この所暑い日が続き、新緑の戸外で涼風に吹かれたくなりますね。

 

戸外での食事となりますと、やはりバーベキューを外すわけにはいきません。

 

庭でも渓流の河原でも、海辺の砂浜でも、バーベキューを楽しむ人たちが目につきます。

 

そんなバーベキューにお呼ばれしたら、なにか手土産をと考える人は多いでしょう。

 

いくら「食べるものはみなこっちで用意するから、身体だけでおいでよ」と言われていても、どうしても手土産はなににしようかと悩んでしまいますよね。

 

そこで今回は、バーベキューの手土産で喜ばれるものは何がいいのかを、大人数の場合も含めて見てみました。

バーベキューの手土産で喜ばれるものは?

バーベキューの手土産で喜ばれるものは?・・・

と、考え始めますと、あれこれと悩んでしまい、中々考えが纏まりませんよね。

個人的な友人同士の内輪な集まりと、会社などの大人数の集まりなど、バーベキューパーティの内容によっても、手土産は変わってくるでしょう。

しかも、個人の好みという難しい問題もあります。

バーベキューでは、食べ物は肉類と野菜類がメインです。

しかも、味はバーベキューソースなどの濃厚で、こってりした味付けが主です。

というわけで、まず常識的に考えてもNGなものを挙げてみましょう。

  • メインと同系統の肉類
  • 濃厚でこってりした味のもの
  • 切り分けたりしなければならないもの
  • 暑さで溶けやすいもの(但し、クーラーボックス持参なら別)
  • 他の人が持参しそうなもの

メインのバーベキューと同系のものは、避けた方が無難です。

 

メインコースにたっぷりあるものを、わざわざ持参しても意味がありませんよね。

 

丸ごとの果物など、その場で切り分けたりしなければならないものも、避けるべきでしょう。

 

アイスやチョコレートはバーベキューの合間に食べるとおいしいのですが、溶けるという難点があります。

 

もちろん、保冷剤入りのクーラーボックス持参なら、問題はありません。

 

他の人とかぶりそうなものも、極力避けた方がよいのですが、さて、他人が何を持って来るかは、当人以外にはわかりっこありません。

というわけで、よさげなものをいくつか挙げてみましたが、他の人とかぶる可能性は捨てきれません。

  • せんべいなどの軽いおつまみ
  • カマボコなどシーフード系のあっさりおつまみ
  • フルーツ・アイス・シャーベット・ジュース類
  • きゅうりやみかんなどの生野菜や果物
  • ゼリーや寒天など

せんべい

せんべいの甘辛味は、バーベキューソースの甘辛とは違い、くせがありません。

しかも、歯ごたえも爽やかで、肉類の合間には良くあうのです。

なので、バーベキューの合間にバリボリとかじるにはもってこいです。

こちらは長岡京のお煎餅専門店の品で、独特の甘醤油でシンプルなのに、コクのある味に仕上がっています。

ささかま

かまぼこはタラなどの白身の魚の錬り製品です。

脂肪が少なく蛋白質は多く、健康食品の代表格ですね。

かまぼこの『しっとりサクッ』の歯応えは『足』と呼ばれ、かまぼこの命です。

そのカマボコを小さな板状にしたのが、今回ご紹介する『ささかま(笹かまぼこ)』です。

一枚ずつ個別包装になっていますので、食べやすいですね。

プレーン・カニ・シソ・わさび・サラミ・牛タンなど、一袋で色々な味が楽しめます。

シャーベット

これもBBQの合間には好適です。

アイスクリームよりさっぱりした味で、口当たりも軽く、バーベキューの合間にはよく合います。

苺の中心部を1粒ずつ丁寧にくりぬいて、その中に『練乳アイス』をたっぷりと詰め込むという、手間暇かけた製品です。

ところてん

ところてんは、それ自体は『ゼロカロリー』のローカロリー健康食品です。

ところてんは、テングサやオゴノリなどの紅藻類をゆでて溶かし、発生した寒天質を冷まして固めた食品です。

ところてんには、酢醤油などのさっぱり系のドレッシングがあいます。

こちらは伊豆の海女による手摘み天草を100%使用した、安心安全の国産ところてんです。

マシュマロ

ダージリンティー入りのマシュマロです。

これ単独でも十分おいしいのですが、バーベキューの場合にはこんな食べ方もあります。

スモアというもので、マシュマロを串に刺して焼き、そのマシュマロと小さく割ったチョコレートをビスケットに挟んだものです。

これはバーベキューの余興としても、喜ばれそうですね。

 

バーベキューの手土産で大人数の時喜ばれるものは?

バーベキューの手土産で大人数の時喜ばれるものは、基本的には通常の場合と同じですが、人数が多くなると予算の点で制限がありますね。

漬けもの

おにぎりと一緒に〆にはこれ!

さっぱりした食感で、濃厚なバーベキューの後味も爽やかです。

こちらは九州のキュウリ、ゴボウ、柴漬けなどの4点セットです・

冷凍みかん

バーベキューの合間には、『むかん』をどうぞ!

誤字ではありません。

これは、みかんではなく『むかん』なのです。

つまり皮がないので、むかんでもよくそのまま食べられます。

国産みかん使用なので安心です!

ただ、冷凍物は戸外では1~2時間放置すれば食べ頃になりますので、遠出の場合などには保冷剤入りのクーラーボックスなど必要になります。

フルーツゼリー

フルーツゼリーもバーベキューには合いますね。

デザートしてもよさそうです。

5種類のフルーツを使った、金沢発のフルーツゼリー20個の詰め合わせです。

ピーナッツ

ピーナッツは高カロリーで太りやすいと言われていますが、必ずしもそうともいえないのです。

ピーナッツの半分は脂肪ですが、動物性脂肪ではなく大半は植物性の脂肪です。

その植物性脂肪には、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げるオレイン酸・リノール酸などが含まれています。

なので、高カロリー、高脂肪のバーベキューの合間にピーナッツをかじるというのは、理にかなっていますね。

こちらは無添加無塩のピーナッツです。

虫除けグッズ

バーベキューの場合には、電気が使えない場合が多いという制限がありますので、選択は限られて来ますね。

こちらは薬品ではなく、虫を寄せない効果を発揮するオレンジ色のカラーホヤです。

この中にランプなどを入れるわけですね。

材質は耐熱ガラスで出来ています。

 

結び

そろそろ戸外でのバーベキューのシーズンですね。

そのバーベキューパーティにお呼ばれしたときには、手土産をなににしたらよいか、悩む人も多いことでしょう。

せっかくのお呼ばれなのですから、皆さんが喜ぶものを選びたいですよね。

今回は、そのバーベキューの手土産を、通常のパーティーと大人数の場合と、それぞれ紹介いたしました。