みなさん、「これは生理的に受け付けない」
なんていう動物はいますか?

 

多くの人がゴキブリなんかは
見るのも嫌ですし、姿を見たら鳥肌がたちますよね。

 

私の家族は「ヘビ」が大嫌いです。

 

姿を見るのが嫌というのは普通ですが、
「ヘビ」という言葉だけでも
「嫌!」と絶叫し、
手でヘビのような動きをするのも嫌がります。

ちなみにトカゲのしっぽや舌も同じように嫌いだと言います。

 

ヘビに限らず、爬虫類が嫌いな人って結構いるのではないでしょうか。

 

そうやって人に嫌われることもあるヘビって、
野生ではとても強そうなイメージがありますよね。

 

特にアマゾンに生息し、とっても大きな

アナコンダ」や、毒蛇として知られている

コブラ「マムシ」「ハブ」など、

会ってしまったら動ける自信がないです。

でも、実はヘビも天敵がたくさんいるって知っていましたか?

蛇の天敵はたくさんいる!

出典元:https://www.irasutoya.com/

 

強いと思われいがちなヘビですが、
実は手や足がないぶん、
動きに制限があり、
食べられてしまうことも多々あります。

一般的な敵:猫

え、猫がヘビの敵!?なんて思う方もいるでしょうが、

大きなヘビは食べられにくいものの、

小さなヘビであれば、猫が1番の敵です。

 

日本でも野良猫の数は多いですから

遭遇する確率が高いでしょう。

 

猫は動くものに反応してしまいますので、

近くにいるヘビが逃げようもんなら、

一目散に追いかけていきます。

 

俊敏さも、動体視力も

猫のほうが十分上手です。

 

猫を飼っている人の声を聞いても

猫がヘビ加えて持って帰ってきた

(獲物をとったのを褒めてもらいたいので、持って帰ってくる)」

という声も聞きます。

 

食べたいから殺すわけではなく、

遊びたいだけなんですけどね。

 

ヘビにとってみれば、

たまったもんじゃないです。

 

猫科の最大:ジャガー

猫が小さなヘビに勝てるのであれば、

猫が大きくなれば大きなヘビにも勝てます。

 

動きが俊敏なジャガーは、力も強く、

アマゾンにいる大きなアナコンダにも

果敢に飛びかかり、倒してみせます。

 

こうしてみると、ジャガーの動きは、やはり猫ですね。

 

上空から発見する:カラス・猛禽類

ヘビを上空から見つけることのできる

猛禽類も天敵です。

 

特に、日本ではカラスの数が多いので

1番の敵になるでしょうか。

 

ヘビ同様、手はありませんが、

その強烈なくちばしで、

ヘビをつついて攻撃すれば、

小さなヘビの体はすぐに突き抜けてしまいます。

 

ゴミ袋を突き破っちゃうぐらいですしね・・・。

猫とは違い、遊ぶためではなく、

食べるための戦いですので、

人間には分からない緊張感があるんでしょうね。

 

毒のあるヘビを食べても大丈夫なのか?

と思いますが、

なんとヘビを食べる動物には、毒への抗体を持っているものが多く

食べても大丈夫だそうです。

 

カラスにしてみれば、意外と肉厚で美味しいんでしょうか。

 

また、カラスだけでなく、

トンビや鷲などの猛禽類も、

蛇をとって食べますので、

天敵です。

カラスより、パワーも獰猛さもありますので、ひとたまりもありません。

 

 

自然界の策士:イタチ

沖縄では「ハブVSマングース」という戦いが

見物のように、マングースに近いイタチも

ヘビの天敵です。

 

イタチと聞くと、鳥小屋に侵入して鳥を食べたり、

猫とケンカしたりという話を聞かれます。

 

ヘビも同様、小さな鳥のひなを狙う

ということもあり

どちらも同じ獲物を狙う敵同士でもあります。

 

下記のイタチとヘビの戦いを見てみると、

逃げようとするヘビのしっぽを

引きずるイタチの様子が見られます。

 

何度も何度も引っ張られたことによって、

だんだんと体力を無くした

ヘビの頭を狙う様子が見てとれますね。

 

ヘビの1番の弱点は、頭ですので、

イタチは自然界で生きるうちに、

そういったことを学習しているのでしょうか。

しっかり頭を狙っています。

 

意外な敵:カエル

ヘビに睨まれたカエル」という言葉がありますが

実際はそんなことありません。

 

小さなアマガエルなどは

ヘビを目の前にすると縮こまって

しまうこともあるかもしれませんが

ウシガエルともなると

逆にヘビを食べてしまいます。

 

ウシガエルにとってみれば、ヘビは、貴重な食料。

特に水辺へきてしまえば、

カエルのほうが上手ですので

水のなかを逃げようとするヘビを簡単に捕まえます。

 

 

まとめ

こうやって見てみると、「蛇なんてちょろい」って思ってしまいそうですよね。

実際は他の動物のように、果敢に立ち向かっていくことができませんね。

蛇と比べれば、手も足もついていて、なおかつ大きいのに、なぜかあのにょろにょろとした動きを前にすると、まさに蛇に睨まれたカエル状態になってしまいます。

上記の動物以外にも、日本では見られないですが、アマゾンなどにいる毒蜘蛛や、サソリも、天敵になります。

以前、山の上の神社にお参りに行った時に、木の上から蛇が落ちてきたことがありました。

落ちた場所は私から30センチほどの距離。

絶叫して、山を一目散に下ったのは言うまでもありません。