新幹線で旅行中、台風の接近で新幹線が止まってしまう。

 

これは大変困りますね。

 

ビジネス旅行なら、取引先との約束に遅れてしまい、場合によってはそれで商談解消ということもあり得ます。

 

遊び目的でも、予約先のホテルが順延できないなど、折角の予定がパアになってしまいます。

 

いずれにしても、台風での新幹線ストップで良いことは一つもありません。

 

それでは新幹線が止まる基準とは、どのようなものなのでしょうか。

 

又、新幹線の運用状況を知るにはどうしたらよいのでしょうか。

 

今回は、その新幹線が止まる基準や、運用状況を知る方法、それに不幸にも新幹線が止まってしまった場合、なにをして過ごしたらよいのかを、見ていきましょう。

台風で新幹線が止まる基準は?

新幹線が止まる基準は、必ずしも風速や雨量の数値だけではないようですね。

つまり、風速20メートルでも運行する場合や運行する路線もあり、20メートル以下でも停まる時もあり、一概に数値のみで決定するわけではないらしいのです。

とはいえ、一応基準となる数値はあるようですが、それは基準というより目安に近いようなもののようですね。

その基準(目安)は、風速と雨量が主となっています。

JR東日本では、

風速20メートル以上で速度規制(徐行)

風速25メートル以上で運行中止

が基準となっています。

これらの風速は、いずれも『瞬間風速』で、瞬間風速は『平均風速』の1.5倍~3倍以上になるといわれています。

ですから、平均風速15メートル程度であっても、瞬間風速は20~30メートルに達する場合もあり、新幹線は運転中止となることもあります。

天気予報で、台風の強さを表す表現として、『強い』、『非常に強い』、『猛烈な』などがありますが、これは風速によって決まっています。

『強い』 およそ33~44メートル未満のもの

『非常に強い』 44~54メートル未満

『猛烈な』 54メートル以上

というものです。

又、雨量はある意味風速より更に重要で、これはのり面や盛り土の崩落が起こる可能性があるからなのです。

崩落に至らない場合でも、雨で線路が濡れて滑りやすくなり、ブレーキをかけてからの停止距離もかなり延びることもあります。

過去1時間の降雨量の累計が50mm以上

連続降雨量が250mm以上かつ10分間雨量が2mm以上

の時は最高速度を70km/hに制限

となります。

又、

過去1時間の降雨量の累計が60mm以上

連続降雨量が300mm以上かつ10分間雨量が2mm以上

連続降雨量が150mm以上かつ時雨量が40mm以上

ならば運転中止

となります。

これらの雨量は、沿線に複数の専用雨量計を設置し、リアルタイムでJRに送信しています。

但し、これは東海道新幹線の場合で、盛土区間が多いため、雨による運休が起こりやすいと言われています。

雨に強いとされるのは東北、上越、長野新幹線で、これらの路線では盛り土ではなく、コンクリートによる高架橋を使用していますので、雨にも強いのです。

台風で新幹線が止まるのはどこでいつわかる?

台風で新幹線が止まるのかどうかは、乗車前ならインターネットで調べるのが一番手っ取り早いでしょうね。

乗車予定駅に直接電話して聞くのが最も確実ですが、台風接近の時などは大混雑で、電話は中々繋がらないでしょう。

新幹線運行情報のサイト案内

こちらはJR東日本の新幹線運行情報のサイトです。

本家だけに情報も確実かと思われます。

JR東日本 新幹線の運行情報

JR東日本アイステイションズのサイトです。

jikokuhyoとあるので、時刻表の販売元なのでしょうか。

鉄道運行情報

こちらは朝日インタラクティブによる鉄道情報サイトです。

運行情報サイト更新状況 鉄道コム

こちらはYahoo!の路線情報サイトになります。

関東の運行情報 Yahoo!路線情報

あまり喜ばしいことではありませんが、台風などのため到着の大幅な遅れや、旅行の取りやめの場合は、状況により料金の払い戻しがあります。

旅行を取りやめる場合

新幹線が運休したため旅行を取りやめる場合は、運賃と新幹線特急料金の全額が払い戻しになります。

旅行の途中で取りやめる場合は、乗車しない区間の運賃は払い戻しとなり、運休した列車の特急料金などは全額払い戻しになります。

列車が途中で運休した場合

新幹線が目的地までの途中で運転をとりやめた場合は、後続列車に乗車できます。

この場合、運転をとりやめた列車の新幹線特急料金は全額払い戻しとなります。

途中で出発駅に戻る場合

新幹線が運休したために、出発駅へ戻る場合は、帰りの料金は不要です。

そして、運賃と特急料金の全額が払い戻しになります。

新幹線が2時間以上遅延した場合

新幹線が、時間以上遅延して目的地に到着した場合は、新幹線特急料金の全額が払い戻しになります。

但し、払い戻しになるのは特急料金だけで、運賃やグリーン料金は払い戻しにはなりません。

払い戻しの手続き

遅延の場合の払い戻しは、利用者が手続きを行う必要があります。

手続きを行わなければ、払い戻しは受けられません。

手続きは到着駅の精算所で行いますが、そのような場合は混雑していることが多いでしょう。

その場合は後日JRの駅窓口で払い戻すことができます。

但し、『遅延証明の入った特急券』が必要です。

この『遅延証明の入った特急券』は、遅延があった場合は自動改札機で、通常は出て来ない特急券に『遅払い』の文字が印字されて出て来ます。

ただ、これは自由席券の場合は、自動改札機によっては出て来ない時もあるそうですので、有人改札経由の方が無難かも知れませんね。

台風で止まったら新幹線内で何をして過ごす?

さて、新幹線が台風のため止まってしまいました。

いつ復旧するのかもわかりません。

というわけで、台風で止まってしまった新幹線内で何をして過ごしましょうか?

スマホを活用

これはもう定番中の定番ですね。

スマホは現代の玉手箱、いや、アラジンの魔法のランプです。

ちょっとこするだけでありとあらゆるものが出て来ます。

音楽を聴く

まずはこれでしょう。

好きな音楽を聴いていれば、1時間や2時間はあっという間にたってしまいます。

ゲームアプリで遊ぶ

これも鉄板です。

ゲームに夢中になっている間に、いつの間にか新幹線は動きだし、気がついた時には目的地についていましたとさ。

動画や映画を見る

映画は時間潰しには最適でしょう。

健さんやシュワちゃんの活躍に夢中になっている間に、台風も通り過ぎていくことでしょう。

読書

読書は昔から時間潰しの王道です。

どうせなら、電子書籍をダウンロードして読むのも良いかも知れませんね。

パズル

これはゲームの中に入るのかも知れませんが、退屈な時にはありがたいものですね。

自分のスキルを磨く

スキルといっても色々とありますが、止まってしまった新幹線の中で、普段は縁遠い知識の習得に、ネットを渡り歩くのもよいと思いますよ。

仕事、仕事、仕事!

なにも新幹線の中で仕事と言われるかも知れませんが、このような時にこそ、スケジュールの確認や新しい企画の考察など、することは幾らでもあります。

小説や詩を書く

心得のある人なら、こんな時こそ小説など書いてみるのもよいと思います。

普段は頭に浮かばない表現やストーリーも、このような状況の時には、ふっと湧いて出ることもあるかも知れませんよ。

 

結び

急ぎの仕事で出張なのに、台風の接近で新幹線が止まってしまいました。

いくらやきもきしても、相手はお天気、どうにもなりません。

台風で新幹線が止まる基準は、JRなどで一応目安になるものがありますが、それも状況や路線によってかなり変動します。

新幹線の最新の運行状況は、前項で書いたサイトにアクセスすれば、もしかしたら止まるかもしれないという、一つの判断材料になるでしょう。

不幸にして新幹線が止まってしまった場合は、スマホの活用や普段あまりやる機会のないものにチャレンジして見るのもよいかも知れませんね。