暑い日が続くと、思わず体がうずいてきて、したくなるのがバーベキュー

 

みなさんの住んでいる地域では一般的に行われていますか?

 

私の住んでいる岐阜県は、なんとバーベキューを1番行う県なんです!

 

大阪の人が一家に一台たこ焼き器を持っているのと同じで、多くの家にバーベキューコンロがあります。

 

とりあえず夏になると「バーベキューの季節だ!」と近くにある、長良川や木曽川で、多くの人たちがコンロを囲み、わいわいしているのです。

 

海がありませんから、みんな川に集まるんですが、川は大きな石が多く、バーベキューに適しているので、栄えたといってもいいでしょう。

 

さて、岐阜県民の多くは、バーベキューコンロを持っていますが、正直持って運ぶの面倒です。

 

出来ることなら手ぶらで行きたいぐらいなんですが、そうはいかないですし、誰かがコンロを持ってくる、となるとその人に大きな負担が。

 

そういう時は、「一斗缶」を代用することもあるんですよ♪

 

バーベキューで一斗缶をコンロ代わりに使うなんて聞いたことありましたか?

 

一斗缶でのバーベキューも、たのしいんです!

バーベキューのコンロを自作で作る時の必要な材料は?

出典元:https://www.irasutoya.com/

 

まず必要なものはこちらです。

安価で買えるものが多いですし、

自宅にある工具を用いて作ることが出来ます♪

 

一斗缶

10Lサイズのものであれば、2・3人で楽しめます。

 

ニッパー

穴を広げたり、一斗缶を切るときに使います。

 

ペンチ

穴を広げたり、一斗缶を切るときに使います。

 

缶切り

これがあると便利ですが、最悪なくてもいいです。

 

金づち

一斗缶に穴をあけるときに使います。

 

これがないと、お肉が焼けません。

 

 

軍手

一斗缶を切る作業のとき、断面がギザギザして怪我しやすいので、はめましょう。

 

 

自作で作る手順を紹介!

出典元:https://minkara.carview.co.jp/userid/1732108/car/1285450/3578710/photo.aspx

↑この写真が10L缶です。

 

まずは、一斗缶の向きですが、縦型で作ると網の面積が狭くなる、というデメリットはありますが、炭と網の距離がほどよいので、こげにくいです。

 

横向き(倒した状態)ですと、面積は広い分、距離が近くて肉が焦げやすいので回転が速くなります。

 

これはバーベキューをする人数に合わせて、決めて下さい。

①まずは一斗缶の向きを決めたら、炭を入れる穴を切り取りましょう。

この時は、釘と金づちを使って穴をあけた後、ニッパーとペンチで開けましょう。

あまり入口が狭くなってしまうと、炭の出し入れがしにくかったり、手を怪我したりするので気をつけてください。

このとき、断面がギザギザなので、怪我をしやすいです。

ニッパーを使って、断面を内側に折るようにしてください。

 

 

②そのあと、網を載せる部分の側面を切る必要がありますので、ニッパーとペンチを使って4側面のうち1つを切り取りましょう。

また、角度がまっすぐでないと、網が傾き、ソーセージなどが転がっていくので気をつけてくださいね。

※①と②の作業が反対になってしまうと、1側面がない状態で穴を開けづらくなります。

怪我をしやすくなるので、順番はきちんと守りましょう。

 

③横向きの一斗缶の場合は、缶の上下になる部分、縦向きの場合は側面になる部分に、穴をあけます。

この時地面に近いところに穴を多くしてください。

これは炭が燃えやすくなるように空気をいれるための穴なので、小さくても広範囲に穴をあけるようにしましょう。

穴を広げるときはペンチを穴に突っ込んで、広げるとやりやすいです◎

④次は炭を置く網を設置します。

この時、大きな石で安定感があるものでもいいですし、ビスをねじ込んで、つっかけてもいいです。

 

⑤最後に網を置き、炭を着火させれば、バーベキューの開始です!

 

まとめ

一斗缶は、耐久性がないので、1回使ったらそれっきりになりますが、その分お値段もお値打ちですし、簡単です!

岐阜県民は、一斗缶も使わず、レンガや石とを組みわせたところに網をのせて、バーベキューすることもあります♪

一度試してみて下さいね!