかなり複雑で、自由席を利用すれば原則無料ですが、指定席を利用すると有料となります。

また、自由席利用の場合でも無料の範囲には制限があるのです。

こちらがJRの料金区分です。

JRのおとなとこどもの料金区分
運賃区分年齢運賃・料金
大人12歳以上(中学生以上)大人運賃・料金(正規価格)
小児6歳~12歳(小学生)小児運賃・料金(半額)
幼児1歳~6歳(未就学児)無料
乳児0歳無料

 

というわけですので、子供料金が適用されるのは、小学生の12歳迄となります。

 

尚、12歳でも小学生なら半額、6歳でも幼稚園児なら無料となります。

 

新幹線の場合は、小児の乗車券、特急券、指定席特急券は、大人料金の半額となります。

 

但し、グリーン席券には子供料金はなく、大人と同額となります。

 

子供がグリーン車を使う場合の料金は、

『子供の運賃』+『子供の特急料金』+『大人のグリーン料金』

となるわけです。

新幹線を利用する際、幼児と乳児は原則として無料になります。

 

但し、無料になるには幾つかの条件があるのです。

 

まず、料金を支払って乗車する旅客1人につき無料となる幼児と乳児は2人までです。

 

3人以上の場合は、3人目の幼児あるいは乳児からは、子供料金が適用されるのです。

 

又、指定席を使用する場合には有料となり、子供料金が適用となります。

 

グリーン車では、座席を幼児や乳児が一人で使用する場合は、大人のグリーン料金が必要です。

 

但し、指定席やグリーン車などを利用する場合でも、未就学児を膝の上に乗せて座席を使用しない時は、『原則として』無料になります。

いやはや、なんとも複雑怪奇な料金体系ですが、これはJRが民営となっても、日本『国有』鉄道の体質を色濃く残しているからでしょうね。

つまり、

お役所は体制が変わってもお役所

ということでしょう。

新幹線と子供については、こちらの記事にも書いていますので、ご参考にどうぞ。

新幹線に子供だけで乗せる時の注意点は?サポートはあるの?

新幹線の大人の子供料金はばれなければいい?

新幹線の大人の子供料金は、ばれなければいいのかといいますと、

いいわけないっス!!!(笑)

大人が子供料金で新幹線に乗るのは、それが意図的であれば、

立派な『犯罪』

です。

もちろん意図的でない場合は別です。

こんな例がありました。

いわゆる『ママ友』という人たちの例です。

ある若いママさんがママ友と一緒に小旅行に出かけました。

ところが、5組の内3組は子供が小学生なのに、

「うちの子供は未だ小さいから」

という理由で切符無し(無料)で乗車していました。

前項で書いたように、小学生は無料ではなく、子供料金(大人の半額)になります。

テーマパークなどの入場も同様だったそうです。

これは明らかに意図的なのです。

しかし、このママさんともう一人のママさんだけは、きちんと子供料金を支払っていました。

ところが、帰りの新幹線で切符の点検があり、そこで子供の一人が、

「みんな小学生になっているんだよ。」

と駅員さんに言ったため、無賃乗車の3人のママは注意を受け、子供料金を支払いました。

さてここからが大問題です。

無賃乗車組の一人のママ友は、

「あなたが切符を買うなんて余計なことをするから子供が疑問に思うのよ。うちの娘は小さく6歳になったばかりだから無料で良いのよ。運賃を私たちに支払ってよ!」

と言うのです。

唖然騒然また茫然・・・

無賃乗車がバレたから、まともに運賃を支払ったお前が払えというのは、前代未聞です。

日本国の歴史でも、神武天皇以来皆無かと存じます。

当然支払いを拒むと、

「絶交よ~~~ッ!!!」

と怒鳴りながら帰っていったそうです。

しかもその後、同じ幼稚園だった他のお友達にまで、このママさんが不正を働き恥をかいたと言いふらしているとのことなのです。

奇絶壮絶また怪絶・・・

もはや言うべき言葉もありませんね。

このメッセージへのレスは、

セコいママ友でしたね。本当にいやな人!!

んな あほな

そんな人、付き合って頂かなくて、結構ではありませんか。

我が子の教育をし直すより、親の方からやり直しですね。

などなど、至極常識的な反応でした。

まあ、これが不正乗車への一般的な見方と反応でしょう。

もし子供とごまかしているのがばれたら?

もし、大人が子供と偽り、子供料金で乗車しているのがバレた場合、どうなるのでしょうか?

ご安心ください。

もしバレた時は『最悪の場合』でも、

社会人の場合は会社を首になった上、詐欺罪で起訴されて裁判、学生なら退学処分

程度で済みます。

大人料金と子供料金の差を考えれば、大したことないじゃないですか。

もっとも、再就職の時には、

「前職は懲戒免職でやめされられました。」

と、告げながら就活をしなければなりません。

学生なら、

「前の学校は無賃乗車で退学させられたので、こちらに入れてくださいな。」

と入学の時にお願いしなければならないでしょう。

一般的には、無賃乗車がバレた場合は、駅員は社員証や学生証などをコピーし、会社や学校に通報する、などと言われます。

もっとも、常習犯でなければ、この脅しが実行されることは少ないようで、懇々とかつくどくどとお説教され、正規の運賃料金を払う程度ですむようですね。

但し、悪質又は常習とみなされれば、支払う料金は3倍となり、警察と学校又は会社にも連絡が行きます。

この注意が度重なると、学校の場合は、その学校に対して、学割利用禁止や、学生団体割引禁止の通達が出されることもあるそうです。

その場合、学校全体が学割などの適用が出来なくなり、大変な迷惑ですよね。

中学生などの年少者の場合は保護者への通達となり、前項での例のように保護者が意図的に行っている場合は、保護者に対する請求や注意となります。

そういえば、最近の刑務所は詐欺罪や窃盗罪で服役しているものが大多数だそうですよ。

詐欺罪の中には、無賃乗車組も相当数いそうですね。

 

結び

新幹線の料金体系はかなり複雑で例外もあり、よくわからない点もあります。

しかし、たいていの場合、子供料金は大人料金の半額で、その適用は12歳(小学生)までのようですね。

もっともグリーン車はまた別で、子供料金はなく、大人料金となっています。

大人が子供と偽り、子供料金で乗車した場合は、かなり面倒なことになる可能性もあります。

ケースによっては、会社や学校にも連絡がいく場合もあります。

十分心しましょう!